1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. ぴんとこなーす>
  4. あの頃の私(3)~新人さんに捧げる長編|マンガ・ぴんとこなーす【35】

2017年05月15日

あの頃の私(3)~新人さんに捧げる長編|マンガ・ぴんとこなーす【35】

ナスさんが語る、新人時代の第3話。(▶1話2話

今も忘れられない、初めての急変。
「向いてない」と落ち込む日々の中で先輩にかけられた言葉とは・・・?

 

どんなにつらくても続けていくうちに気づけることもありました。「○○さん、少し様子がいつもと違う気がして…」とナスさんが先輩に報告。結局状態が急変して就職して初めての急変対応、緊急手術の用意となりました。ナスさんは初めてだらけで、すべて先輩に指示を出してもらって対応しました。

緊張と疲れでネガティブになって、やっぱり向いてないのかな…と悩んでいたら、先輩がやってきて「ちょっとナスさん」と声をかけてきました。「すいませんっ!」と謝ったナスさんに、先輩は「何謝ってんの?なんかあったの?」と言ってきて。「何言ってんの、急変したのはナスさんのせいじゃないでしょ。給じぇん対応初めてで、できなくて当たり前よ。それより…」

先輩はナスさんに言います。「異常を発見して報告できたこと!ナイスだったわ!なんか変って、私に報告できたことがグッドだったのよ。」「状態がいつもと違う、それが怖いって思えることが、看護師にはとても大事なことなの!だから今日のあなたの行動は合格よ!」

「自信持ちなさい、ずいぶん成長できてるのよ」普段きついことばかり言われるけど、それだけこの人は私のこと見てくれてるんだなぁ。こんな言葉で嬉しくなっちゃう自分はすごくちょろいと思うけど、「出来た」って認めてもらえたことがすごく嬉しくて、成長できてるって実感できて…。辞めたくて仕方ないのに、まだ少し続けてみようかなって気持ちになる。ああいう看護師になりたいって思ってしまう。やっぱすごいな…先輩

あれから十数年。私も当時の先輩の年齢を追い抜きました。ああ先輩、あなたはどうしてあんなに何でもできたんですか?それとも先輩もウラでこっそり調べていたのですか?あの頃の先輩の年齢に追いついても近づけた気がまるでしません。そして未だに思います。先輩、助けてくださいと…

あの頃の私~新人さんに捧げる長編(完)

 


【著者プロフィール】

ぷろぺら(@puropera44

現役で病棟看護師やってます
ぴんとこなーすをどうぞよろしくお願いします!

Twitter[https://twitter.com/puropera44

この連載

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(13)

13りんご2017年07月14日 00時35分

私も昔を思い出しました。厳しくて過呼吸まで起こしてしまったほどだけど、最後はきちんと認めてくれた先輩。初心を思い出すことが出来ました。

12コハク2017年06月28日 16時54分

RTで見かけてまた読み直しに来ちゃいました…
あー泣ける …見てくれてる先輩って、本当にハート鷲掴みにされますよね…ヽ(;▽;)ノ
品川の道端で空を見上げて涙をこらえてる人がいたらそれは私です

11かずちゃん2017年05月18日 06時58分

心電図が読めないなんてはずかしい。でもなんかへん?
を大切にしたい。うるうるしましたよ!

10りくりん2017年05月16日 21時51分

すごく感動しました😭 アソシエイトの先輩のこと思い出した。
厳しくも優しい先輩でした😍 初心は忘れたらいけないなぁ☺️

9匿名2017年05月16日 07時36分

電車なのに...うるうるしてしまう(*_*)
朝から心に染みる。初心を思い出します。
よし!今日も1日頑張るぞ!

8匿名2017年05月15日 22時51分

最近同じような状況で異常見抜けなくて基礎疾患を再発させてしまいました。
落ち込んだ後に怖くなりました。
もし重症疾患だったら…

厳しく指導されることはありがたいことなんですね。

7匿名2017年05月15日 22時29分

私はなすさんよりも年上かもしれないけれど、新人時代の追いかけても追い抜けない先輩のことを思い出してちょっと泣けました。

6匿名2017年05月15日 20時15分

ナスさんは幸せ者だなぁ

5匿名2017年05月15日 14時05分

こういう先輩に出会えた看護師は、絶対に良い看護師になれる。
私も新人の時出会えた。幸せだと思う。

4匿名2017年05月15日 12時39分

なんか 思い出して泣けた

3匿名2017年05月15日 12時08分

なんだろう
なんで泣けちゃうのかな。

2ぽみりん2017年05月15日 07時51分

昔を思い出して、ウルウルしてしまいました( TДT)

1イソラ2017年05月15日 06時08分

ああ、なんか感動。心に染みるお話しありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします❤️

関連記事

いちおし記事

どうなった?看護師と医師の恋愛

最終話公開中!これまでのお話をおさらいしたうえで読んでみてください! [ 記事を読む ]

喀血と吐血、違いをきちんと理解できてる?

「吐血」は上部消化管からの出血、では、「喀血」はどこからの出血でしょうか?吐血と喀血の違いのほか、下血の観察ポイントも解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

なかなか寝られないとき、どうしてる?

投票数:
645
実施期間:
2017年11月03日 2017年11月24日

看護師国家試験、苦手科目は?

投票数:
824
実施期間:
2017年11月07日 2017年11月28日

一番好きな医療ドラマはどれ?

投票数:
599
実施期間:
2017年11月10日 2017年12月01日

J-アラート作動(弾道ミサイル発射)!どうする?

投票数:
482
実施期間:
2017年11月14日 2017年12月05日

「こんなドクターいたらいいな…」一緒に働いてみたい俳優は?

投票数:
788
実施期間:
2017年11月17日 2017年12月08日

キラキラ女子を見たくない!?一番キライなSNSは?

投票数:
300
実施期間:
2017年11月21日 2017年12月12日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2879

75歳女性のAさんは、小脳出血発症後、誤嚥性肺炎を繰り返し、気管切開を施行しています。ADLは全介助の状態でした。嚥下障害に対して声門閉鎖術を施行し、経口摂取が可能となりました。現在、刻み食を全量摂取しています。今後、在宅での生活へ移行する際に、永久気管孔の管理についてご家族への指導として適切ではないものはどれでしょうか?

  • 1.気管孔をガーゼなどで保護し、乾燥を防ぐ。
  • 2.シャワー浴や入浴は通常通りしてもよい。
  • 3.排便コントロールを行う。
  • 4.痰が出やすいので、気管孔周囲を清潔に保つ。
今日のクイズに挑戦!