1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 小さな命を救う!超低出生体重児の検査が可能な世界最小のMRI

2017年06月06日

小さな命を救う!超低出生体重児の検査が可能な世界最小のMRI

新生児集中治療室(NICU)の赤ちゃんたちの適切な診断と治療のために、超低出生体重児の検査を可能にした世界最小のMRIがイギリスで大活躍しています。2017年1月の英BBCニュースの報道内容をご紹介します。

 

 

世界最小のMRIとは

超低出生体重児の検査が可能な世界最小のMRI機器は、家庭用の洗濯機とさほど変わらないような大きさであると、英BBCニュースでは紹介されています。

 

このMRIの設計と開発には、12年もの歳月がかけられました。イギリスに本拠地を持つ公益信託Wellcome Trustからの資金提供を受けてプロジェクトにあたったのは、イギリス、シェフィールド大学のGriffiths教授とPaley教授ら。設計されたMRIは、医療用機器メーカーのGE Healthcareによって製作されました。

 

作られたのは世界に2基のみで、1基はイギリスのRoyal Hallamshire Hospitalで活躍しており、もう1基はアメリカマサチューセッツ州のBoston Children's Hospitalにありますが、こちらは現在使われていません。

 

世界最小のMRIを用いるメリット

新生児の画像診断に多く用いられるのは、単純X線写真や超音波検査ですが、MRIを用いると脳や周辺の断層撮影が行えるため、患者の家族への説明もより容易になります。しかし、新生児集中治療室(NICU)では新生児は保育器に入れられているケースがほとんどであり、保育器の脇で検査が行える超音波検査が好んで用いられてきました。

 

MRIの機器は巨大で重量があるため、ほとんどの施設で1階に設置されています。これに対して産科は、多くの場合、上階や検査室のある棟とは別棟に置かれています。このため、検査するには、遠く離れた検査室まで新生児を移動させなければなりませんでした。この点、世界最小のMRIであれば、新生児集中治療室からほんの数メートルのところに設置でき、専門のスタッフがそばにいるため、急な容態の変化があっても安心です。

 

Griffiths教授は、MRI検査を用いるメリットとして、酸素欠乏や血流不足といった脳の虚血状態による異常を、より広い範囲の画像によって把握できることを挙げています。

 

高齢出産の増加や体外受精に伴う多胎妊娠の増加などによって、日本では低出生体重児の出生割合が高まっています。小さな尊い命への適切な治療と健全な発達のためにも、世界最小のMRIは、日本でも導入を進めて欲しい検査機器のひとつです。

 

(文):A.Brunner
(参考):
World's smallest MRI helps tiny babies(BBC)
Babies benefit from pioneering 'miniature' MRI scanner in Sheffield(The Telegraph)

 

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(1)

1匿名2017年06月07日 05時56分

凄いことですね!

関連記事

いちおし記事

「ぼくねぇ、もうすぐ死ぬんだ…」にどう答える?

マンガ『おうちで死にたい~訪問看護の現場から~』の続編です。 [ 記事を読む ]

褥瘡の悪化を防ぐのに最適なポジショニングは?

褥瘡発生原因のアセスメントから「動きの過程」と「座位の保持」を評価した上でどのようなポジショニングがベストかを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

上司に怒りを感じるのはどんなとき?

投票数:
1484
実施期間:
2017年10月31日 2017年11月21日

なかなか寝られないとき、どうしてる?

投票数:
603
実施期間:
2017年11月03日 2017年11月24日

看護師国家試験、苦手科目は?

投票数:
765
実施期間:
2017年11月07日 2017年11月28日

一番好きな医療ドラマはどれ?

投票数:
525
実施期間:
2017年11月10日 2017年12月01日

J-アラート作動(弾道ミサイル発射)!どうする?

投票数:
387
実施期間:
2017年11月14日 2017年12月05日

「こんなドクターいたらいいな…」一緒に働いてみたい俳優は?

投票数:
193
実施期間:
2017年11月17日 2017年12月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者269

78歳女性、持続する発熱と下腹部から臀部回りの痛みを訴え、老健施設より救急搬送にて来院しました。肋骨脊柱角叩打痛もあり、尿路感染症の診断で入院となりました。尿の培養は104CFU/mLであり、検鏡にてブドウ球菌様のGPCが認められ、3日後にブドウ球菌と確定しました。当初から抗菌薬としてVCMが開始とされていました。1週間以上抗菌薬を投与してもなかなか発熱も痛みも治まらず、腹部CTを撮影したところ、腸腰筋膿瘍であることが判明し、血液培養からはMRSAが検出され、臓器移行性も考えて抗菌薬をLZDに変更されました。解熱と炎症所見の改善がありましたが、投与2週間目に白血球と血小板が減少、また貧血傾向になりました。次のうち最も考えられることと行うべきことはどれでしょうか?

  • 1.白血球や血小板減少は、抗菌薬による骨髄抑制が原因と考えられるため、再度、VCMに変更するなど、他剤へ変更することを検討する。
  • 2.貧血傾向は、抗菌薬投与による腎機能障害から来る、腎性貧血であるため、医師と相談し、腎性貧血の治療を実施してもらう。
  • 3.LZDは臓器移行性が最も良いため、白血球減少や血小板減少、貧血に対し治療を行いながら使い続ける。
  • 4.解熱と炎症所見も改善していることから、抗菌薬を中止とし経過を見る。
今日のクイズに挑戦!