1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. ぴんとこなーす>
  4. あの頃の私(1)~新人さんに捧げる長編|マンガ・ぴんとこなーす【33】

2017年05月13日

あの頃の私(1)~新人さんに捧げる長編|マンガ・ぴんとこなーす【33】

ナスさんが語る『あの頃の私』。
今日もくちびるを噛み締めて頑張っている、新人のアナタに捧げます!

休憩室とかカンファレンス室には時々なく新人が出る。ナスさんが来たことに気づくと、必死に奥を向いて涙をひっこめます。ナスさんも経験したことがあるのか訳知り顔で「赤くなるからこするなよー」といいつつ、内心では今度ご飯連れてってやろと思うのでした。『時にはほっといてほしい時もある』

あの頃の私(1)~新人さんに捧げる長編

新人看護師にとって先輩というのは時として神様のような存在であり、職人のような側面がある看護師にとって、先輩の背中は見て育つものなのです。ナースの教育法としてプリセプター制度とかパートナーシップとか、要するに新人のことを把握する先輩と二人一組で行動するのがスタンダードです。ナスさんが一年目の頃はとにかく縦社会を徹底されました。「故に自分は犬くらいに思っていれば楽ー!」とはナスさん談。それだけに先輩はなんでもできるスーパーマンに見えてとても憧れました。

1年目の頃はとにかく先輩について歩いて、何をしているのか、どうやって動いているのか、見るものすべてを学びます。1年目ナスさん、ついていこうとするも先輩の足がはやい!最初はついていくことの困難。

 

毎日受け持ちの先輩がいる訳ではないので、違う先輩につくことももちろんあります。ナスさんがきちんと挨拶しても、そっけない先輩も。中には新人嫌いって人もいますとも

ただ指示系統が統一されていないと、ダブルバインドが結構しょっちゅうあって戸惑います(本来絶対やってはいけないこと)。例えば、フォローではない先輩から「ナスさん先生からオーダー飛んできてるからこういうのは優先して処理してね」と言われたのに、別のときに「そんなの先にやることじゃないでしょ!優先順位考えてください!」と怒られてしまったり。ただ謝るしかできません。

次回(明日公開)に続きます!

 


【著者プロフィール】

ぷろぺら(@puropera44

現役で病棟看護師やってます
ぴんとこなーすをどうぞよろしくお願いします!

Twitter[https://twitter.com/puropera44

この連載

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(19)

19匿名さん2018年05月25日 00時34分

ダブルバインドとか、右も左も知らないし、どんな職員たちと仕事するのかもわからない中でそれをされると、凹むし辛い。
特に新人の頃は。
それを上手くフォロー出来る人になりたいなぁ

18匿名2018年03月27日 20時14分

11さんみたいに最近のゆとりは〜とか偏見持ってる人とは働きたくないですね

17匿名2018年03月15日 09時45分

我慢しろってまじで言ってるのかな、、。組織として問題だし、ちゃんと意見言った最近のゆとりの子は強いと思う。自分たちが正しいんだから我慢しろみたいなこと言う人と働きたくないわ〜。

16匿名2018年03月15日 09時39分

解る

15匿名2018年01月25日 21時10分

人によって言うこと違うので苦労してます。そういう時は雰囲気を察して、言われた人の中でも上の人にしたがってやってと言われました。
暗黙の了解が多くてしんどいです。

14匿名2017年07月02日 00時05分

最近のゆとりは〜〜って書いてる人いるけど、それを我慢で済ませてはいけないのでは??

13コマネチ2017年05月14日 02時48分

あるわ~。
なんかしらんけど、自分なりのルールで動く人多いよね、この業界。

12匿名2017年05月13日 22時22分

めっちゃある…ダブルバインドのせいで何度泣かされたか…

11匿名2017年05月13日 20時49分

最近のゆとりはそういう事があると直ぐに『いってること違って困るんですけど?なんで違うんですか?一緒にしてください。別々のこと言われても出来ません!!』って切れてくる
我慢って知らんのかーい!!

10メン2017年05月13日 19時16分

ありすぎて、胃が痛くなったなー

9イソラ2017年05月13日 18時46分

懐かしい、そしてあるある。初心忘れるべからずですなあ。

8くろ2017年05月13日 18時04分

あるある…

7のん2017年05月13日 16時39分

どこの職場もあるある

6匿名2017年05月13日 12時22分

確実にあるある〜

5匿名2017年05月13日 11時32分

あるある

4匿名2017年05月13日 11時19分

あるある〜

3匿名2017年05月13日 09時06分

あるあるあるある

2匿名2017年05月13日 08時43分

あるある

1匿名2017年05月13日 07時28分

解るな

関連記事

いちおし記事

寄り添う看護

みなさんが思う「患者さんに寄り添う看護」はどんなもの? [ 記事を読む ]

ドレーンの種類と管理方法

ドレーン排液の異常や固定部のずれ、ゆるみの有無を観察しましょう! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護や医療系の1日セミナー、いくらまでなら自腹で参加費を支払う?

投票数:
1155
実施期間:
2018年11月23日 2018年12月14日

看護師辞めようかと思うほどに怖かったインシデント、経験ある?

投票数:
1020
実施期間:
2018年11月27日 2018年12月18日

最初の患者さんのこと、覚えてる?

投票数:
1020
実施期間:
2018年11月29日 2018年12月20日

【クリスマス】サンタにお願いしたいプレゼントは?

投票数:
1071
実施期間:
2018年11月30日 2018年12月21日

人生で一番号泣した作品は?

投票数:
936
実施期間:
2018年12月04日 2018年12月25日

感情を一生出せないとしたらどれが一番つらい?

投票数:
856
実施期間:
2018年12月07日 2018年12月28日

安楽死に賛成?反対?

投票数:
503
実施期間:
2018年12月11日 2019年01月01日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2128

30代女性のAさん。硬膜外麻酔併用の全身麻酔下手術で子宮筋腫摘出術を受けました。術後の鎮痛目的で硬膜外カテーテルから0.2%アナペイン®を持続的に投与しています。Aさんは、術後より悪心を強く訴えています。Aさんへの対応として、誤っているものはどれでしょうか?

  • 1.制吐薬の使用
  • 2.硬膜外麻酔の中止
  • 3.血圧の測定
  • 4.腸雑音の聴診
今日のクイズに挑戦!