1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 病院で挙式!花嫁を号泣させた看護師たちの粋な計らいとは?

2017年03月28日

病院で挙式!花嫁を号泣させた看護師たちの粋な計らいとは?

「赤毛のアン」で有名な、カナダのプリンス・エドワード島で、1日に2度結婚式を挙げたカップルがいます。そのうちの1回の結婚式は、病院で行われました。新婦とその母親にとって、ひときわ感慨深いものとなったその式の陰には、看護師たちの粋な計らいがありました。

 

 

結婚式目前の事故

結婚式を2日後に控えた2016年8月、新婦ロビン・ホヘイゼルさんの母親が、交通事故に遭い集中治療室へと運ばれました。幸い、一命をとりとめたものの、ホヘイゼルさんは、母親がいない式など考えられないと、結婚式の延期を考えました。しかし、母親は予定通り式を挙げるようにと言って聞きません。どうしたものかと、ホヘイゼルさんは婚約者のクリス・ウィークスさんと2人で悩みました。

 

友人の提案から病院での挙式へ

「病院で式を挙げてはどうか」という友人の提案を受けて、ホヘイゼルさんは病院へ、どうしても母親の目の前で結婚式を挙げたいと事情を説明しました。そして、予定している結婚式場へ向かう前に、母の病室に牧師を呼んで、簡単な結婚式を挙げさせてもらえないかとお願いしたところ、その病院の看護師から快い返事が返ってきたのです。「その返事を聞いて、まるで子どものように泣いてしまいました」とホヘイゼルさん。

そして当日、病院で目にしたものは、二人の想像を超える演出だったのです。

 

嬉しいサプライズ

二人が結婚式を挙げにやって来ることを伝えられた看護師たちは、式を特別なものにしたいと考えました。「同じような状況にあれば、誰しも母親には結婚式に立ち会ってほしいと思うはずです」と、看護師のアリソン・リカードさんは話します。看護師たちは、ホヘイゼルさんの母親を3人がかりで病院の中庭へと運び出しました。

 

「病室でできることは限られています。そこで、病院の小さな中庭を式場にすることで、少しでも特別感のある式にしてあげたいと考えたのです。本当の結婚式を挙げているかのように感じてもらえれば、患者と家族の暗く沈んだ最悪の日を、ちょっと素敵な1日に変えられるのではないかと思いました」と語るリカードさんらが演出した中庭には、花が生けられたメイソンジャーが並び、小さな橋はチュールやリボンでかわいらしく飾られていました。そんな光景を目にしたホヘイゼルさんは感動のあまり号泣。入院中の母親に無事、花嫁姿を見せることができた彼女は、午後の式も心から楽しめたといいます。

 

暗く沈んだ日になり得た1日が、看護師たちの細やかな心配りによって、見事感慨深い素晴らしい1日へと変わったのです。これも「看護」の力だと思いませんか?

 

(文):木村佳織

(参考):Hospital wedding extra special thanks to nurses(CBC)

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(2)

2匿名2017年03月28日 14時09分

こういうプラスアルファ何かができるようになれたらいいな~

1匿名2017年03月28日 07時52分

泣けます

関連記事

いちおし記事

曜日感覚|マンガ・ぴんとこなーす【285】

シフトで働くナースあるある?あなたはどう? [ 記事を読む ]

今知っておきたい!肺炎ケアのポイント

肺炎の原因別分類やおもな症状から、治療やケアまで、肺炎のキホンを解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

あなたが恋に落ちた瞬間♡教えてください

投票数:
1591
実施期間:
2020年02月07日 2020年02月28日

バレンタイン、チョコ以外になにかプレゼントあげる?

投票数:
1508
実施期間:
2020年02月11日 2020年03月03日

国試直前!言っちゃえ合格宣言&エール!

投票数:
1374
実施期間:
2020年02月14日 2020年03月06日

国試の問題、難しかった?

投票数:
1267
実施期間:
2020年02月18日 2020年03月10日

病院にいたらいいなぁと思うポケモンは?

投票数:
1091
実施期間:
2020年02月21日 2020年03月13日

切ない別れのエピソード大募集!

投票数:
716
実施期間:
2020年02月25日 2020年03月17日
もっと見る