1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 取れない帽子|マンガ・精神科ナースになったわけ【2】

2017年05月02日

取れない帽子|マンガ・精神科ナースになったわけ【2】

ナースに会ってきた』『じたばたナース』でおなじみの水谷緑さん。
先日、精神科の現場をリアルに描いたコミックエッセイ『精神科ナースになったわけ』が発売されました。

前回に続き、2週連続で看護roo!に出張連載です!

 

入職後、毛糸の帽子の女性、総合失調症の細木さんの担当になった。夏間近だったが、細木さんは毎日帽子をかぶり汗をかいている。寝るときもずっと取らないので臭い。帽子のことは感嘆には触れない気迫だけど、「思いっきりわしわし洗いたい!」と思っていた。

師長から、盆踊りを覚えてくださいという指示があった。院内では季節感を失わないようにイベントが開かれていた。8月は盆踊り大会があるから、患者さんと踊れるようになってほしいということだった。看護師たちは皆忙しそうだったので、10年この病院にいる細木さんに聞くことを思いついた。

細木さんに盆踊りを教えてほしいとお願いすると、緊張した面持ちながら「いいけど…」と言ってくれた。マンツーマンのレッスンが始まり、見本を見せてくれながら教えてくれる。

こうだと思ってやってみても「違うってば、あなたヘタね」と教えてもらいながら、会話も続き…

教えてもらううちに細木さんは笑うようになってきた。いつも緊張した顔をしているので、つかの間の晴れ間のようでほっとする。そこで、帽子のことを聞いてみた。帽子をかぶっている理由は「脳みそが出て来るから」という細木さん。

「この人はこの人のルールで生きているんだ」教科書では妄想は否定も肯定もしてはいけないと書いてある。でも患者さんにとっては毎日物前で起こっている現実。「大変ですね…それで帽子をかぶっていたんですね。ずっとかぶってて頭はかゆくないですぁ?大丈夫ですか?」と言うと、「わかんないけど…少しあつい」という返事が。

そこで「もしよかったら、私に3分だけ時間をもらえませんか?帽子を取って3分でタオルで髪の毛をふいて、すぐ戻してみます」と提案。細木さんは少し迷っていたようだけど、コクンとうなずいてくれました。鏡の前に座ってもらい。「帽子取ります」と声をかけて、外すときビクッとする細木さんの髪の毛をタオルでわしゃわしゃふいていきます。

ずっと緊張していた細木さんに、拭き終わって帽子をかぶせ、「どうでした!?」と聞くと「出て…ない…」と一息ついた様子。肯定も否定もしないのは…目の前にいるのに無理があるよ。そして1週間後…。「細木さん、よかったら今日は、私に5分くれませんか?」と声をかけた。

「5分あればシャワーできると思って…」と提案。「この前3分なら脳みそ出ませんでしたし…」と聞くと、「いいわよ」と答えてくれました。同じ調子で7分…10分と延ばして、シャンプー・ドライヤーまでできるようになった。

おかしな行動に見えても、何か理由がある。上辺だけ見ないように、その人その人の理由を探そう。この仕事の奥深さを感じ始めた。

 

 


【著者プロフィール】

水谷緑(みずたに・みどり)

水谷緑

著書は「コミュ障は治らなくても大丈夫」(吉田尚記、水谷緑)「まどか26歳、研修医やってます!」「あたふた研修医やってます。」(KADOKAWA) 他。小学館「いぬまみれ」にて犬漫画「ワンジェーシー」連載。

HP:http://mizutanimidori.com/

 

○●新刊情報●○ 2017/04/12発売!
『精神科ナースになったわけ 』(コミックエッセイの森)

精神科ナースになったわけ

人はなぜ心を病むんだろう
普通のOLだった太田良枝は、肉親の死による悲しみで、心のコントロールが利かなくなってしまった経験から心の病に興味を持つようになり、精神科の看護師になることを決意。
ー精神科のリアルな現場を新人看護師の目線で描くコミックエッセイ

 

 

○●『じたばたナース』が本になりました!●○

2年間の連載に加えて、50P以上の描きおろし&「腐女医」さーたりさんからの寄稿を含むオリジナルコラムも掲載しました。

Amazonや各書店で好評発売中です。

 

『じたばたナース 4年目看護師の奮闘日記』(KADOKAWA)

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(11)

11匿名2019年05月10日 16時09分

脳みそが出てくるというルールがあると動きがゆっくりなのも常に緊張しているのもなるほどと(安易に決定は出来ませんが)思いますね。最後が帽子が置かれてるコマなのは快方の兆しだといいな

10家野2019年04月09日 18時51分

面白くて素敵ですね。

なんか胸に沁みるものがある。なんでだろう。

9匿名2018年10月16日 01時47分

精神科に限らずいつも使うコミュニケーションスキルの基本!

8マシュー2017年05月05日 16時28分

帽子以外はとても穏やかで、優しい方なのに、何が彼女の精神が病んでしまったのかな。ナースさんの配慮がとても優しくて、穏やかになれますね。泣

7匿名さん2017年05月04日 01時53分

憧れるなあ。私も精神科ナース。頑張ります。

6匿名2017年05月03日 22時56分

素敵な話ですね。看護してるって感じです。

5ひぃ2017年05月03日 20時54分

うちの職場にも帽子をかぶったままの方がいますが、その方は髪が薄くなったのを気にされて、入浴時も私たちの前でさえも帽子を外しません。
このマンガを読み、このような介入もあるのだな…と勉強になりました。

4匿名2017年05月03日 09時04分

受け入れてあげた上で、一緒にやっていく、って大切ですよね。

3カンゴガクセイ2017年05月02日 19時30分

この話とても好きです

2ハッピィ2017年05月02日 16時57分

あら探しではなく、その人の理由を探す、想いを理解する。むずかしいかもしれないけど、たいせつだと思いました。

1匿名2017年05月02日 16時36分

なるほど

関連記事

いちおし記事

モジャ先生との優しい時間|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌(104)

「相談したいことがある」とモジャ先生を食事に誘ったもも子は… [ 記事を読む ]

リフィーディング現象ってなんだっけ?

場合によっては不整脈や心不全を引き起こすことも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

思わずほっこりした「ナースコール」はある?

投票数:
1273
実施期間:
2019年09月27日 2019年10月18日

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1284
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1166
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1020
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
870
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
377
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者718

◆皮膚ケアの問題◆80歳代男性Aさん。右大腿骨頸部骨折のため入院となりました。観血的整復固定術が行われ、現在のADLは、体動はゆっくりではありますが、介助があれば車いすへの移動が可能です。ベッド上での自力での体位変換は不十分な状態です。Aさんの褥瘡予防ケアについて、適正なケアはどれでしょうか?

  • 1.手術後よりリスクアセスメント・スケールを用いて、褥瘡の評価を行った。
  • 2.現在もベッド上での自力での体位変換が不十分なため、体圧分散寝具の使用や体位変換介助を継続した。
  • 3.車いすに乗るときは、円座(ドーナッツ状クッション)を使用するよう伝えた。
  • 4.仙骨部などの骨突出部にマッサージを行った。
今日のクイズに挑戦!