1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. シンガポールの看護現場から>
  4. 看護師として働くはずが准看護師に | シンガポールの看護現場から【5】

2013年08月07日

看護師として働くはずが准看護師に | シンガポールの看護現場から【5】

シンガポールで働く日本人ナースやぁぎぃが、海外生活や現地の病院の様子をレポート!!

必要な書類も無事揃い、ようやくシンガポールで働き始められると思っていた矢先、思わぬ落とし穴が・・・。

 

「大変残念ですが・・・」

シンガポールの病院の面接を通過したのち、書類集めや提出に時間がかかったり、審査待ちの期間があったりで、9カ月かかってようやく書類の審査が終了しました。

 

人材紹介会社からメールが届き、早速確認。

 

「大変残念ですが、ご提出いただいた書類をシンガポール看護協会が審査した結果、あなたが看護師の免許を取ることはできませんでした。准看護師の免許ならば取ることができますが、一度シンガポールに来ていただいて、テストを受けていただくことになります。それでもシンガポールで働きたいと思いますか?」

 

確認すると、日本やイギリスの看護師免許があっても、直近の3年くらい働いていたのがクリニックなどなのでダメだとのこと。大きい病院などでフルタイムにてしっかりと働いている人でないと、看護師としてちゃんと働ける技能はないとみなされるそうです。

 

准看護師としてシンガポールで働く場合、勤務先の看護師長さんに認めてもらえれば、看護師にグレードアップされるという話でした。

 

真面目に働けば認めてもらえそうだけど、何だか面倒くさいことにもなりそうなので、しばし思案。どうしようかなー。

 

まず准看護師と看護師の違いや、テストの内容について確認してみることにしました。

人材紹介会社に聞くと、「病院の人事課に直接確認してください」とのこと。

 

病院の人事課に確認すると、「テストでこっち(シンガポール)に来たときに説明する」と言われてしまいました。

看護師さんと准看護師さんがどう違うのかも教えてもらえず。

 

えー・・・。シンガポールに行くときはテストの数日前とかになるでしょ。そこで内容を聞いて、それから勉強しろって? 一夜漬け?

 

どうしようかとしばらく考えましたが、結局、

 

【1】集めた書類と、かけたお金と労力がもったいない!

【2】せっかくここまで話も進んだんだから、行ってみよう!

【3】当時、私は諸事情のためアフリカにいて、メールでのやり取りが大変!

【4】アフリカに行った分のマイルでシンガポールに行ける!

【5】最近、シンガポールにカジノができたらしいので、遊んでみたい!

 

ということで、もう直接質問に行くことは諦めて、シンガポールで准看護師さんのテストを受けることにしました。

 

マイルを使ってシンガポールに行ったのは、それから1カ月くらい後のこと。

アフリカンヘアーを美容院で元に戻し、そのままシンガポールへ出発。

 

【看護roo!】看護師専用Webマガジン ステキナース研究所 | 看護師として働くはずが准看護師に  | シンガポールの看護現場から【5】

アフリカンヘアー時代のやぁぎぃ。1カ月間この格好で日本にいたので、目立ちまくりでした

 

いざテストへ!

シンガポールへ到着後、これから働くことになるかもしれない病院の大きさにビックリしながら、人事課へ。

 

「准看護師と看護師の業務の違い? そうねー、基本的に看護師と准看護師で組んで、准看護師は看護師の指導を受けながら、働く感じ」

 

「テスト? 全部で60問。90分よ。内容は准看護師として働くにあたって、必要な基本的な知識って感じ。問題集?ないわよそんなの」

 

テストは明後日。

何だか全然わからないので、お勉強は諦めて開き直り、カジノで遊んじゃうことにしました。おほほほほ。

【看護roo!】看護師専用Webマガジン ステキナース研究所 | 看護師として働くはずが准看護師に  | シンガポールの看護現場から【5】

テストのことは忘れて豪遊!

 

テストは本当に簡単でした。あまりに簡単だったせいか、「簡単だった」ということ以外まったく思い出せません。それぐらい簡単でした。

 

ともあれ、これでようやくシンガポールへ!

 

【次の記事】第6回:入国審査とビザ取得

 


■プロフィール

名前:やぁぎぃ

経歴:東京都出身。日本で胸部外科や脳外科・眼科などで看護師をしたのち、イギリスで看護師→シンガポールで准看護師に。ほかにもいろいろな国へ短期の渡航を経験し、4カ国の看護系免許を保有。

 

【シンガポールの看護現場から | 連載記事】

1. ひと部屋38人!?シンガポールの病院の日常

2. 多宗教国家ならではの病院食

3. 暖かいシンガポールで働こう!

4. 手続き書類を集めよう!

5. 看護師として就職のはずが准看護師に

6. 入国審査とビザ取得

7. 病院ではさまざまな言語が飛び交う

8. 准看護師と看護師のお仕事

9. ストレス発散!休日の過ごし方

10.家族想いの国、シンガポール

この連載

  • 7. 病院ではさまざまな言語が飛び交う [09/20up]

    シンガポールで働く日本人ナースやぁぎぃが、海外生活や現地の病院の様子をレポート!!   いろいろな国の人が働くシンガポールでは、職場でのやりとりにも多様な言語が使われています。     早いもので、... [ 記事を読む ]

  • 6. 入国審査とビザ取得 [08/23up]

    シンガポールで働く日本人ナースやぁぎぃが、海外生活や現地の病院の様子をレポート!!   無事シンガポールの准看護師試験に合格し、現地で働く準備は万端!のはずが、まだ一手間ありました。   就労ビザ無しで大丈夫... [ 記事を読む ]

  • 5. 看護師として就職のはずが准看護師に [08/07up]

    シンガポールで働く日本人ナースやぁぎぃが、海外生活や現地の病院の様子をレポート!! 必要な書類も無事揃い、ようやくシンガポールで働き始められると思っていた矢先、思わぬ落とし穴が・・・。   「大変残念ですが・・・」...

  • 4. 手続き書類を集めよう! [07/12up]

    シンガポールで働く日本人ナースやぁぎぃが、海外生活や現地の病院の様子をレポート!!  シンガポールの病院の面接を通っても、現地で働くためにはまだ一山ありました。   書類集めで奮闘 スカイプでシンガポール... [ 記事を読む ]

  • 3. 暖かいシンガポールで働こう! [06/07up]

    シンガポールで働く日本人ナースやぁぎぃが、海外生活や現地の病院の様子をレポート!! 日本で働いていたナースが、海外で働くことを決めた理由とは・・・・・・?   ずっと暖かい所に住みたかった。だって、寒いのは苦手。 ... [ 記事を読む ]

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(31)

31gen2014年05月25日 11時55分

免許の数すごいですね!私は婚約者がそちらで働く予定なので将来はシンガポールで職を探さないとなと考えているんですが、日本の助産師が助産師として働ける場所ってあるんでしょうか?

30匿名2013年12月07日 09時07分

かっこよすぎる、、!

29いちゅ2013年10月09日 14時50分

行動力すごいですね

28匿名2013年09月21日 01時04分

素晴らしい度胸、、、そしてカジノが羨ましい

27匿名2013年09月20日 23時13分

勢いありますね。すばらしい。

26匿名2013年08月25日 21時46分

すごいの一言。

25やぁぎぃ2013年08月24日 16時29分

皆様、コメント有り難うございます。何を目指しているんだろう、とコメントいただいた匿名様。鋭いですね。自分でもよくわかりません。

24匿名2013年08月23日 17時44分

私には無理。

23匿名2013年08月19日 11時49分

大胆で尊重します

22匿名2013年08月14日 13時15分

何を目指してるんだろ?
それを聞いてみたいな。

21匿名2013年08月14日 11時59分

すごい。

20匿名2013年08月13日 21時56分

へー

19匿名2013年08月12日 00時21分

ビックリとすごいの一言!!

18匿名2013年08月11日 17時37分

すごーー

17匿名2013年08月10日 07時38分

すごい。尊敬。

16のろみ2013年08月09日 22時42分

かなり大変なんだって思います。でも、憧れます。

15匿名2013年08月09日 11時15分

憧れますね。

14匿名2013年08月09日 06時50分

結構大変なんですね

13匿名2013年08月08日 22時50分

すごいです。

12めめ2013年08月08日 13時23分

すごいですね

関連記事

いちおし記事

「ぼくねぇ、もうすぐ死ぬんだ…」にどう答える?

マンガ『おうちで死にたい~訪問看護の現場から~』の続編です。 [ 記事を読む ]

褥瘡の悪化を防ぐのに最適なポジショニングは?

褥瘡発生原因のアセスメントから「動きの過程」と「座位の保持」を評価した上でどのようなポジショニングがベストかを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

上司に怒りを感じるのはどんなとき?

投票数:
1489
実施期間:
2017年10月31日 2017年11月21日

なかなか寝られないとき、どうしてる?

投票数:
606
実施期間:
2017年11月03日 2017年11月24日

看護師国家試験、苦手科目は?

投票数:
767
実施期間:
2017年11月07日 2017年11月28日

一番好きな医療ドラマはどれ?

投票数:
531
実施期間:
2017年11月10日 2017年12月01日

J-アラート作動(弾道ミサイル発射)!どうする?

投票数:
393
実施期間:
2017年11月14日 2017年12月05日

「こんなドクターいたらいいな…」一緒に働いてみたい俳優は?

投票数:
327
実施期間:
2017年11月17日 2017年12月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1148

78歳女性、持続する発熱と下腹部から臀部回りの痛みを訴え、老健施設より救急搬送にて来院しました。肋骨脊柱角叩打痛もあり、尿路感染症の診断で入院となりました。尿の培養は104CFU/mLであり、検鏡にてブドウ球菌様のGPCが認められ、3日後にブドウ球菌と確定しました。当初から抗菌薬としてVCMが開始とされていました。1週間以上抗菌薬を投与してもなかなか発熱も痛みも治まらず、腹部CTを撮影したところ、腸腰筋膿瘍であることが判明し、血液培養からはMRSAが検出され、臓器移行性も考えて抗菌薬をLZDに変更されました。解熱と炎症所見の改善がありましたが、投与2週間目に白血球と血小板が減少、また貧血傾向になりました。次のうち最も考えられることと行うべきことはどれでしょうか?

  • 1.白血球や血小板減少は、抗菌薬による骨髄抑制が原因と考えられるため、再度、VCMに変更するなど、他剤へ変更することを検討する。
  • 2.貧血傾向は、抗菌薬投与による腎機能障害から来る、腎性貧血であるため、医師と相談し、腎性貧血の治療を実施してもらう。
  • 3.LZDは臓器移行性が最も良いため、白血球減少や血小板減少、貧血に対し治療を行いながら使い続ける。
  • 4.解熱と炎症所見も改善していることから、抗菌薬を中止とし経過を見る。
今日のクイズに挑戦!