1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 第107回(2018年)看護師国家試験出題基準変更点>
  4. 「輸液・輸血管理」が追加!基礎看護学の変更点を解説|107回看護師国家試験出題基準

2017年09月14日

「輸液・輸血管理」が追加!基礎看護学の変更点を解説|107回看護師国家試験出題基準

【第107回国試の解答速報をLINEで配信!必要なのは友だち登録のみ。】

 

今年、看護師国家試験の出題基準改定が、4年ぶりに行われました。この基準は第107回(2018年)の看護師国家試験から適用されます。

前回の「健康支援と社会保障制度」に続き、今回は「基礎看護学」の項目についてお伝えします。

 

変更点まとめ

一般・状況設定問題編(3)

 

「基礎看護学」では、「輸液・輸血管理」「保健・医療・福祉における連携」などの項目が追加されました。

おもな変更点を順番に確認していきましょう(詳細は原典〈PDF〉をご覧ください)。

 

 

 

〈1〉看護の基本となる概念

看護師国家試験 基礎看護学〈1〉看護の基本となる概念 出題基準変更点の図表

基礎看護学のなかでも基本となる概念です。

「QOL」が「QOLの維持と向上」に変更され、生活の質について問われる内容がより具体的になりました。

 

 

〈2〉看護の展開

看護師国家試験 基礎看護学〈2〉看護の展開 出題基準変更点の図表

「援助関係」「看護職間の連携と協働」が追加されました。

ひとくちに看護職といっても、病棟看護師、訪問看護師、退院調整看護師など、さまざまな業態があります。

多職種とのチーム活動と同様に、看護師同士の連携も必要となります。

 

 

 

〈3〉看護における基本技術

看護師国家試験 基礎看護学〈3〉看護における基本技術 出題基準変更点の図表

「看護情報管理」に関する3項目が追加されました。

また、「フィジカルアセスメント」に「医療面接(インタビュー、問診)」「全身の診察(全身の観察、バイタルサイン)」が追加されました。

 

 

〈4〉基本的日常生活援助技術

看護師国家試験 基礎看護学〈4〉基本的日常生活援助技術 出題基準変更点の図表

浣腸、摘便は「自然な排泄が困難な人への援助」に、体位変換、床上運動、歩行、車椅子、ストレッチャーは「活動と運動を促す援助」にまとめられました。

具体的な援助技術が見えにくくなってしまいましたが、問われる内容は変わらないと思われます。

 

 

〈5〉診療に伴う看護技術

看護師国家試験 基礎看護学〈5〉診療に伴う看護技術 出題基準変更点の図表

「輸液・輸血管理」についての項目が追加されました。

取り扱いや管理方法だけでなく、副作用(有害事象)も学んでおきましょう。

また、輸液の計算問題は国試でも頻出です。

計算式を暗記すれば解ける問題ですので覚えてしまいましょう。

 

「生体検査」は、エックス線撮影、超音波、CTなど、臨床で行われている検査名が具体的に挙げられています。

近年の国試では、検査結果が視覚素材問題として出題されることもあるので要チェックです。

 

 

〈6〉看護の役割と機能

看護師国家試験 基礎看護学〈6〉看護の役割と機能 出題基準変更点の図表

「退院調整」は、「保健・医療・福祉の連携を支える仕組み」に変更されました。

保健・医療・福祉という三位一体での連携、そして地域における継続した看護をみすえていることがわかります。

 

 

***

次回は「成人看護学」についてお伝えします。

【看護roo!編集部】

 

(参考)

「保健師助産師看護師国家試験出題基準平成 30 年版」の改定概要について(厚生労働省)

看護師国家試験出題基準(平成26年版、厚生労働省)

看護師国家試験出題基準(平成30年版、厚生労働省)

この連載

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(0)

関連記事

いちおし記事

産婦人科(産科・婦人科)看護師のお仕事とは?

産科にも看護師ならではのやりがいがたくさん!現場のリアルな声をご紹介します。 [ 記事を読む ]

閉鎖式気管吸引と開放式気管吸引、違いは何?

ポイントは、「吸引時に待機に開放するかどうか」です。 [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

人生の最期に食べたいものは?

投票数:
821
実施期間:
2018年01月02日 2018年01月23日

これは面白いと思う、医療がテーマの小説は?

投票数:
904
実施期間:
2018年01月05日 2018年01月26日

経口で摂取する栄養剤、食べた(or飲んだ)ことある?

投票数:
708
実施期間:
2018年01月09日 2018年01月30日

鎮痛薬・胃腸薬、常備してる?

投票数:
675
実施期間:
2018年01月12日 2018年02月02日

後輩にオススメしたい看護がテーマの書籍は?

投票数:
485
実施期間:
2018年01月16日 2018年02月06日

カーディガンの色、どれが好き?

投票数:
422
実施期間:
2018年01月19日 2018年02月09日

看護師へのタスク・シフティング、「もうやってるよ!」な業務は?

投票数:
863
実施期間:
2018年01月19日 2018年02月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者5431

92歳の男性患者Aさんは誤嚥性肺炎で入院中です。全身の掻痒感が強く、ステロイド入り軟膏が処方されました。その後、Aさんの手掌は肥厚し、白く乾燥が強くなったため、疥癬を疑い、皮膚の顕微鏡検査にて角化型疥癬と診断されました。胸部には、掻痒感が強かったことによる掻き傷が数カ所に見受けられ、疥癬トンネルも確認されました。この後看護師が行う対応で、最も適切なものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.同室患者さんの皮膚状態を観察し、同室者全員への疥癬治療を検討する。
  • 2.Aさんの隔離は、皮膚症状が改善した時点で解除する。
  • 3.病室の清掃は落屑が飛び散らないよう、掃除機のみで行う。
  • 4. Aさんを隔離する場合、隔離後の寝具交換は、隔離前と同じタイミングで良い。
今日のクイズに挑戦!