1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 海外ニュース>
  4. ナイジェリア人の看護師は自国よりもEU圏内のほうが多い事実

2017年09月30日

ナイジェリア人の看護師は自国よりもEU圏内のほうが多い事実

ナイジェリアは、世界中からさまざまな支援を受けていますが、特に医療保険関係への支援は喫緊を要します。しかし、世界中からの支援がなければ自国民に十分な医療を提供することができない状況であるにもかかわらず、ナイジェリア人の看護師は国内よりもEU(欧州連合)圏内で働いている人の数が多いという衝撃的な状況が、調査により明らかになりました。

 

 

なぜそのような状況になったか?

EU圏内におけるナイジェリアと西アフリカ諸国経済共同体(Economic Community of West African States;ECOWAS)の代表であるミシェル・アリオン氏は、現在臨床で活躍するナイジェリア人の看護師数の動向についての調査結果を公表しました。

 

調査の中では具体的な総数については言及していませんが、アリオン氏は「ナイジェリア人の看護師は、国内(ナイジェリア)で活躍している数よりも、EU国内で勤務している数のほうが多い現状が判明した」と伝えています。世界各国さまざまな奉仕団体などから多くの支援を必要としているナイジェリアにおいて、なぜ自国の医療を支え、将来の医療発展のために活躍する看護師の数が少ないのでしょうか?

 

アリオン氏は、ナイジェリア人の看護師が流出する要因の一つについて「ナイジェリア人の看護師たちは、看護技術などを学ぶためにEUへ向かいます。勉学が目的であるため、問題がなければ滞在ビザの発行もスムーズに受けることができます。これは、彼らにとって好条件ですが、EU圏内で看護師の資格を取得したナイジェリア人看護師たちは、滞在ビザがあることから、自国へ戻らずにそのままEU圏内の病院に勤務し続けてしまうのです」と説明しています。

 

アリオン氏は、彼女たちがEU圏内に留まってしまう具体的なほかの理由については言及していませんが、EU圏内の国が生活者、看護師として自国よりも過ごしやすい環境であることは容易に想像できます。

 

本国が危惧する頭脳流出

ナイジェリア人の看護師たちが、看護教育の終了後EU圏内に留まってしまうことについて、アリオン氏は「EU圏内で働き、ナイジェリアに送金するのであれば、祖国を支えることにつながり、何も問題はありません。しかし、そうは上手くいかないのが現状なのです」「EU圏内で質の高い教育を受けたナイジェリア人の看護師たちは、本来であるならば帰国して自国の医療の発展のために努めるべきなのです」と訴えます。このような頭脳流出の状態を何とかしてくい止めたいと語るアリオン氏ですが、国家をあげた具体的な対策はまだありません。

 

冒頭でも伝えた通り、現在ナイジェリアでは、世界各国の政府やさまざまな奉仕団体がいろいろなかたちで支援を行っています。その状況のもと、ナイジェリアの有能な人材が自国の発展に貢献しないことは非常に残念に感じられます。ナイジェリア政府には、世界からの支援を受けながら、ぜひ有能な看護師を呼び戻せるような、看護師にとって魅力的となる労働環境、安全で快適な生活環境を整えていただきたいものです。

 

(文):A.Brunner

(参考):There are more Nigerian Nurses in Europe than in Nigeria – EU(DAILY POST)

この連載

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(1)

1匿名2017年09月30日 16時16分

帰国するのに魅力的な条件がないと、志だけではやっていけないと思う。EUで学んだことを自国に取り入れられる具体的な体制があればいいね。

関連記事

いちおし記事

便秘タイプ別・上手な下剤の使い方|排便ケアを極める(3)

「下剤の投与」の方法を紹介!わかりやすいフローチャートや薬の一覧も。 [ 記事を読む ]

マスクが1日1枚…!!感染リスクを下げるにはどうすれば?

マスクの使用制限がある中で、看護師のみなさんが不安に思っていることを感染症専門医が解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

「看護観」って実際ある?ない?

投票数:
1345
実施期間:
2020年03月10日 2020年03月31日

小さい頃の将来の夢はなんだった?

投票数:
1299
実施期間:
2020年03月13日 2020年04月03日

「新人だった頃の私」に言いたいことは?

投票数:
1118
実施期間:
2020年03月17日 2020年04月07日

実習中の看護技術、どれに苦労した?

投票数:
2510
実施期間:
2020年03月20日 2020年04月10日

1日がかりの院外セミナー。ランチは何がベスト?

投票数:
943
実施期間:
2020年03月24日 2020年04月14日

【エイプリルフール】人生最大級の「嘘」おしえて!

投票数:
763
実施期間:
2020年03月27日 2020年04月17日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4983

◆小児整形外科の問題◆先天性股関節脱臼など、発育性股関節形成不全の小児に見られる「仰臥位で足の位置をそろえて膝・股関節を屈曲させたときに、左右の膝の高さが違う」状態を何というでしょうか?

  • 1.ピーター・ラビット徴候
  • 2.アリス徴候
  • 3.ティンカー・ベル徴候
  • 4.オラフ徴候
今日のクイズに挑戦!