1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 要チェック!!薬剤耐性菌の新リスト

2017年08月19日

要チェック!!薬剤耐性菌の新リスト

諸外国に比べて抗微生物薬(抗生物質)の使用頻度が高いといわれる日本。そのため、薬剤耐性菌の問題は決して他人事ではありません。

 

今回は、世界保健機関(WHO)がまとめた新規抗菌薬が緊急に必要とされる薬剤耐性菌のリストについて、BBCニュースの2017年2月の報道内容からご紹介します。

 

 

薬剤耐性菌の脅威

WHOは、健康に大きな悪影響を及ぼす薬剤耐性菌について、新たな薬剤の開発が緊急に必要な薬剤耐性菌のリストを作成しました。このリストの上位にある病原菌ほど既存の薬剤では治療が困難であることを意味します。また、このリストは今夏、G20会議の前に議論される予定。

 

国際的な場で薬剤耐性菌のリストについて議論する目的は、早急に有効な薬剤の開発を促進するためだそうです。これまでの感染症は、感染が拡大しても有効な薬剤があったため、すぐに治療することができました。しかし薬剤耐性菌の場合は簡単にはいかず、既存の薬剤では治療できない薬剤耐性菌がいくつも報告されてきました。

 

WHOのマリー・ポール・キニー博士は「薬剤耐性菌の威力はただならぬ規模に達し、それらの感染症に有効な薬剤を速やかに開発することは困難な状況」とその脅威を訴えます。このまま適切な対策がなされなかった場合、2050年までに薬剤耐性菌で毎年1,000万人が死亡すると推測されています。実際にアメリカ政府は、最近の症例として26種類の抗生物質を用いても治療することができなかった症例を報告しています。

 

リストの内容

この薬剤耐性菌のリストは、WHOが世界的規模での死亡率、罹患率、コミュニティへの負担の視点から評価を行ない作成されました。リストは12種類の薬剤耐性菌について緊急性に応じて「重大」「高」「中」の3段階に分けて分類されています。なお、今回は、薬剤耐性菌が報告されている「結核」であっても、新たな薬剤の開発を重視したためリストには含まれなかったそうです。

 

 

緊急性が「重大」
アシネトバクター・バウマニ(カルバペネム耐性)
緑膿菌(カルバペネム耐性)
腸内細菌科細菌(カルバペネム耐性)

 

緊急性が「高」
エンテロコッカス・フェシウム(バンコマイシン耐性)
黄色ブドウ球菌(メチシリン耐性、バンコマイシン耐性)
ヘリコバクター・ピロリ(クラリスロマイシン耐性)
カンピロバクター(フルオロキノロン耐性)
サルモネラ菌(フルオロキノロン耐性)
淋菌(セファロスポリン耐性、フルオロキノロン耐性)

 

緊急性が「中」
肺炎レンサ球菌(ペニシリン非感受性)
インフルエンザ菌(アンピシリン耐性)
赤痢菌(フルオロキノロン耐性)

 

今後の課題

アメリカでのある調査では、処方された抗微生物薬の少なくとも約3割が不適切な使用であるという結果が報告されています。日本においての現状はまだ調査されていないそうですが、アメリカの状況に類似した状況が推測されているそうです。薬剤耐性菌の拡大を予防していくためには、抗微生物薬の適切な使用と新たな薬剤の開発が重要なポイントになります。そのため、厚生労働省は2017年3月6日に「抗微生物薬適正使用の手引き」をまとめ、薬剤耐性菌に対する取り組みを促進しています。

 

専門家は「抗生物質が効かない時代に突入した」と繰り返し警告しています。この問題の解決のためには、製薬会社にとって利益が低いと考えられる抗微生物薬の開発をどう支援していくか、薬剤の適正使用をいかに早く徹底できるかという点が大きな今後の大きな課題とされています。

 

看護職が取り組んでいける薬剤耐性菌についての対策として何があるのか、患者はもちろん、自分の身を守るため、施設内感染の感染予防のためにも、カンファレンスにおいて看護職が取り組むことのできる対策について検討するほか、今後の新しい情報にもぜひ注目してみてください。

 

(文):A.Brunner

 

(参考):

World's most threatening superbugs ranked in new list(BBC)

「風邪に抗生物質投与は控えて」厚労省が手引書(日本経済新聞)

抗微生物薬適正使用の手引き 第一版(案)(PDF)(厚生労働省)

WHOが初公表した「新規抗菌薬が緊急に必要な薬剤耐性菌」リスト―開発支援 世界で動き(AnswersNews)
 

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(0)

関連記事

いちおし記事

「夜勤で体を壊さないために」ナースが知るべき3つのエビデンス

ナースの健康を守れ!効果的な夜勤中/夜勤前後の睡眠方法をお教えします。 [ 記事を読む ]

インフルエンザの患者さん、増えてきてませんか?

本格的な流行時期に入ってきたインフルエンザ。改めて対処法を確認しておきましょう。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

今年(2017年)一番、がんばったことは何?

投票数:
853
実施期間:
2017年12月29日 2018年01月19日

人生の最期に食べたいものは?

投票数:
750
実施期間:
2018年01月02日 2018年01月23日

これは面白いと思う、医療がテーマの小説は?

投票数:
822
実施期間:
2018年01月05日 2018年01月26日

経口で摂取する栄養剤、食べた(or飲んだ)ことある?

投票数:
633
実施期間:
2018年01月09日 2018年01月30日

鎮痛薬・胃腸薬、常備してる?

投票数:
571
実施期間:
2018年01月12日 2018年02月02日

後輩にオススメしたい看護がテーマの書籍は?

投票数:
223
実施期間:
2018年01月16日 2018年02月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者86

数日前から感冒症状のあった6歳Fちゃん。学校は休まずに通学していましたが、本日になりせき込みがひどくなり、呼吸困難を訴えたことから受診しました。既往歴として喘息がありますが、現在は通院していません。来院時には会話はかろうじて可能でしたが、陥没呼吸と喘鳴が強く認められました。来院時のバイタルサインは、体温37.0℃、脈拍160回/分、呼吸数46回/分、SpO296%(room air)でしたが、徐々に顔色は白くなり、会話も不可能な状況になりつつあります。Fちゃんの来院後の状態はどう判断しますか?最も合うものを以下の中から選んでください。

  • 1.喘息の小発作
  • 2.喘息の中発作
  • 3.呼吸窮迫
  • 4.呼吸不全
今日のクイズに挑戦!