1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 第107回(2018年)看護師国家試験出題基準変更点>
  4. 「輸液・輸血管理」が追加!基礎看護学の変更点を解説|107回看護師国家試験出題基準

2017年09月14日

「輸液・輸血管理」が追加!基礎看護学の変更点を解説|107回看護師国家試験出題基準

今年、看護師国家試験の出題基準改定が、4年ぶりに行われました。この基準は第107回(2018年)の看護師国家試験から適用されます。

前回の「健康支援と社会保障制度」に続き、今回は「基礎看護学」の項目についてお伝えします。

 

変更点まとめ

一般・状況設定問題編(3)

 

「基礎看護学」では、「輸液・輸血管理」「保健・医療・福祉における連携」などの項目が追加されました。

おもな変更点を順番に確認していきましょう(詳細は原典〈PDF〉をご覧ください)。

 

 

 

〈1〉看護の基本となる概念

看護師国家試験 基礎看護学〈1〉看護の基本となる概念 出題基準変更点の図表

基礎看護学のなかでも基本となる概念です。

「QOL」が「QOLの維持と向上」に変更され、生活の質について問われる内容がより具体的になりました。

 

 

〈2〉看護の展開

看護師国家試験 基礎看護学〈2〉看護の展開 出題基準変更点の図表

「援助関係」「看護職間の連携と協働」が追加されました。

ひとくちに看護職といっても、病棟看護師、訪問看護師、退院調整看護師など、さまざまな業態があります。

多職種とのチーム活動と同様に、看護師同士の連携も必要となります。

 

 

 

〈3〉看護における基本技術

看護師国家試験 基礎看護学〈3〉看護における基本技術 出題基準変更点の図表

「看護情報管理」に関する3項目が追加されました。

また、「フィジカルアセスメント」に「医療面接(インタビュー、問診)」「全身の診察(全身の観察、バイタルサイン)」が追加されました。

 

 

〈4〉基本的日常生活援助技術

看護師国家試験 基礎看護学〈4〉基本的日常生活援助技術 出題基準変更点の図表

浣腸、摘便は「自然な排泄が困難な人への援助」に、体位変換、床上運動、歩行、車椅子、ストレッチャーは「活動と運動を促す援助」にまとめられました。

具体的な援助技術が見えにくくなってしまいましたが、問われる内容は変わらないと思われます。

 

 

〈5〉診療に伴う看護技術

看護師国家試験 基礎看護学〈5〉診療に伴う看護技術 出題基準変更点の図表

「輸液・輸血管理」についての項目が追加されました。

取り扱いや管理方法だけでなく、副作用(有害事象)も学んでおきましょう。

また、輸液の計算問題は国試でも頻出です。

計算式を暗記すれば解ける問題ですので覚えてしまいましょう。

 

「生体検査」は、エックス線撮影、超音波、CTなど、臨床で行われている検査名が具体的に挙げられています。

近年の国試では、検査結果が視覚素材問題として出題されることもあるので要チェックです。

 

 

〈6〉看護の役割と機能

看護師国家試験 基礎看護学〈6〉看護の役割と機能 出題基準変更点の図表

「退院調整」は、「保健・医療・福祉の連携を支える仕組み」に変更されました。

保健・医療・福祉という三位一体での連携、そして地域における継続した看護をみすえていることがわかります。

 

 

***

次回は「成人看護学」についてお伝えします。

【看護roo!編集部】

 

(参考)

「保健師助産師看護師国家試験出題基準平成 30 年版」の改定概要について(厚生労働省)

看護師国家試験出題基準(平成26年版、厚生労働省)

看護師国家試験出題基準(平成30年版、厚生労働省)

この連載

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(0)

関連記事

いちおし記事

「ぼくねぇ、もうすぐ死ぬんだ…」にどう答える?

マンガ『おうちで死にたい~訪問看護の現場から~』の続編です。 [ 記事を読む ]

喀血と吐血、違いをきちんと理解できてる?

「吐血」は上部消化管からの出血、では、「喀血」はどこからの出血でしょうか?吐血と喀血の違いのほか、下血の観察ポイントも解説します。 [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

上司に怒りを感じるのはどんなとき?

投票数:
1561
実施期間:
2017年10月31日 2017年11月21日

なかなか寝られないとき、どうしてる?

投票数:
627
実施期間:
2017年11月03日 2017年11月24日

看護師国家試験、苦手科目は?

投票数:
796
実施期間:
2017年11月07日 2017年11月28日

一番好きな医療ドラマはどれ?

投票数:
570
実施期間:
2017年11月10日 2017年12月01日

J-アラート作動(弾道ミサイル発射)!どうする?

投票数:
443
実施期間:
2017年11月14日 2017年12月05日

「こんなドクターいたらいいな…」一緒に働いてみたい俳優は?

投票数:
668
実施期間:
2017年11月17日 2017年12月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3276

92歳女性のAさんは、在宅療養中で、ADLは全介助です。亀背が見られ、高機能エアマットを使用しています。胃瘻造設から3年経過し、1週間前に定時の胃瘻交換を実施しました。ご家族から「胃瘻から液が漏れる。どうしたら良いか」と電話があり、経管栄養の中止を指示した後、訪問すると、胃瘻周囲の皮膚が赤くただれていました。Aさんは元々、痩せ気味で、最近るい痩が著明です。触診で腹部膨満はありましたが、「吐き気や痛みはない」といいます。聴診器で腸の動きを確認すると、グル音は良好に聴取できました。体温は37.8℃。排泄は2日前にありましたが、元々便秘気味とのこと。以下の中で、Aさんに起こっていることで、最も考えられることはどれでしょうか?

  • 1.腸閉塞を起こしている。
  • 2.チューブ内の閉塞が起こっていて、経管栄養が入っていかなくなっている。
  • 3.腹膜炎を起こしている。
  • 4.チューブのサイズが適応していない。
今日のクイズに挑戦!