1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 米トランプ大統領による人工妊娠中絶禁止の措置が世界で注目されたわけ

2017年07月15日

米トランプ大統領による人工妊娠中絶禁止の措置が世界で注目されたわけ

これまでのオバマ政権の政策とは一変した展開を見せる、アメリカのトランプ政権。トランプ大統領は、就任初日に、人工妊娠中絶禁止に関連する大統領令の署名を行いました。この様子を撮影した写真は、世界中で大きく注目され、その大統領令についてさまざまな物議をかもしました。

 

 

なぜここまで注目されたのか

トランプ大統領が大統領令に署名を行う場面は、ニュースの写真や映像でしょっちゅう目にしてきました。しかし、とりわけ人工妊娠中絶禁止に関して話題になったのは、女性にとって重要な問題であるにもかかわらず、男性のみで署名が行われ、まるで男性だけで判断を下したかのように見える光景が大きな話題となりました。

 

この報道について、「女性の体について決定を下しているのは男性」と、「ハリー・ポッター」シリーズの著者であるJK・ローリングさんがツイートしたことでさらに注目は高まり、この署名に対する批判の声が集まることとなったのです。

 

トランプ大統領の意見

アメリカでは1973年に起きた「ロー対ウェイド事件」の際に、「妊娠を継続するか否かの女性の決定は権利として保障されている」と、最高裁判所にて判決が出ています。この判例によると、胎児が胎外環境で生存可能となる22週から24週になるまでに人工妊娠中絶を受けることが認められているのです。

 

しかしトランプ大統領は、「人工妊娠中絶は強姦、近親相姦による妊娠に限る」「もし中絶が実行されたならば、女性は罰せられるべき」と述べています。この、罰則に関する発言に対しては強い批判があり、後にトランプ大統領は「罰を受けるのは、施術した医師たちであり、当事者の女性であってはならない」と新しいコメントを発表しました。

 

懸念される国外への影響

トランプ大統領によるこの大統領令は、国内にのみならず、発展途上国への影響も懸念されています。

 

アメリカは、発展途上国における女性のヘルスケアや権利を守る活動に資金を援助してきました。しかし、今回の署名が行われたことで、発展途上国における活動が退行してしまいかねないというのです。

 

トランプ大統領のこの署名は、国内外の女性のヘルスケアや権利についての議論を引き起こし、中には「人工妊娠中絶を禁止するような政策よりも、望まない妊娠の撲滅に力を入れるべき」という意見も聞かれました。

 

翻って、日本の場合、年間行われている人工妊娠中絶件数は、厚生労働省の統計では18万6,253件となっており、月間で15,000件、1日あたり500件の人工妊娠中絶が行われている計算になります。人工妊娠中絶は女性の権利としてもちろん認められています。しかしながら、望まない妊娠を減らすために、医療者としてできることがないかをこの機会に考えてみてもいいかもしれません。

 

(文):A.Brunner

(参考):

Trump's order on abortion policy: What does it mean?(BBC)
平成25年度衛生行政報告例の概況(厚生労働省ホームページ)
 

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(0)

関連記事

いちおし記事

ケアプログラムの開発で認知症の方へ安心を

認知症に伴う行動・心理症状(BPSD)を防ぐケアプログラムが開発されています。 [ 記事を読む ]

麻酔の役割と生体への影響

麻酔の種類と作用をまとめました。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

あなたが目指す生き方に一番近いのは?

投票数:
957
実施期間:
2018年05月29日 2018年06月19日

勤務中によくなくすものは?

投票数:
953
実施期間:
2018年06月01日 2018年06月22日

話題の「奨学金破産」、どう思う?

投票数:
841
実施期間:
2018年06月05日 2018年06月26日

人生で一番「無駄な買い物」選手権!

投票数:
423
実施期間:
2018年06月15日 2018年07月06日

新人ナース限定! 先輩に言われた「キツ~い一言」は?

投票数:
516
実施期間:
2018年06月12日 2018年07月12日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2589

88歳男性Aさんが自宅で転倒し、大腿骨頸部骨折の診断で入院となりました。入院2日後に手術が施行され、術後問題なく翌日には食事が再開、点滴も抗生剤のみとなりました。本人は「痛みはないよ」と言いましたが、体動時苦痛表情が見られました。術後2日目からリハビリテーションが開始となりましたが、そのころから点滴を抜く、夜間大声を出すなどの行動がみられました。Aさんへの対応方法として最も適切なものは次のうちどれでしょうか?

  • 1.「点滴の針は抜かないでください」と説明し、ミトンを装着した。
  • 2.夜間大声を出すため、個室に移動して家族の付き添いを依頼した。
  • 3.痛みによるせん妄が考えられたため、疼痛コントロールを検討した。
  • 4.同室者の物音で眠れないのではないかと考え、医師に相談し、睡眠薬を処方してもらった。
今日のクイズに挑戦!