1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 海外ニュース>
  4. 3人のDNAを持つ赤ちゃんが世界で初めて誕生

2017年09月09日

3人のDNAを持つ赤ちゃんが世界で初めて誕生

世界中で大きな驚きと話題を呼んだ「3人のDNA」を持つ赤ちゃん誕生のニュースをBBCの2016年9月の報道内容からご紹介します。

 

 

3人のDNAとは?

一般的に子どもは両親からのDNAを受け継ぎます。しかし、今回報道された赤ちゃんのDNAは3人分あるといいます。これはいったいどういうことなのでしょうか?


この赤ちゃんの母親のDNAには、遺伝性の先天性代謝異常であるミトコンドリア病のひとつ、リー脳症(Leigh症候群)の因子が存在することが明らかでした。これまでも、この母親は、2人の子(8か月、1歳6か月)を、リー脳症の因子により亡くし、また4度の流産を経験してきました。


リー脳症は通常1歳までに、特徴的な症状から診断されます。具体的には、精神運動発達遅延が認められ、CT、MRIなどの検査により大脳基底核や脳幹の対象性の壊死性病変、血中や髄液中の乳酸・ピルビン酸数値が高くなります。多くのケースでは、出生から2、3年後に呼吸不全のために亡くなるそうです。ちなみに、この疾患の因子を持つ母親が出産当時に疾患を発症しているとは限らず、発症していない場合もあるそうです。


DNAに変異が存在する女性が、実子の妊娠出産を期待することができる唯一の方法として、世界で初めて、3人のDNAを利用する新技術が施行されることになりました。今回のこの母親が持つ遺伝疾患は、ミトコンドリアの異常が原因です。この母親に行われた新技術とは、遺伝疾患の因子を含む母親由来の卵子を使用せずに、卵子の提供者である第三者の核を取り出し、その中に両親からの人工授精による受精卵の核を移すという「ミトコンドリア置換」と呼ばれる手法です。その結果、出産された男児は両親由来と卵子提供者由来による3人のDNAを持ち合わせることとなったのです。

 

どうして新技術の提供が可能に?

リー脳症は、ミトコンドリアに異常が生じることが原因と考えられています。この異常は突然変異によって生じる場合もありますが、多くは母親から受け継いだミトコンドリアの異常が原因として確認されています。理論上では100%遺伝する疾患ですが、へテロプラスミーなどの影響によって、症状出現の有無や程度には個人差があります。そのため、この遺伝疾患の発症を防ぐための確実な治療として考え出され、世界で初めて施行された方法が、先述の新技術なのです。


今回の報告では、治療のすべてがスムーズに運んだような印象を受けますが、実は同じ条件の胚を5個準備したなかで、成長したものは1個のみだったそうです。


この新技術が確立されるまでは、遺伝性のリー脳症の発症を防ぐ治療法は存在しませんでした。この、「ミトコンドリア置換」の技術が実施可能となった主な理由は、医療技術の進歩です。そして、その技術を実施するための環境として、メキシコには新技術を取り締まる(禁止する)法律がなかったことが挙げられます。

 

新技術施行への反応

遺伝疾患であるリー脳症を予防するための治療成果として誕生したこの赤ちゃんは、疾患の兆候もなく、健やかに成長しているそうです。この治療が及ぼす子どもへの影響は、出生児が女児の場合、将来的に子どもを産んだ際にその子どもにも3人のDNAが受け継がれることです(男児の場合は受け継がれません)。しかし現時点では、女児に3人のDNAが受け継がれる原因は解明されていません。


このような現状から、新技術の成果についての意見が分かれています。安全第一に行われた技術ですが、評論家は出生した子の予後について不明な点が多いなかで、実施に踏み切ったことは「無責任な仕事である」と指摘しています。その一方、イギリスでは今回の成果を受け、早々に第三者のDNAを用いるこの技術を許可する法案を可決しました。


今回の研究チームの責任者であるチャン博士は「安全な新技術提供のためには、『異常がない』と明言できるよう、確実な確認作業は欠かせない」と主張しています。そしてチャン博士と彼のチームは2016年10月の米国生殖医学会議にて詳細を発表し、質疑に応じました。一方では、体外受精(IVF)の最先端の研究を継続するニューカースル大学のアリソン・マードック教授が「新技術の施行は速さや症例を求めるのではなく、安全を最優先にして初めて成果が得られるものである」と慎重な技術の施行を訴えます。


看護師は患者さんの権利を擁護する立場ですが、さまざまな医療技術が開発され、実践されるに伴って新たな認識を持つ必要がありそうです。


(文):A.Brunner

(参考):

・First 'three person baby' born using new method(BBC)

・56ミトコンドリアDNA突然変異(リー(Leigh)症候群、MELAS及びMERRFを含む。)(小児特定疾患情報センター)

Leigh脳症(国立精神・神経医療研究センター)

 

 

この連載

  • 薄毛、老化防止の救世主!?ホントはすごいグアバの効力 [09/16up]

    ビタミンCとEが豊富で、繊維、リコピン、ポリフェノールなども含まれるグアバの葉は、日本でも健康増進に役立つとされ、お茶として親しまれています。   実はグアバには、そのほかにも抜け毛や肌の老化の予防など、いろいろな効力が... [ 記事を読む ]

  • イラク難民からオーストラリアで看護師の道へ [09/12up]

    安全で穏やかに暮らせて、みんなと勉強ができる…。そんな当たり前の生活ができなかった少女が、異国の地で看護師の道を選択しました。生活習慣も言語も違う異国の地で、新たな生活を送った少女。念願の看護大学卒業前に彼女が思うことは何でしょうか... [ 記事を読む ]

  • 3人のDNAを持つ赤ちゃんが世界で初めて誕生 [09/09up]

    世界中で大きな驚きと話題を呼んだ「3人のDNA」を持つ赤ちゃん誕生のニュースをBBCの2016年9月の報道内容からご紹介します。     3人のDNAとは? 一般的に子どもは両親からのDNAを受け継ぎ...

  • 健康管理のための外食メニューのカロリー表示、摂食障害を抱える人々にとっては悪影響? [09/05up]

    カナダのオンタリオ州では、レストランのメニューにカロリーを記載することが義務付けられています。これは、健康管理の目的で始まったものです。しかし、カロリーを表示することは、摂食障害を抱える人たちにとって悪影響があると専門家は指摘してい... [ 記事を読む ]

  • 乳がんで亡くなった女性、呼吸停止後も5時間確認された心拍 [09/02up]

    シンガポールで末期の乳がんを患って亡くなった56歳の女性。なんと、驚くべきことに、彼女の心臓は呼吸停止後5時間も動いていたそうです。彼女の最期を見届けた夫、姉、そして牧師が彼女の生前の様子を語っています。    ... [ 記事を読む ]

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(1)

1匿名2017年09月14日 14時48分

複数人のDNA をもって普通の生活を送っている人をテレビで見ました

関連記事

いちおし記事

第107回看護師国家試験★会場レポート

終了後の学生さんに感想を聞いてみました!予想外の問題に「難しかった…」という声も!? [ 記事を読む ]

平昌五輪で関係者が集団感染しているノロウイルス。改めて知っておきたい正しい知識

感染力が非常に強いノロウイルス。感染が疑わる患者さんへの対応は、標準予防策を厳密に守ることが重要です。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

院内恋愛、アリ?ナシ?

投票数:
934
実施期間:
2018年02月06日 2018年02月27日

シフトが出たとき、最初に何をチェックする?

投票数:
865
実施期間:
2018年02月09日 2018年03月02日

何歳くらいで結婚するのがベスト?

投票数:
892
実施期間:
2018年02月13日 2018年03月06日

延命治療、希望する?

投票数:
761
実施期間:
2018年02月16日 2018年03月09日

シフト、勤務開始の何日前までに出る?

投票数:
564
実施期間:
2018年02月20日 2018年03月13日

入職までの間、何をして過ごす?/過ごした?

投票数:
1621
実施期間:
2018年02月21日 2018年03月14日

退職する同僚からのプレゼント。もらって嬉しかったものは?

投票数:
487
実施期間:
2018年02月23日 2018年03月16日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者228

CHDF(持続的血液濾過透析)施行時の管理について、最も正しいものを次から選んでください。

  • 1.透析液・補充液に使用される濾過型人工腎臓用補液は、細胞外液と同じ電解質濃度である。
  • 2.出血傾向のある患者では血液を体外循環させるためにヘパリン®を第一選択薬として使用し、灌流血液の凝固を予防する。
  • 3.抗凝固薬は脱血側の血液がACT(活性化凝固時間)100秒程度で管理する。
  • 4.空気が混入した時には直ちに血液ポンプを停止し、カテーテルの返血側をクランプし、左側臥位にする。
今日のクイズに挑戦!