1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. マンガ・患者さまは外国人>
  4. ジャクソンさんとのイヴ|マンガ・患者さまは外国人【8】

2017年03月19日

ジャクソンさんとのイヴ|マンガ・患者さまは外国人【8】

マンガ・患者さまは外国人【8】

ジャクソンさんとのイヴ

クリスマス・イヴの前日の出来事。祝日の朝6時にドクターからの電話で起こされたルミ。患者さんが脱水症状でホテルに点滴セットを持ってきてほしいとのこと。

ルミがホテルにつくと、入り口でドクターが待っていて、患者さんの特徴を話してくれます。男性だけど髪の毛が長くて化粧をしている?…エレベーターを最上階まで上ると、部屋の前にボディーガードも何人もいます。「いったいどんな大物?」とルミがどきどきしていると…

「やぁ」と声をかけてきたのは、なんとナイケル・ジャクソンでした!

内心喜ぶルミでしたが、そこは冷静に点滴を始めようとします。ドクターが血管が見えないからカーテンを開けようとすると、「日光にアレルギーがあって…しめたままやってくれない?」とマイケルが言います。

点滴の間、マイケルは色々ドクターに話しかけました。でも耳の遠いドクター。ルミが間に入ってマイケルの言葉を大声でドクターに伝える「通訳」入りの会話となりました。

点滴が終わり、ルミがドクターにマイケルの有名さを伝えようとしても、ドクターには分からず、感動を分かち合えませんでしたが、ルミは「ステキな思い出になりました!」と思っていたのですが…

その夜、再び電話が。マイケルのコンサートは歌も踊りもかなりハード。連日のコンサートで疲れ切っているマイケルは、明日の移動前にまた点滴して体力を回復したいとのことでした。

ということで、点滴を始めたルミ。この日はクリスマス・イブ。実際はただの患者さんと看護師だけど、ホテルの最上階スイートルームでマイケル・ジャクソンと2人きりなんて…。この後も来日するときには、度々繰り肉に往診依頼がくるようになりました。今でもルミとドクターの大切な思い出です。

マイケル・ジャクソンを知らなかったドクター。本当に有名人や芸能人に興味がありません!ある日往診で最高級ホテルのスイートルームに呼ばれたら…そこにいたのはブラッド・ピット!それなのにドクターは「こんな豪華な部屋に泊まれるなんてすごいねぇ。君何の仕事してるの?」

またある時は、ドクターがひとりで往診に行くと…目の前にはマドンナ!!最初は自分を知らないドクターに驚くスター達。でもかえってドクターの人柄を気に入り気さくに話してくれます。どんな患者さんにも変わらず接するドクター。そこがスターに愛される理由かもしれません。

 

◆このマンガの登場人物

〈ルミ〉ふだんはドクターの右腕としてクリニックを支えるナースの山本ルミ

しかしひとたび司令が下れば、世界のどこへでも患者さんを迎えに出かけていく「エスコート・ナース」に変身!

 

〈ドクター〉「インターナショナル・クリニック」の院長、エフゲニー・アショーノフ先生。1924年に旧満州で生まれ、今は無国籍。

長身でハンサム、そして天然ボケが魅力。好きなおやつは石焼き芋。

 

◆著者

原案・山本ルミ

マンガ・世鳥アスカ

 

【主人公・山本ルミさんの記事はこちら

・インタビュー

・エッセイ

 

【好評発売中!】

『患者さまは外国人』(CCCメディアハウス)

この連載

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(3)

3匿名2017年03月23日 08時25分

有名人が沢山きていいな

2匿名2017年03月19日 21時43分

有名人って知らない方が普通に接することできていいですね

1匿名2017年03月19日 08時29分

並みいるスターたちよりドクターの来歴の方が気になる…

関連記事

いちおし記事

ナースコールが多い人の特徴

ナースコールがないのは、平穏な証拠…とは限りません。 [ 記事を読む ]

栄養剤の投与で見るべきポイント、押さえました

栄養剤注入を「投与前」「投与中」「投与終了後」に分け、流れに沿って、それぞれの基本的な注意点・看護のポイントを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

院内勉強会…。忙しくても「出席したい」と思うテーマは?

投票数:
1447
実施期間:
2017年11月28日 2017年12月19日

摘便って得意?

投票数:
557
実施期間:
2017年12月01日 2017年12月22日

インフルエンザの症状、何がいちばんツラい?

投票数:
540
実施期間:
2017年12月05日 2017年12月26日

「これは腰にくる…」どの場面が一番ツラい?

投票数:
479
実施期間:
2017年12月08日 2017年12月29日

仕事で使うボールペン、推しメーカーある?

投票数:
455
実施期間:
2017年12月12日 2018年01月02日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1706

46歳女性、呼吸困難感を訴えて歩行で来院しました。SpO2は92%で会話は可能です。喘鳴が聴診しなくても聞こえてきます。以下の中で最も正しい考え・対応はどれでしょうか?

  • 1.喘鳴があるものの、SpO2の値が正常範囲のため、待合室で診察を待っていてもらう。
  • 2.気管挿管の可能性を考え、水分摂取は控えるように伝える。
  • 3.拘束性障害を起こしている可能性があり、座位で治療を受けるほうがよい。
  • 4.待っている間に喘鳴が消失したため、そのまま様子を見た。
今日のクイズに挑戦!