1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. マンガ・ナースに会ってきた>
  4. 「患者さんの一番大事な人」を探す~イラストレーターかげさん|ナースに会ってきた【9】

2017年07月04日

「患者さんの一番大事な人」を探す~イラストレーターかげさん|ナースに会ってきた【9】

前回に続き、看護師兼イラストレーターのかげさんにお話をうかがいます。

『ナースに会ってきた』

 

vol.9 「患者さんの大事」を探す~イラストレーターかげさん

 

かげさんが看護師の仕事をする上で大切にしていることを伺いました。患者さんにとって一番大事な人を探すことを大事にしているというかげさん。そうしようと思った経験は、がけさんが看護師1年目の終わりにありました。70代の心不全の患者Aさんが心臓の弁を取り替える手術です。クリニカルパスにのっとった治療でしたが、オペ後に病棟で急変。検査をするとオペの侵襲に身体が耐えられなかったということが分かりました。

呼吸が苦しく夜も眠れないAさん。熱を測りにきたかげさんは「手術しなきゃよかった」という言葉を聞いてしまいます。外科の医療者が一番言われたくない言葉です。

人工呼吸器を入れて2ヵ月が経過し、もはや心不全のターミナルのような状態です。しかしAさんの息子さんは現状を受け入れられず、医師もはっきりと死を告げません。かげさんは何をしたらいいのか悩み続けましたが、Aさんは苦しすぎて意識がもうろうとし、日から尽きるように息を引き取りました。

Aさんのご遺体を霊安室に移そうとしたとき、人工呼吸器に息子さんからもらったというお守りが引っかかりました。Aさんがずっと服につけていたお守りを息子さんに渡すと、息子さんははじめて泣きました。息子さんとお母さんがお互いを大好きであったことに気づかされたかげさん。それ以来患者さんにとって一番大事な人を探すことにしたといいます。

誰がお見舞いに来ているか聞いたり、来ない家族には関わりの機会を増やすように働きかけました。先生にも変化があり、穴滋養菜患者さんがいらっしゃったときには、専門の先生に相談したり、患者さんにはっきり告げるようになりました。

後輩へのアドバイスを聞きました。看護師は人間関係の悩みの相談が多く、かげさんも苦手な人がいたそうです。そこで、人を追いつめるようなことは言わないようにしようと気をつけているそうです。能力がないという悩みもよく聞くそうなのですが、お願いできるようになると解決するよと伝えています。先輩でも手伝ってもらう。その代わり自分がヒマなときは、他の人を手伝うようにする。お願いできるようになると仕事は終わります。

 

【お知らせ】

全9回に渡ってお届けした『ナースに会ってきた』ですが、今回が最終回になります。
これまでご覧いただきありがとうございました!
 


【著者プロフィール】

水谷緑(みずたに・みどり)

水谷緑

著書は「コミュ障は治らなくても大丈夫」(吉田尚記、水谷緑)「まどか26歳、研修医やってます!」「あたふた研修医やってます。」(KADOKAWA) 他。小学館「いぬまみれ」にて犬漫画「ワンジェーシー」連載。

HP:http://mizutanimidori.com/

 

○●新刊情報●○ 2017/04/12発売!
『精神科ナースになったわけ 』(コミックエッセイの森)

精神科ナースになったわけ

人はなぜ心を病むんだろう
普通のOLだった太田良枝は、肉親の死による悲しみで、心のコントロールが利かなくなってしまった経験から心の病に興味を持つようになり、精神科の看護師になることを決意。
ー精神科のリアルな現場を新人看護師の目線で描くコミックエッセイ

 

 

○●『じたばたナース』が本になりました!●○

2年間の連載に加えて、50P以上の描きおろし&「腐女医」さーたりさんからの寄稿を含むオリジナルコラムも掲載しました。

Amazonや各書店で好評発売中です。

 

『じたばたナース 4年目看護師の奮闘日記』(KADOKAWA)

この連載

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(2)

2カジキマグロ2018年04月20日 14時17分

かげさんこんな感じなんだ

1ハッピィ2017年07月06日 06時59分

患者さんの大事をみつける…たいせつなことかもしれませんね。あと、内に秘めて溜める人タイプです、私。

関連記事

いちおし記事

MCIがアルツハイマー病に発展する原因は?

ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」を題材にわかりやすく解説。 [ 記事を読む ]

ドレーンの種類と管理方法

ドレーン排液の異常や固定部のずれ、ゆるみの有無を観察しましょう! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

看護師辞めようかと思うほどに怖かったインシデント、経験ある?

投票数:
1069
実施期間:
2018年11月27日 2018年12月18日

最初の患者さんのこと、覚えてる?

投票数:
1072
実施期間:
2018年11月29日 2018年12月20日

【クリスマス】サンタにお願いしたいプレゼントは?

投票数:
1128
実施期間:
2018年11月30日 2018年12月21日

人生で一番号泣した作品は?

投票数:
1012
実施期間:
2018年12月04日 2018年12月25日

感情を一生出せないとしたらどれが一番つらい?

投票数:
965
実施期間:
2018年12月07日 2018年12月28日

安楽死に賛成?反対?

投票数:
761
実施期間:
2018年12月11日 2019年01月01日

今年一番の個人的なニュースは?

投票数:
400
実施期間:
2018年12月14日 2019年01月04日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者299

Bさんは独居の80歳代男性です。発熱のため、精査入院となりました。既往歴は糖尿病で、持参薬は3種類でした。担当看護師が、Bさんの持参薬を確認し、持参薬確認報告書を作成して主治医に提出しました。主治医からは、糖尿病治療薬を中止し、インスリンスケール対応とする指示を受けました。担当看護師は、Bさんの認知機能が良好であったことから持参薬の自己管理は可能であると判断しました。そこで、Bさんに糖尿病治療薬の服用中止を口頭で伝え、持参薬を自分で管理してもらうことにしました。その2日後、担当薬剤師がBさんに服薬確認したところ、服用中止のはずの糖尿病治療薬を現在も服用していることが分かりました。今後のBさんの服薬管理について、最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.Bさんにもう一度服薬指導をする。
  • 2.自己管理は中止し、看護師管理とする。
  • 3.Bさんにもう一度服薬指導をし、中止した薬は付箋を貼って分かるようにした。
  • 4.Bさんにもう一度服薬指導をし、中止した薬は看護師が預かった。
今日のクイズに挑戦!