1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. マンガ・ブランク16年の私が看護師に復帰した話>
  4. ブランク16年の私でも復帰できた!|マンガ・ブランク16年の私が看護師に復帰した話【9】

2017年04月23日

ブランク16年の私でも復帰できた!|マンガ・ブランク16年の私が看護師に復帰した話【9】

これまでの話

ブランク16年を経て、ついに看護師復帰を果たした、私(マンガ家)。
出勤初日は、介護施設スタッフのフランクさに戸惑いを隠せなかったが…

初出勤から二日目。訪問看護に同行することになりました。そもそも取材で訪問看護にあこがれたのがきっかけで復職した私。ついに訪問看護!と気合も入ります。でも次回からは一人で行かなくてはならないので、「道を覚えなきゃ…手順を頭に入れて…」と必死!

訪問看護はとにかくやることが多い。血尿があれば膀洗・胃ろうのケア・オムツ交換・摘便…。物品のある場所も覚えたり、ご家族にお話を伺ったり。私にできるかな?と不安になっても、「やらなくてはならないのです!」と帰ってメモを見直します。誰だって最初は新人!できないことから逃げていたら何もできないのです。

最初は患者さんの移乗も慣れなかった。拘縮で脇に手が入らない患者さんや、身長の高い男性もいたりして、再就職セミナーでやった実習と現場は大違い。腰は痛いし、筋肉痛。心配してくれた長女は、私が仕事で不在なのをいいことにまったく勉強せず、成績がた落ちしたり…うまくいかないのが人生…

でも、ここは介護施設…「移乗大変なら手伝いますよ」「広田さん入浴手伝ってくれてありがとう~」という優しい人たちが多い。初めはタメぐちに戸惑いましたが、彼らはとてもフレンドリーで皆にしょっちゅう声掛けしている。患者さんはよそよそしくされるより、その方が嬉しいのかもしれませんね。でも私はやっぱり抵抗があり、今でもほぼ敬語です。

そうこうしているうちに、三ヶ月の契約期間が迫っていて、「そろそろ就職するか決めてください」と紹介センターの担当さんから電話があったりしました。実は私は事務長から「契約更新してください。週に二日でもいいので」とうようなありがたいオファーをいただいていました。正直一ヶ月もすると体もなれ、ムクムクと現役時代のテキパキが戻ってきました。でも介護施設のナースは一人で判断し決断しなくてはならないので不安もありました。そんなある日、カルテ記入中に「広田さん来て!」と大きな声で呼ばれ…。

何事かと駆けつけたら、ご飯を勢いよく食べていた患者さんが喉を詰まらせてしまっていました。食べ物は掻き出せないところにあり、背中叩打法もダメ、立たせてからのハイムリッヒを試しても効果がありません。全身チアノーゼで意識もなくなってきて…

「こうなったら掃除機持ってきて!」へっとを取って口に宛てて吸い出し始めると、スポンっと詰まっていたものがとれて意識が戻ってきました。みんなほっと一息

本当は、肺を傷つけたり感染の恐れがあるので、掃除機で吸ってはいけません。とにかく死ぬのは免れました。スタッフさんも「看護師さんのいる時間でよかったー」とねぎらってくれました。ひとりでは介護も看護もできないよね…と再確認。それはそうと、看護師としては、御家族への対応、ドクターの診察、これからの食事方法の提案…とやることがいっぱい。

正男さんも無事肺炎を起こすこともなく良好な経過。私でも何とかなった、と自信になりました。そして正式に就職先決定。週一くらいしかできないんですけどね…。紹介セミナーの担当さんが「他にも単発の仕事で一日だけなんていう仕事もありますよ」というので、や訪問入浴やデイサービスだけの施設・イベントの救護などやってみました。

看護師って資格があるだけでこんなにも世界が広がるんだ。患者さん、スタッフさん、紹介行の方々といろんな人と出会いもありました。ブランク16年でも復帰してよかった!今回でこの連載は終わりますが、これからもなるべく看護師は続けていき、皆さんの声や現場の状況等、漫画家として伝えていけたらと思っています!

おまけ。夫から「おまえ外に働きに出てよかったなー、なんか…グチが減ったな」といわれてみて、思わぬ恩恵が。家に一人でいると鬱々と考え込んじゃうことも…外に行くと無理やりでも笑顔に!PTAやスポーツ少年団で色々尽力したわりに、ありがとうなんていわれなかったのに、今はありがとうの嵐。てなわけで可能ならば外で働くのオススメ!看護師の資格があるなら特に!

 

【著者プロフィール】

広田奈都美(ひろた・なつみ) HP

漫画家・看護師。某地方総合病院にて勤務後、漫画家としてデビュー。著書は「僕達のアンナ」(集英社)、「お兄ちゃんがコンプレックス」、「ママの味・芝田里枝の魔法のおかわりレシピ」(秋田書店)他。

この連載

  • ブランク16年の私でも復帰できた! [04/23up]

    (これまでの話) ブランク16年を経て、ついに看護師復帰を果たした、私(マンガ家)。 出勤初日は、介護施設スタッフのフランクさに戸惑いを隠せなかったが… ...

  • 初出勤!16年ぶりのナースのお仕事 [04/09up]

    (これまでの話) 漫画家歴20年の私。実は看護師免許も持っている。 友人(ナース)との話がきっかけで、16年のブランクを経て看護師への復職をめざすことに!? 復職セミナーへの参加、転職サイトへの登録、そしてド緊張の面接を経... [ 記事を読む ]

  • 面談(面接)しました! [03/22up]

    ブランク16年の私が看護師に復帰した話【第7話】 (これまでの話)漫画家歴20年の主人公。実は看護師免許も持っている。友人(ナース)との話がきっかけで、16年のブランクを経て看護師への復職をめざすことに!? 今回は前回紹介さ... [ 記事を読む ]

  • いよいよ再就職!面接(面談)へ! [03/02up]

    ブランク16年の私が看護師に復帰した話【第6話】     【著者プロフィール】 広田奈都美(ひろた・なつみ) HP 漫画家・看護師。某地方総合病院にて勤務後、... [ 記事を読む ]

  • いざ復職セミナーへ② [02/10up]

    ブランク16年の私が看護師に復帰した話【第5話】   【著者プロフィール】 広田奈都美(ひろた・なつみ) HP 漫画家・看護師。某地方総合病院にて勤務後、漫... [ 記事を読む ]

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(3)

3あさひ2017年05月19日 22時38分

広田先生のファンです。マンガ全部持っています!
(未掲載のマンガも単行本化してほしいです!)
看護師のお仕事本当に大変だと思いますが・・またぜひ書いてください!私も首を長くして待っています!

2匿名2017年04月24日 12時59分

連載終わりなんて、、、また首を長くして待ってます!

1匿名2017年04月23日 21時18分

とうとう終わってしまった。いつも楽しみにしてました! また楽しい連載お願いします

関連記事

いちおし記事

「ぼくねぇ、もうすぐ死ぬんだ…」にどう答える?

マンガ『おうちで死にたい~訪問看護の現場から~』の続編です。 [ 記事を読む ]

褥瘡の悪化を防ぐのに最適なポジショニングは?

褥瘡発生原因のアセスメントから「動きの過程」と「座位の保持」を評価した上でどのようなポジショニングがベストかを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

上司に怒りを感じるのはどんなとき?

投票数:
1489
実施期間:
2017年10月31日 2017年11月21日

なかなか寝られないとき、どうしてる?

投票数:
606
実施期間:
2017年11月03日 2017年11月24日

看護師国家試験、苦手科目は?

投票数:
767
実施期間:
2017年11月07日 2017年11月28日

一番好きな医療ドラマはどれ?

投票数:
531
実施期間:
2017年11月10日 2017年12月01日

J-アラート作動(弾道ミサイル発射)!どうする?

投票数:
393
実施期間:
2017年11月14日 2017年12月05日

「こんなドクターいたらいいな…」一緒に働いてみたい俳優は?

投票数:
327
実施期間:
2017年11月17日 2017年12月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1143

78歳女性、持続する発熱と下腹部から臀部回りの痛みを訴え、老健施設より救急搬送にて来院しました。肋骨脊柱角叩打痛もあり、尿路感染症の診断で入院となりました。尿の培養は104CFU/mLであり、検鏡にてブドウ球菌様のGPCが認められ、3日後にブドウ球菌と確定しました。当初から抗菌薬としてVCMが開始とされていました。1週間以上抗菌薬を投与してもなかなか発熱も痛みも治まらず、腹部CTを撮影したところ、腸腰筋膿瘍であることが判明し、血液培養からはMRSAが検出され、臓器移行性も考えて抗菌薬をLZDに変更されました。解熱と炎症所見の改善がありましたが、投与2週間目に白血球と血小板が減少、また貧血傾向になりました。次のうち最も考えられることと行うべきことはどれでしょうか?

  • 1.白血球や血小板減少は、抗菌薬による骨髄抑制が原因と考えられるため、再度、VCMに変更するなど、他剤へ変更することを検討する。
  • 2.貧血傾向は、抗菌薬投与による腎機能障害から来る、腎性貧血であるため、医師と相談し、腎性貧血の治療を実施してもらう。
  • 3.LZDは臓器移行性が最も良いため、白血球減少や血小板減少、貧血に対し治療を行いながら使い続ける。
  • 4.解熱と炎症所見も改善していることから、抗菌薬を中止とし経過を見る。
今日のクイズに挑戦!