1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. マンガ・ナースに会ってきた>
  4. ドラマ以上にドラマチック!救急外来は人の生きざまが見える現場(前編)|ナースに会ってきた【6】

2017年04月12日

ドラマ以上にドラマチック!救急外来は人の生きざまが見える現場(前編)|ナースに会ってきた【6】

今回お会いしたのは、救急外来で働くベテランナース皐月さん。
やりがいは「回復した患者さんが歩いている姿を見れること」と語る、その背景は?

『ナースに会ってきた』

 

vol.6 ドラマ以上にドラマチック!救急外来は人の生きざまが見える現場(前編)

救急外来に15年携わるベテランナースの皐月さん(40代)。今回は皐月さんの救急に対する思いをお聞きします。救急にはこんなイメージがあります。1、スピーディ。2、本物の患者さん(救急で診るべき重症な人)を見落とさないようにするのが大変そう。3、患者さんとのコミュニケーションが少なそう(振り分ける導入部だから)。実際はどういうところがやりがいでしょうか?やってて良かったことと、印象に残っていることを伺いました。

印象に残っていること。「赤ちゃんが赤ちゃんになる瞬間」妊婦の方で救急車で病院に着いた途端、赤ちゃんが羊膜ごと出て生まれてしまったことがあります。空豆みたいな形の半透明の膜に赤ちゃんが丸まって入っているんです。産科の先生すら診たことがない状況に、みんな一瞬固まりました。産科の先生が羊膜から出し、小児科の先生が刺激したら、生まれて初めて空気を吸って…

青紫だった赤ちゃんがぶぁーっと赤くなったんです。「赤」ちゃん…本当に「赤ちゃん」なんだ!と感動しました。普通では死んでしまうような人が息を吹き返し歩いているというのを見るのは病棟で「ありがとう」といわれるよりやりがいがあります。確かに普通に生きていたら立ち会えない尊い瞬間です。そこで次の質問をしました。不謹慎かもしれないですけど…そういう体験をした後って「やりきった感」はありませんか?緊張感とスリルがたまらないというか、と聞くと「あります!ちょっとアドレナリンが出たほうが楽しいです。基本的にそういうのがすきなんですよね。だから救急をやってられるんだとおもいます」と答えてくれました。

ー次週、【後編】に続きます。救急外来で交錯する人間ドラマをお楽しみに!

 


【著者プロフィール】

水谷緑(みずたに・みどり)

水谷緑

著書は「コミュ障は治らなくても大丈夫」(吉田尚記、水谷緑)「まどか26歳、研修医やってます!」「あたふた研修医やってます。」(KADOKAWA) 他。小学館「いぬまみれ」にて犬漫画「ワンジェーシー」連載。

HP:http://mizutanimidori.com/

 

○●新刊情報●○ 2017/04/12発売!
『精神科ナースになったわけ 』(コミックエッセイの森)

精神科ナースになったわけ

人はなぜ心を病むんだろう
普通のOLだった太田良枝は、肉親の死による悲しみで、心のコントロールが利かなくなってしまった経験から心の病に興味を持つようになり、精神科の看護師になることを決意。
ー精神科のリアルな現場を新人看護師の目線で描くコミックエッセイ

 

 

○●『じたばたナース』が本になりました!●○

2年間の連載に加えて、50P以上の描きおろし&「腐女医」さーたりさんからの寄稿を含むオリジナルコラムも掲載しました。

Amazonや各書店で好評発売中です。

 

『じたばたナース 4年目看護師の奮闘日記』(KADOKAWA)

この連載

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(4)

4匿名2017年04月16日 22時36分

救急は凄いです。

3匿名2017年04月16日 20時42分

生命の誕生っていいですね。

2匿名2017年04月13日 22時01分

幸帽児だっけな。コウノドリでやってたね。
赤ちゃんかわええ。

1匿名2017年04月13日 12時46分

救外スゴいなー!

関連記事

いちおし記事

「ぼくねぇ、もうすぐ死ぬんだ…」にどう答える?

マンガ『おうちで死にたい~訪問看護の現場から~』の続編です。 [ 記事を読む ]

褥瘡の悪化を防ぐのに最適なポジショニングは?

褥瘡発生原因のアセスメントから「動きの過程」と「座位の保持」を評価した上でどのようなポジショニングがベストかを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

上司に怒りを感じるのはどんなとき?

投票数:
1489
実施期間:
2017年10月31日 2017年11月21日

なかなか寝られないとき、どうしてる?

投票数:
606
実施期間:
2017年11月03日 2017年11月24日

看護師国家試験、苦手科目は?

投票数:
767
実施期間:
2017年11月07日 2017年11月28日

一番好きな医療ドラマはどれ?

投票数:
531
実施期間:
2017年11月10日 2017年12月01日

J-アラート作動(弾道ミサイル発射)!どうする?

投票数:
393
実施期間:
2017年11月14日 2017年12月05日

「こんなドクターいたらいいな…」一緒に働いてみたい俳優は?

投票数:
318
実施期間:
2017年11月17日 2017年12月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1102

78歳女性、持続する発熱と下腹部から臀部回りの痛みを訴え、老健施設より救急搬送にて来院しました。肋骨脊柱角叩打痛もあり、尿路感染症の診断で入院となりました。尿の培養は104CFU/mLであり、検鏡にてブドウ球菌様のGPCが認められ、3日後にブドウ球菌と確定しました。当初から抗菌薬としてVCMが開始とされていました。1週間以上抗菌薬を投与してもなかなか発熱も痛みも治まらず、腹部CTを撮影したところ、腸腰筋膿瘍であることが判明し、血液培養からはMRSAが検出され、臓器移行性も考えて抗菌薬をLZDに変更されました。解熱と炎症所見の改善がありましたが、投与2週間目に白血球と血小板が減少、また貧血傾向になりました。次のうち最も考えられることと行うべきことはどれでしょうか?

  • 1.白血球や血小板減少は、抗菌薬による骨髄抑制が原因と考えられるため、再度、VCMに変更するなど、他剤へ変更することを検討する。
  • 2.貧血傾向は、抗菌薬投与による腎機能障害から来る、腎性貧血であるため、医師と相談し、腎性貧血の治療を実施してもらう。
  • 3.LZDは臓器移行性が最も良いため、白血球減少や血小板減少、貧血に対し治療を行いながら使い続ける。
  • 4.解熱と炎症所見も改善していることから、抗菌薬を中止とし経過を見る。
今日のクイズに挑戦!