1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. マンガ・患者さまは外国人>
  4. ナース・ルミの誕生|マンガ・患者さまは外国人【9】

2017年03月26日

ナース・ルミの誕生|マンガ・患者さまは外国人【9】

マンガ・患者さまは外国人【9】

ナース・ルミの誕生

ナース・ルミの誕生。「3年経ったら必ず戻ってくるから!」そう言って故郷の大分を離れた18歳のルミ。看護の専門学校に入るために上京しました。でもあれから10年が経ち20年が経ち、今も東京で暮らしています。ステキな職場には恵まれたものの、いまだに白馬の王子様には出会えず…

上京してから3年、正看護師となったルミ。内科で2年、小児科で3年勤務して、その間に半年間カナダへ語学留学。「いつか国際的な職場で働きたい!」という夢を持つようになりました。

ある日、街中で眺めていたフリーペーパーに六本木インターナショナル・クリニックが載っていて、勇気を振り絞って電話をしてみることに。すると、ちょうどナースを探していたのよという返事が。そして面接してもらえることに。

面接当日…扉を開けると、大きな窓を背にしたドクターがスッと立って待っていました。

「慈恵医大で働いていたんだね、じゃあ大丈夫だ。かわいいから採用!」後になってドクターも慈恵医大の出身だと知りました。面接は3分で終了。

そして次の日からクリニックで華麗に働く日々が…始まるハズもなく…。英語が分からない!こんな状態で働けるの?と落ち込むルミ。

けれど、落ち込んでいる場合じゃない!と英語を猛勉強。そうしているうちに言えることとできることが増えてきて…そして現在。

看護の仕事の他、電話応対や時には受付、予防接種の証明書作成もルミの仕事。患者さんに電車の乗り継ぎを教え、患者さんの変わりにタクシーに行き先を伝る…など何でもするようになりました。患者さんに病気やケガから早く回復して欲しいのはもちろんですが、せっかく日本に来ているなら日本を楽しんでほしいというのが、ルミの気持ちです。今ではこれ以上ないご縁だったと感じています。

 

◆このマンガの登場人物

〈ルミ〉ふだんはドクターの右腕としてクリニックを支えるナースの山本ルミ

しかしひとたび司令が下れば、世界のどこへでも患者さんを迎えに出かけていく「エスコート・ナース」に変身!

 

〈ドクター〉「インターナショナル・クリニック」の院長、エフゲニー・アショーノフ先生。1924年に旧満州で生まれ、今は無国籍。

長身でハンサム、そして天然ボケが魅力。好きなおやつは石焼き芋。

 

◆著者

原案・山本ルミ

マンガ・世鳥アスカ

 

【主人公・山本ルミさんの記事はこちら

・インタビュー

・エッセイ

 

【好評発売中!】

『患者さまは外国人』(CCCメディアハウス)

この連載

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(4)

4匿名2017年03月27日 21時35分

大分の人だったんだ

3匿名2017年03月26日 21時31分

面白い!

2あん2017年03月26日 20時38分

更新を楽しみにしています。 一口にナースのお仕事と言っても、色々な働き方が有るんですね〜 次の更新が待ちきれません‼️

1カタオカ ケイコ2017年03月26日 11時17分

とても面白いです。
いつも楽しみにしてます。

関連記事

いちおし記事

点滴の留置針交換でモヤモヤ|看護師かげと白石の今週のモヤッと(8)

タイミングの違いに関する3年目ナースのお悩み。あなたの職場ではどんなルールがある? [ 記事を読む ]

認知症の患者さん「攻撃性がある」と感じたら?

事例をもとに対応のポイントを解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1376
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1274
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1121
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
1098
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
969
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
797
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1202

◆移乗時の問題◆手術が終了した患者さんを手術台からストレッチャーに移乗させる際のライン類の扱いで正しいものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.スタッフが各自でドレーンや点滴を確認して移乗させる。
  • 2.患者さんが麻酔から十分に覚醒していない場合は、ストレッチャーへ移乗させてからドレーン類を整理する。
  • 3.術後は術者や看護師がラインを確認しているため、移乗時にはラインのたるみがないよう、ライン類が伸展してしっかり固定してあるかの確認をする。
  • 4.患者さんに挿入されているライン類はたるみや引っ掛かりがないかを移乗前に確認し、スタッフで共有してからリーダーの声掛けで移乗させる。
今日のクイズに挑戦!