1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 1万人分以上が埋まらないロンドンの看護師求人枠 深刻な看護師不足の背景と対策

2017年03月04日

1万人分以上が埋まらないロンドンの看護師求人枠 深刻な看護師不足の背景と対策

日本でも看護師不足のニュースを耳にしますが、イギリスの首都ロンドンでは、2015年の看護師求人枠のうち、1万人分以上が埋まらない状態にあったといいます。ロンドンの状況から、日本での対策のヒントは見つかるでしょうか?

 

 

年々悪化していく看護師不足

ロンドンでの看護師不足の状態が年々悪化していることは、英国看護協会(Royal College of Nursing;RCN)の調査にはっきりと表れています。

 

調査では、必要とされている看護師の数に対する不足人員数の割合が、2013年に11%、2014年は14%、2015年には17%と年々高くなってきています。イギリス全体での2015年平均は10%となっており、ロンドンの看護師不足はとりわけ深刻であるといえるでしょう。

 

看護師不足の2つの要因

イギリス保健省は、ロンドンでは看護師の数が1年前より1,800人増えており、RCNの調査結果には疑問があるとのことでしたが、RCNは以下の2つの要因を指摘しています。

 

1つは、かつての近視眼的な計画によって、看護師を育成する人員を削減したため、地元出身の看護師が十分に育たなかったこと。そして、もう1つの要因が、政府によって看護師の給料のベースアップが凍結されてしまっていることです。このため、看護師たちは物価の高いロンドンで暮らし働き続けるのが、ますます難しくなっています。

 

今回は、看護師不足の2つの要因のうちの1つ、看護師の人材育成に向けてロンドンで始まっている新たな活動をご紹介します。

 

看護師の確保に向けたロンドンの取り組み

看護師不足の状態は患者を危険にさらすとともに、派遣スタッフや海外からの補充人員で欠員を補充するという、費用のかかる解決法に頼ることになります。

 

このような状況を受けて、国民保健サービス(National Health Service;NHS)では、既存の看護師を保持しつつ、新しい看護師の獲得と、以前働いていた看護師たちがロンドンに戻って再び働けるような、新たな求人活動の方法を模索しています。

 

その1つが、ロンドンのベテラン看護師とともに働くことで、看護師としてのキャリアアップの道筋を革新的に構築していこうとする取り組みです。ロンドンで働く魅力をもっと高めていこうとしているのです。

 

また、看護師の養成にも力を入れており、2016年1月現在で、5万人の看護師がトレーニングを受けているとのこと。2020年までには全国に後1万もの養成機関を設置し、見習い看護師がトレーニングを受ける環境の整備が進められています。

 

これらのロンドンでの看護師のキャリアアップ、人材育成の取り組みから、人員の確保に必要なのは、その土地で生活していくのに十分な賃金の支払いだけではないことが見えてきます。働く上で重要なのはお金だけではなく、業務環境や将来性など、日本に限らずイギリスでも同じということですね。

 

(文):ナカタキョウコ

(参考):More than 10,000 nursing posts unfilled in London(BBC)

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(0)

関連記事

いちおし記事

電池切れ|マンガ・ぴんとこなーす【226】

夜勤明けあるある!夜勤ハイがずっと続くと思いきや… [ 記事を読む ]

【イラストで解説!】消化器系の解剖生理

胆汁は胆嚢から放出されます。では、胆汁を作るのはどこでしょう? [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

TV番組、毎週どれだけ録画してる?

投票数:
1289
実施期間:
2019年05月31日 2019年06月21日

院内のジンクス教えて!

投票数:
1126
実施期間:
2019年06月04日 2019年06月25日

4番目に大切な人は?

投票数:
1099
実施期間:
2019年06月07日 2019年06月28日

「採血が難しい血管」選手権!

投票数:
1023
実施期間:
2019年06月11日 2019年07月02日

勤務先にめずらしい福利厚生、ある?

投票数:
922
実施期間:
2019年06月14日 2019年07月05日

エンゼルケアどこまでやっている?

投票数:
2861
実施期間:
2019年06月18日 2019年07月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2268

過敏性腸症候群のRome Ⅲ診察基準では、「半年以上前から腹痛や腹部不快感を繰り返し、特に最近3カ月は、月のうち3日以上ある」という症状のほか、3つの項目が当てはまることとされています。下記の選択肢のうち、その3つの項目に当てはまらないものはどれでしょうか?

  • 1.腹痛や腹部不快感は、排便すると軽くなる。
  • 2.症状とともに排便の回数が増えたり減ったりする。
  • 3.症状とともに便の形状が以前と変わった(柔らかくなったり硬くなったりする)。
  • 4.症状とともに発熱のような随伴症状、もしくは血便が見られる。
今日のクイズに挑戦!