1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 海外ニュース>
  4. イラク難民からオーストラリアで看護師の道へ

2017年09月12日

イラク難民からオーストラリアで看護師の道へ

安全で穏やかに暮らせて、みんなと勉強ができる…。そんな当たり前の生活ができなかった少女が、異国の地で看護師の道を選択しました。生活習慣も言語も違う異国の地で、新たな生活を送った少女。念願の看護大学卒業前に彼女が思うことは何でしょうか?

 

 

英語が全く話せなかった

マハ・カミルさんは、6年半前に家族とともにイラク難民として、オーストラリアへ移住してきました。十分な教育を受けられなかった彼女は、当初英語の単語が1つもわからなかったそうです。しかし、オーストラリアで高校生活を1年間終えてみて、彼女は大学へ行きたいと思うようになりました。

 

オープンキャンパスで開かれた道

高校1年生の時、進路相談を勧められ、カミルさんは志願者を対象に行われる大学進学説明会(オープンキャンパス)に参加することにしました。彼女は当時、大学がどんなものか、どのようなことが待ち受けているのか、学位とは何なのかということさえも、全くわからなかったといいます。しかし、オープンキャンパスで訪れた大学やその周辺の環境を見て、キャンパスライフに憧れるようになりました。2年連続でオープンキャンパスに参加。さまざまな質問を用意し、どの学部でどの分野を専攻するかを相談しました。そして、彼女は自分を生かせる仕事がしたいと考え、看護師という道を決めたそうです。

 

困難を乗り越えて、いよいよ卒業

言葉の壁や慣れない環境と、高校とは違った大学での勉強など多くの障害はありましたが、友人や大学のサポートを受けて、カミルさんは間もなく卒業を迎えようとしています。フルタイムでの勉強、その合間をぬってのアルバイト。多くのことを同時にこなしてきた彼女は、自分が初めて大学を訪れた時のことを振り返って、こう言います。「自分が設定した目標に制限なんてありません。私がここまでたどり着けたことを誇りに思っています。この大学を卒業できたら、私が出た高校へ行き、『あなたたちにもできる』と伝えたい」

カミルさんは奨学金の特待生にも選ばれています。移住当初、英語も話せず、大学生活さえも想像がつかなかったカミルさんがここまでやってこれたのは、オープンキャンパスで抱いた憧れからの強い意志、周囲のサポート、そして彼女の努力の賜物といえるでしょう。

 

(文):Rio, S. 

(参考):・Refugee to nurse: student's incredible journey from Iraq to Sydney(THE UNIVERSITY OF SYDNEY)

この連載

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(0)

関連記事

いちおし記事

「ぼくねぇ、もうすぐ死ぬんだ…」にどう答える?

マンガ『おうちで死にたい~訪問看護の現場から~』の続編です。 [ 記事を読む ]

喀血と吐血、違いをきちんと理解できてる?

「吐血」は上部消化管からの出血、では、「喀血」はどこからの出血でしょうか?吐血と喀血の違いのほか、下血の観察ポイントも解説します。 [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

上司に怒りを感じるのはどんなとき?

投票数:
1561
実施期間:
2017年10月31日 2017年11月21日

なかなか寝られないとき、どうしてる?

投票数:
627
実施期間:
2017年11月03日 2017年11月24日

看護師国家試験、苦手科目は?

投票数:
796
実施期間:
2017年11月07日 2017年11月28日

一番好きな医療ドラマはどれ?

投票数:
570
実施期間:
2017年11月10日 2017年12月01日

J-アラート作動(弾道ミサイル発射)!どうする?

投票数:
443
実施期間:
2017年11月14日 2017年12月05日

「こんなドクターいたらいいな…」一緒に働いてみたい俳優は?

投票数:
668
実施期間:
2017年11月17日 2017年12月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3274

92歳女性のAさんは、在宅療養中で、ADLは全介助です。亀背が見られ、高機能エアマットを使用しています。胃瘻造設から3年経過し、1週間前に定時の胃瘻交換を実施しました。ご家族から「胃瘻から液が漏れる。どうしたら良いか」と電話があり、経管栄養の中止を指示した後、訪問すると、胃瘻周囲の皮膚が赤くただれていました。Aさんは元々、痩せ気味で、最近るい痩が著明です。触診で腹部膨満はありましたが、「吐き気や痛みはない」といいます。聴診器で腸の動きを確認すると、グル音は良好に聴取できました。体温は37.8℃。排泄は2日前にありましたが、元々便秘気味とのこと。以下の中で、Aさんに起こっていることで、最も考えられることはどれでしょうか?

  • 1.腸閉塞を起こしている。
  • 2.チューブ内の閉塞が起こっていて、経管栄養が入っていかなくなっている。
  • 3.腹膜炎を起こしている。
  • 4.チューブのサイズが適応していない。
今日のクイズに挑戦!