1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 要チェック!!薬剤耐性菌の新リスト

2017年08月19日

要チェック!!薬剤耐性菌の新リスト

諸外国に比べて抗微生物薬(抗生物質)の使用頻度が高いといわれる日本。そのため、薬剤耐性菌の問題は決して他人事ではありません。

 

今回は、世界保健機関(WHO)がまとめた新規抗菌薬が緊急に必要とされる薬剤耐性菌のリストについて、BBCニュースの2017年2月の報道内容からご紹介します。

 

 

薬剤耐性菌の脅威

WHOは、健康に大きな悪影響を及ぼす薬剤耐性菌について、新たな薬剤の開発が緊急に必要な薬剤耐性菌のリストを作成しました。このリストの上位にある病原菌ほど既存の薬剤では治療が困難であることを意味します。また、このリストは今夏、G20会議の前に議論される予定。

 

国際的な場で薬剤耐性菌のリストについて議論する目的は、早急に有効な薬剤の開発を促進するためだそうです。これまでの感染症は、感染が拡大しても有効な薬剤があったため、すぐに治療することができました。しかし薬剤耐性菌の場合は簡単にはいかず、既存の薬剤では治療できない薬剤耐性菌がいくつも報告されてきました。

 

WHOのマリー・ポール・キニー博士は「薬剤耐性菌の威力はただならぬ規模に達し、それらの感染症に有効な薬剤を速やかに開発することは困難な状況」とその脅威を訴えます。このまま適切な対策がなされなかった場合、2050年までに薬剤耐性菌で毎年1,000万人が死亡すると推測されています。実際にアメリカ政府は、最近の症例として26種類の抗生物質を用いても治療することができなかった症例を報告しています。

 

リストの内容

この薬剤耐性菌のリストは、WHOが世界的規模での死亡率、罹患率、コミュニティへの負担の視点から評価を行ない作成されました。リストは12種類の薬剤耐性菌について緊急性に応じて「重大」「高」「中」の3段階に分けて分類されています。なお、今回は、薬剤耐性菌が報告されている「結核」であっても、新たな薬剤の開発を重視したためリストには含まれなかったそうです。

 

 

緊急性が「重大」
アシネトバクター・バウマニ(カルバペネム耐性)
緑膿菌(カルバペネム耐性)
腸内細菌科細菌(カルバペネム耐性)

 

緊急性が「高」
エンテロコッカス・フェシウム(バンコマイシン耐性)
黄色ブドウ球菌(メチシリン耐性、バンコマイシン耐性)
ヘリコバクター・ピロリ(クラリスロマイシン耐性)
カンピロバクター(フルオロキノロン耐性)
サルモネラ菌(フルオロキノロン耐性)
淋菌(セファロスポリン耐性、フルオロキノロン耐性)

 

緊急性が「中」
肺炎レンサ球菌(ペニシリン非感受性)
インフルエンザ菌(アンピシリン耐性)
赤痢菌(フルオロキノロン耐性)

 

今後の課題

アメリカでのある調査では、処方された抗微生物薬の少なくとも約3割が不適切な使用であるという結果が報告されています。日本においての現状はまだ調査されていないそうですが、アメリカの状況に類似した状況が推測されているそうです。薬剤耐性菌の拡大を予防していくためには、抗微生物薬の適切な使用と新たな薬剤の開発が重要なポイントになります。そのため、厚生労働省は2017年3月6日に「抗微生物薬適正使用の手引き」をまとめ、薬剤耐性菌に対する取り組みを促進しています。

 

専門家は「抗生物質が効かない時代に突入した」と繰り返し警告しています。この問題の解決のためには、製薬会社にとって利益が低いと考えられる抗微生物薬の開発をどう支援していくか、薬剤の適正使用をいかに早く徹底できるかという点が大きな今後の大きな課題とされています。

 

看護職が取り組んでいける薬剤耐性菌についての対策として何があるのか、患者はもちろん、自分の身を守るため、施設内感染の感染予防のためにも、カンファレンスにおいて看護職が取り組むことのできる対策について検討するほか、今後の新しい情報にもぜひ注目してみてください。

 

(文):A.Brunner

 

(参考):

World's most threatening superbugs ranked in new list(BBC)

「風邪に抗生物質投与は控えて」厚労省が手引書(日本経済新聞)

抗微生物薬適正使用の手引き 第一版(案)(PDF)(厚生労働省)

WHOが初公表した「新規抗菌薬が緊急に必要な薬剤耐性菌」リスト―開発支援 世界で動き(AnswersNews)
 

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(0)

関連記事

  • 肺炎【疾患解説編】|気をつけておきたい季節の疾患【21】 [11/30up]

    来院された患者さんの疾患を見て季節を感じる…なんて経験ありませんか? 本連載では、その時期・季節特有の疾患について、治療法や必要な検査、注意点などを解説します。また、ナースであれば知っておいてほしいポイントや、その疾患の患者さんに... [ 記事を読む ]

  • 耐性菌とは [11/27up]

    (『キャラ勉!抗菌薬データ』より転載) 抗菌薬に対して感受性が低く、高濃度の抗菌薬が存在しても生育できる菌のことを耐性菌といいます。 不適正な抗菌薬の使用により、耐性菌が増加することがあります。 〈目次〉 ... [ 記事を読む ]

  • 肺炎【ケア編】|気をつけておきたい季節の疾患【21】 [11/30up]

    来院された患者さんの疾患を見て季節を感じる…なんて経験ありませんか? 本連載では、その時期・季節特有の疾患について、治療法や必要な検査、注意点などを解説します。また、ナースであれば知っておいてほしいポイントや、その疾患の患者さんに... [ 記事を読む ]

  • 食中毒【ケア編】|気をつけておきたい季節の疾患【9】 [05/31up]

    来院された患者さんの疾患を見て季節を感じる…なんて経験ありませんか? 本連載では、その時期・季節特有の疾患について、治療法や必要な検査、注意点などを解説します。また、ナースであれば知っておいてほしいポイントや、その疾患の患者さんに... [ 記事を読む ]

  • 認知症をワクチンで予防?!臨床試験が2、3年以内に実現する? [04/11up]

    そのワクチンを摂取することで、アルツハイマー病および認知症の予防や、早期からの改善が期待できる…。そんな夢のようなワクチンが、アメリカ政府からの資金援助を受け、2、3年以内にヒトでの臨床試験が開始されるかもしれないというニュースをご... [ 記事を読む ]

いちおし記事

プリセプターの皆さん!新人との距離感に悩んでいませんか?

6月も終盤、今後の研修を有効活用するためのコツを伝授します。今年プリをやっているナース必見! [ 記事を読む ]

舌下錠の与薬

飲み込んだり、かみ砕いたりしてはいけないのはなぜ? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

話題の「奨学金破産」、どう思う?

投票数:
935
実施期間:
2018年06月05日 2018年06月26日

人生で一番「無駄な買い物」選手権!

投票数:
645
実施期間:
2018年06月15日 2018年07月06日

男性との“出会いの場”どこが一番多い?

投票数:
570
実施期間:
2018年06月19日 2018年07月10日

新人ナース限定! 先輩に言われた「キツ~い一言」は?

投票数:
664
実施期間:
2018年06月12日 2018年07月12日

救急車の有料化、いくらくらいなら「妥当」だと思う?

投票数:
471
実施期間:
2018年06月22日 2018年07月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者362

COPD患者さんの薬物療法の説明で、最も正しいものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.COPDの薬物療法は、気管支拡張薬である抗コリン薬と、β 2刺激薬の吸入が汎用される。
  • 2.長時間作用性抗コリン薬は、既往歴にかかわわらず、COPD患者さんであれば使用できる。
  • 3.短時間作用性気管支拡張薬は、安定期の治療に用いられる。
  • 4.COPD患者さんの呼吸困難の改善に、吸入ステロイドが用いられる。
今日のクイズに挑戦!