1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. マンガ・患者さまは外国人>
  4. ナース・ルミの誕生|マンガ・患者さまは外国人【9】

2017年03月26日

ナース・ルミの誕生|マンガ・患者さまは外国人【9】

マンガ・患者さまは外国人【9】

ナース・ルミの誕生

ナース・ルミの誕生。「3年経ったら必ず戻ってくるから!」そう言って故郷の大分を離れた18歳のルミ。看護の専門学校に入るために上京しました。でもあれから10年が経ち20年が経ち、今も東京で暮らしています。ステキな職場には恵まれたものの、いまだに白馬の王子様には出会えず…

上京してから3年、正看護師となったルミ。内科で2年、小児科で3年勤務して、その間に半年間カナダへ語学留学。「いつか国際的な職場で働きたい!」という夢を持つようになりました。

ある日、街中で眺めていたフリーペーパーに六本木インターナショナル・クリニックが載っていて、勇気を振り絞って電話をしてみることに。すると、ちょうどナースを探していたのよという返事が。そして面接してもらえることに。

面接当日…扉を開けると、大きな窓を背にしたドクターがスッと立って待っていました。

「慈恵医大で働いていたんだね、じゃあ大丈夫だ。かわいいから採用!」後になってドクターも慈恵医大の出身だと知りました。面接は3分で終了。

そして次の日からクリニックで華麗に働く日々が…始まるハズもなく…。英語が分からない!こんな状態で働けるの?と落ち込むルミ。

けれど、落ち込んでいる場合じゃない!と英語を猛勉強。そうしているうちに言えることとできることが増えてきて…そして現在。

看護の仕事の他、電話応対や時には受付、予防接種の証明書作成もルミの仕事。患者さんに電車の乗り継ぎを教え、患者さんの変わりにタクシーに行き先を伝る…など何でもするようになりました。患者さんに病気やケガから早く回復して欲しいのはもちろんですが、せっかく日本に来ているなら日本を楽しんでほしいというのが、ルミの気持ちです。今ではこれ以上ないご縁だったと感じています。

 

◆このマンガの登場人物

〈ルミ〉ふだんはドクターの右腕としてクリニックを支えるナースの山本ルミ

しかしひとたび司令が下れば、世界のどこへでも患者さんを迎えに出かけていく「エスコート・ナース」に変身!

 

〈ドクター〉「インターナショナル・クリニック」の院長、エフゲニー・アショーノフ先生。1924年に旧満州で生まれ、今は無国籍。

長身でハンサム、そして天然ボケが魅力。好きなおやつは石焼き芋。

 

◆著者

原案・山本ルミ

マンガ・世鳥アスカ

 

【主人公・山本ルミさんの記事はこちら

・インタビュー

・エッセイ

 

【好評発売中!】

『患者さまは外国人』(CCCメディアハウス)

この連載

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(4)

4匿名2017年03月27日 21時35分

大分の人だったんだ

3匿名2017年03月26日 21時31分

面白い!

2あん2017年03月26日 20時38分

更新を楽しみにしています。 一口にナースのお仕事と言っても、色々な働き方が有るんですね〜 次の更新が待ちきれません‼️

1カタオカ ケイコ2017年03月26日 11時17分

とても面白いです。
いつも楽しみにしてます。

関連記事

いちおし記事

看護roo!サロンで楽しくおしゃべり♪

【謝礼5000円】他の病院のナースと話せる貴重な機会♡謝礼もゲット! [ 記事を読む ]

心電図波形の名称と成り立ち

心電図に現れる波は、心房の興奮波と心室の興奮波だけ。詳しく解説します! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

認知症患者さんの終末期医療、どう考える?

投票数:
1238
実施期間:
2019年03月05日 2019年03月26日

看護師以外の医療職、やってみたいのは?

投票数:
1227
実施期間:
2019年03月08日 2019年03月29日

今シーズン、インフルエンザにかかった?

投票数:
1159
実施期間:
2019年03月12日 2019年04月02日

「墓場まで持っていきたい秘密」ある?

投票数:
1027
実施期間:
2019年03月15日 2019年04月05日

家族看護、意識してる?

投票数:
823
実施期間:
2019年03月19日 2019年04月09日

生理痛で困ってない?

投票数:
571
実施期間:
2019年03月21日 2019年04月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2292

独居の86歳男性患者さん。脳梗塞を発症し、現在の状態は、「障害高齢者の日常生活自立度:準寝たきりのランクA2」、「認知症高齢者の日常生活自立度:ランクⅡa」です。
一人で身の回りのことを行うことや、買い物や通院することが困難となってきていますが、本人はまだ現在の生活を続けたいと希望しています。あなたはこの患者さんが現在、通院している病院の看護師です。必要な医療・介護サービスを利用できるように患者さんにアドバイスする内容として、最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.通院が困難なときは、来院時に救急車を使うように伝えた。
  • 2.近くの訪問看護師を探して、訪問看護に来てもらうように伝えた。
  • 3.本人の居住地にある地域包括支援センターに相談するよう伝えた。
  • 4.直接、市役所の健康相談窓口に行くように伝えた。
今日のクイズに挑戦!