1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 英国看護協会会長が大英帝国勲章(CBE)を受章

2017年05月20日

英国看護協会会長が大英帝国勲章(CBE)を受章

Royal College of Nursing(英国看護協会)の会長セシリア・アニム氏が、2017年新年の授賞で大英帝国勲章(CBE)を与えられました。英国看護協会のホームページから、アニム氏の功績をご紹介します。

 

 

大英帝国勲章(CBE)とは?

大英帝国勲章はイギリスの勲章の一つですが、イギリス国籍を有している人に限らず、経済、文化、芸能、スポーツ、奉仕活動といった、さまざまな分野で功績を残した世界中の一般市民に与えられるものです。

 

この勲章には5つのランクが設けられています。アニム氏が今回、送られたのは、5つのランクのうち、上から3番目のコマンダー(Commander of the Most Excellent Order of the British Empire;CBE)という勲章です。過去に、このコマンダーを授与された著名人としては、歌手のエルトン・ジョン氏、iPhoneなど現在のアップル製品の最高デザイン責任者ジョナサン・アイブ氏などが挙げられます。アニム氏は、これらの世界的な著名人と同位の勲章を、看護師としての功績が認められたことによって授与されたのです。

 

アニム氏の功績

英国看護協会の総書記・最高責任者であるジャネット・デービス氏は、彼女の功績について「アニム氏は私たちの模範となる人物で、National Health Service(国民保健サービス)を鼓舞してくれる人物です」と称賛しています。「彼女は最高の看護を体現してくれました。今回の受章は素晴らしき名誉で、彼女が看護職として成し遂げてきたすべてに対して、勲章が贈られたのです」と話します。

 

アニム氏は1977年にイギリスの看護師の資格を取得するまでは、ガーナにて助産師として活躍していました。イギリスで看護師として働くようになってからは、性の健康(セクシャルヘルス)の分野の専門家として熱心に活動を行いました。彼女は、30年以上もの間、彼女の専門性を生かして英国看護協会のために尽くしてきました。このような長年にわたる働きと、2014年からの黒人初の協会会長としての働きが評価され、今回、勲章を与えられたのです。

 

日本でも、科学技術分野における発明・発見や、学術およびスポーツ・芸術文化分野における優れた業績を挙げた人に贈られる紫綬褒章などを受章している看護師の方々がいらっしゃいます。それぞれの国で、看護職の素晴らしさとその功績を、より社会に向けて訴えていく必要があるのではないでしょうか?

 

(文):A.Brunner

(参考):
RCN President honoured with CBE(RCN)

英国の意外な受勲者たち(ニュースダイジェスト)

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(0)

関連記事

いちおし記事

リアル・コードブルーを直撃取材!

フライトナースは「診断なし、情報なし」の現場で処置を行うプロ。 [ 記事を読む ]

ヒアリに刺されたらどうなる!?

何かと話題のヒアリ。医療者が知っておきたいポイントは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

仕事以外で、1日どのくらい歩いている?

投票数:
615
実施期間:
2017年06月30日 2017年07月21日

出勤前のメイクにどのくらい時間かける?

投票数:
627
実施期間:
2017年07月04日 2017年07月25日

どの職種の制服が好き?

投票数:
701
実施期間:
2017年07月07日 2017年07月28日

髪の長さを変えるとしたらどのくらい?

投票数:
569
実施期間:
2017年07月11日 2017年08月01日

夜勤明け、まず何をする?

投票数:
552
実施期間:
2017年07月14日 2017年08月04日

かかりつけ医はいる?

投票数:
376
実施期間:
2017年07月18日 2017年08月08日

一週間休みがあれば何する?

投票数:
135
実施期間:
2017年07月21日 2017年08月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2709

胃がんで入院していたAさんは終末期を迎え、担当医の見立てでは予後は1カ月以下だろうということでした。Aさんは体力が低下し、寝たきりの状態であり、食欲も低下し、思うように食べられなくなっています。家族も食事を摂取できないことを心配しています。Aさんに対する終末期のケアで適切なのはどれでしょうか?

  • 1.終末期の食事では、味わうことよりも栄養を重視した食事摂取ができるようサポートする。
  • 2.栄養摂取ができていないため、高カロリー輸液を検討する。
  • 3.好きな時間に好きなものを食べられるよう配慮する。
  • 4.食事摂取の意欲を高めるため、家族には積極的に声を掛けてもらう。
今日のクイズに挑戦!