1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 3人のDNAを持つ赤ちゃんが世界で初めて誕生

2017年09月09日

3人のDNAを持つ赤ちゃんが世界で初めて誕生

世界中で大きな驚きと話題を呼んだ「3人のDNA」を持つ赤ちゃん誕生のニュースをBBCの2016年9月の報道内容からご紹介します。

 

 

3人のDNAとは?

一般的に子どもは両親からのDNAを受け継ぎます。しかし、今回報道された赤ちゃんのDNAは3人分あるといいます。これはいったいどういうことなのでしょうか?


この赤ちゃんの母親のDNAには、遺伝性の先天性代謝異常であるミトコンドリア病のひとつ、リー脳症(Leigh症候群)の因子が存在することが明らかでした。これまでも、この母親は、2人の子(8か月、1歳6か月)を、リー脳症の因子により亡くし、また4度の流産を経験してきました。


リー脳症は通常1歳までに、特徴的な症状から診断されます。具体的には、精神運動発達遅延が認められ、CT、MRIなどの検査により大脳基底核や脳幹の対象性の壊死性病変、血中や髄液中の乳酸・ピルビン酸数値が高くなります。多くのケースでは、出生から2、3年後に呼吸不全のために亡くなるそうです。ちなみに、この疾患の因子を持つ母親が出産当時に疾患を発症しているとは限らず、発症していない場合もあるそうです。


DNAに変異が存在する女性が、実子の妊娠出産を期待することができる唯一の方法として、世界で初めて、3人のDNAを利用する新技術が施行されることになりました。今回のこの母親が持つ遺伝疾患は、ミトコンドリアの異常が原因です。この母親に行われた新技術とは、遺伝疾患の因子を含む母親由来の卵子を使用せずに、卵子の提供者である第三者の核を取り出し、その中に両親からの人工授精による受精卵の核を移すという「ミトコンドリア置換」と呼ばれる手法です。その結果、出産された男児は両親由来と卵子提供者由来による3人のDNAを持ち合わせることとなったのです。

 

どうして新技術の提供が可能に?

リー脳症は、ミトコンドリアに異常が生じることが原因と考えられています。この異常は突然変異によって生じる場合もありますが、多くは母親から受け継いだミトコンドリアの異常が原因として確認されています。理論上では100%遺伝する疾患ですが、へテロプラスミーなどの影響によって、症状出現の有無や程度には個人差があります。そのため、この遺伝疾患の発症を防ぐための確実な治療として考え出され、世界で初めて施行された方法が、先述の新技術なのです。


今回の報告では、治療のすべてがスムーズに運んだような印象を受けますが、実は同じ条件の胚を5個準備したなかで、成長したものは1個のみだったそうです。


この新技術が確立されるまでは、遺伝性のリー脳症の発症を防ぐ治療法は存在しませんでした。この、「ミトコンドリア置換」の技術が実施可能となった主な理由は、医療技術の進歩です。そして、その技術を実施するための環境として、メキシコには新技術を取り締まる(禁止する)法律がなかったことが挙げられます。

 

新技術施行への反応

遺伝疾患であるリー脳症を予防するための治療成果として誕生したこの赤ちゃんは、疾患の兆候もなく、健やかに成長しているそうです。この治療が及ぼす子どもへの影響は、出生児が女児の場合、将来的に子どもを産んだ際にその子どもにも3人のDNAが受け継がれることです(男児の場合は受け継がれません)。しかし現時点では、女児に3人のDNAが受け継がれる原因は解明されていません。


このような現状から、新技術の成果についての意見が分かれています。安全第一に行われた技術ですが、評論家は出生した子の予後について不明な点が多いなかで、実施に踏み切ったことは「無責任な仕事である」と指摘しています。その一方、イギリスでは今回の成果を受け、早々に第三者のDNAを用いるこの技術を許可する法案を可決しました。


今回の研究チームの責任者であるチャン博士は「安全な新技術提供のためには、『異常がない』と明言できるよう、確実な確認作業は欠かせない」と主張しています。そしてチャン博士と彼のチームは2016年10月の米国生殖医学会議にて詳細を発表し、質疑に応じました。一方では、体外受精(IVF)の最先端の研究を継続するニューカースル大学のアリソン・マードック教授が「新技術の施行は速さや症例を求めるのではなく、安全を最優先にして初めて成果が得られるものである」と慎重な技術の施行を訴えます。


看護師は患者さんの権利を擁護する立場ですが、さまざまな医療技術が開発され、実践されるに伴って新たな認識を持つ必要がありそうです。


(文):A.Brunner

(参考):

・First 'three person baby' born using new method(BBC)

・56ミトコンドリアDNA突然変異(リー(Leigh)症候群、MELAS及びMERRFを含む。)(小児特定疾患情報センター)

Leigh脳症(国立精神・神経医療研究センター)

 

 

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(1)

1匿名2017年09月14日 14時48分

複数人のDNA をもって普通の生活を送っている人をテレビで見ました

関連記事

いちおし記事

EPA看護師の本音は…

「この制度は失敗」と安易に言われたくないという著者が語ります。 [ 記事を読む ]

スワンガンツカテーテル

先端にバルーンが付いていることが安全の仕組み。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

救急車に乗ったこと、ある?

投票数:
745
実施期間:
2017年09月01日 2017年09月22日

転職してよかった?

投票数:
620
実施期間:
2017年09月05日 2017年09月26日

白衣はパンツ派?スカート派?

投票数:
665
実施期間:
2017年09月08日 2017年09月29日

自宅での看取りを経験したことはありますか?

投票数:
576
実施期間:
2017年09月12日 2017年10月03日

急変対応したことある?

投票数:
537
実施期間:
2017年09月15日 2017年10月06日

プリセプター、何がツラい?

投票数:
795
実施期間:
2017年09月19日 2017年10月10日

プリセプティー、何がつらい?

投票数:
244
実施期間:
2017年09月22日 2017年10月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3188

肺炎による低酸素血症のため、鎮痛薬と鎮静薬を使用しながら人工呼吸器管理を受けているAさん。3日前から、毎朝の鎮静薬を一旦中断し、覚醒を促しながらリハビリテーションを開始しました。今朝のX線検査で、気管チューブが若干浅めではあるが許容範囲内であると医師は判断しています。看護師2人で座位から端座位に移動した時、人工呼吸器のアラームが作動しました。以下の中から、Aさんにとって最も緊急性のあるアラームはどれでしょうか?

  • 1.気道内圧上限アラーム
  • 2.気道内圧下限アラーム
  • 3.分時換気量上限アラーム
  • 4.呼吸回数上限アラーム
今日のクイズに挑戦!