1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. マンガ・おうちで死にたい~訪問看護の現場から~>
  4. おうちで死にたい~訪問看護の現場から~【1-2】

2017年07月17日

おうちで死にたい~訪問看護の現場から~【1-2】

『マンガ・ブランク16年の私が看護師に復帰した話』でお馴染みの広田奈都美さんが描く、現代の看取り。

月刊誌『フォアミセス』より特別転載でお届けします!

 

【前回の話】

花は新人の訪問看護師。先輩ナース馬淵さんとペアでご利用者様のお宅をまわります。

お看取りの話をサラッとする馬渕さんに違和感を感じる花でしたが…

「人がなくなるのって日常なのよ」という馬淵さん

 

 

 

 

 

「え?」と聞き返す花に、「今はわからなくてもいつかわかるわよ。特別なことなんかじゃないもの」とさらに言います。その意味を考える花。一方、丸岡さんの家ではお嫁さんが「おじいちゃんさえよかったら、ずっとここで私はお世話させてもらうツモリなんですけどねぇ…。まずあの人が何て言うかねぇ…」と悩んでいました。

 

 

 

義姉(68歳)車で1時間ほどのところに夫婦2人で住んでいる。「今すぐ病院に入院させなきゃ、お父さんかわいそうじゃない。もっと生きてもらいたくないの!?」といいつのります。別室で待つ馬渕と花のところに来て「義姉はいいだすときかなくて…」とお嫁さんは言います。

 

 

 

花が思わず「それっておかしくないですか!?いつもみてるお嫁さんの言い分より、声がでかい人の意見が通るのって!!」という花に馬渕は「どの家にもその家の事情があるのよ。あとで責められるのはお嫁さんなのよ」と諭します。お嫁さんに「とにかくご家族でよく相談してください」と告げました。

 

 

 

帰りの車で花は、もう少し踏み込んでも良いのではないかと先輩の馬渕に言いますが、「大切なのは、寄り添うこと」という馬渕。

 

 

 

「自分が主役になっちゃだめなの」という馬渕に、花は自分の学生時代のことを思い出します。よかれと思ってしたことが、結局自己満足になってしまい、患者さんから担当をはずしてほしいと言われてしまったことを。

 

 

 

丸岡さんの家では、お嫁さんと旦那さんがおじいさんの介護をどこでするか話し合っていました。強気の義姉に煮え切らないだんなさん。お嫁さんはおじいちゃんの気持ちになって、この家はおじいちゃんが自分で建てたし、城みたいに思ってると思うのに…。「喋れるとよかったねぇ…」とおじいちゃんに話しかけるお嫁さん。

 

 

…おじいちゃんのお看取りをめぐって、意見の分かれる家族たち。

家族の出した答えは…?最終話に続く

 

 

 

 

 


【著者プロフィール】

広田奈都美(ひろた・なつみ) HP

漫画家・看護師。某地方総合病院にて勤務後、漫画家としてデビュー。著書は「僕達のアンナ」(集英社)、「お兄ちゃんがコンプレックス」、「ママの味・芝田里枝の魔法のおかわりレシピ」(秋田書店)他。

 

 

この連載

  • おうちで死にたい~訪問看護の現場から~【2-1】 [09/25up]

    『ママナースもも子』でお馴染みの広田奈都美さんが描く、訪問看護師マンガ。 月刊誌『フォアミセス』より特別転載でお届けします!               ... [ 記事を読む ]

  • おうちで死にたい~訪問看護の現場から~【1-3】 [07/24up]

    『マンガ・ブランク16年の私が看護師に復帰した話』でお馴染みの広田奈都美さんが描く、現代の看取り。 月刊誌『フォアミセス』より特別転載でお届けします!   これまでの話 【1】 【2】  花は1年目の... [ 記事を読む ]

  • おうちで死にたい~訪問看護の現場から~【1-2】 [07/17up]

    『マンガ・ブランク16年の私が看護師に復帰した話』でお馴染みの広田奈都美さんが描く、現代の看取り。 月刊誌『フォアミセス』より特別転載でお届けします!   【前回の話】 花は新人の訪問看護師。先輩ナー...

  • おうちで死にたい~訪問看護の現場から~【1-1】 [07/10up]

    『マンガ・ブランク16年の私が看護師に復帰した話』でお馴染みの広田奈都美さんが描く、現代の看取り。 月刊誌『フォアミセス』より特別転載でお届けします!            ... [ 記事を読む ]

  • おうちで死にたい~訪問看護の現場から~【全記事まとめ】 [09/20up]

      【ケース1】義父のお世話をするお嫁さん 【1-1】話/【1-2】話/【1-3】話 84歳の義父を、ずっとお世話してきたお嫁さん。お看取りをめぐって家族の意見が分かれる中、脳梗塞の後遺症で喋れない... [ 記事を読む ]

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(5)

5猫矢2017年10月01日 21時04分

人間なんだから可哀想という感情を持つのは普通です。そこからその感情をどう昇華させ寄り添うようになっていけるかが人を成長させるという事でだと思います

4ゆめ2017年07月19日 22時30分

学生です。かわいそうって思われたい人なんているんでしょうか。基礎看護でも学習しましたが、同情なんて必要ないです。そんなことより寄り添う心。
周りにもすぐにかわいそう、とゆう学生がいますが…。

3みい2017年07月19日 07時03分

訪問をしている私達にとっても
頷く内容です。
この漫画で、もっと訪問看護師になりたいと思ってくれるスタッフがふえるといいなぁ

2匿名2017年07月18日 13時39分

勉強になります、連載がんばってくださいね

12017年07月17日 10時25分

うざい新人。学生時代にもやってるってことは前職でも押し付けやってるんだろうね。一緒に仕事したくないわ。

関連記事

いちおし記事

「ぼくねぇ、もうすぐ死ぬんだ…」にどう答える?

マンガ『おうちで死にたい~訪問看護の現場から~』の続編です。 [ 記事を読む ]

褥瘡の悪化を防ぐのに最適なポジショニングは?

褥瘡発生原因のアセスメントから「動きの過程」と「座位の保持」を評価した上でどのようなポジショニングがベストかを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

上司に怒りを感じるのはどんなとき?

投票数:
1487
実施期間:
2017年10月31日 2017年11月21日

なかなか寝られないとき、どうしてる?

投票数:
603
実施期間:
2017年11月03日 2017年11月24日

看護師国家試験、苦手科目は?

投票数:
765
実施期間:
2017年11月07日 2017年11月28日

一番好きな医療ドラマはどれ?

投票数:
528
実施期間:
2017年11月10日 2017年12月01日

J-アラート作動(弾道ミサイル発射)!どうする?

投票数:
387
実施期間:
2017年11月14日 2017年12月05日

「こんなドクターいたらいいな…」一緒に働いてみたい俳優は?

投票数:
268
実施期間:
2017年11月17日 2017年12月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者589

78歳女性、持続する発熱と下腹部から臀部回りの痛みを訴え、老健施設より救急搬送にて来院しました。肋骨脊柱角叩打痛もあり、尿路感染症の診断で入院となりました。尿の培養は104CFU/mLであり、検鏡にてブドウ球菌様のGPCが認められ、3日後にブドウ球菌と確定しました。当初から抗菌薬としてVCMが開始とされていました。1週間以上抗菌薬を投与してもなかなか発熱も痛みも治まらず、腹部CTを撮影したところ、腸腰筋膿瘍であることが判明し、血液培養からはMRSAが検出され、臓器移行性も考えて抗菌薬をLZDに変更されました。解熱と炎症所見の改善がありましたが、投与2週間目に白血球と血小板が減少、また貧血傾向になりました。次のうち最も考えられることと行うべきことはどれでしょうか?

  • 1.白血球や血小板減少は、抗菌薬による骨髄抑制が原因と考えられるため、再度、VCMに変更するなど、他剤へ変更することを検討する。
  • 2.貧血傾向は、抗菌薬投与による腎機能障害から来る、腎性貧血であるため、医師と相談し、腎性貧血の治療を実施してもらう。
  • 3.LZDは臓器移行性が最も良いため、白血球減少や血小板減少、貧血に対し治療を行いながら使い続ける。
  • 4.解熱と炎症所見も改善していることから、抗菌薬を中止とし経過を見る。
今日のクイズに挑戦!