1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. マンガ・患者さまは外国人>
  4. ジャクソンさんとのイヴ|マンガ・患者さまは外国人【8】

2017年03月19日

ジャクソンさんとのイヴ|マンガ・患者さまは外国人【8】

マンガ・患者さまは外国人【8】

ジャクソンさんとのイヴ

クリスマス・イヴの前日の出来事。祝日の朝6時にドクターからの電話で起こされたルミ。患者さんが脱水症状でホテルに点滴セットを持ってきてほしいとのこと。

ルミがホテルにつくと、入り口でドクターが待っていて、患者さんの特徴を話してくれます。男性だけど髪の毛が長くて化粧をしている?…エレベーターを最上階まで上ると、部屋の前にボディーガードも何人もいます。「いったいどんな大物?」とルミがどきどきしていると…

「やぁ」と声をかけてきたのは、なんとナイケル・ジャクソンでした!

内心喜ぶルミでしたが、そこは冷静に点滴を始めようとします。ドクターが血管が見えないからカーテンを開けようとすると、「日光にアレルギーがあって…しめたままやってくれない?」とマイケルが言います。

点滴の間、マイケルは色々ドクターに話しかけました。でも耳の遠いドクター。ルミが間に入ってマイケルの言葉を大声でドクターに伝える「通訳」入りの会話となりました。

点滴が終わり、ルミがドクターにマイケルの有名さを伝えようとしても、ドクターには分からず、感動を分かち合えませんでしたが、ルミは「ステキな思い出になりました!」と思っていたのですが…

その夜、再び電話が。マイケルのコンサートは歌も踊りもかなりハード。連日のコンサートで疲れ切っているマイケルは、明日の移動前にまた点滴して体力を回復したいとのことでした。

ということで、点滴を始めたルミ。この日はクリスマス・イブ。実際はただの患者さんと看護師だけど、ホテルの最上階スイートルームでマイケル・ジャクソンと2人きりなんて…。この後も来日するときには、度々繰り肉に往診依頼がくるようになりました。今でもルミとドクターの大切な思い出です。

マイケル・ジャクソンを知らなかったドクター。本当に有名人や芸能人に興味がありません!ある日往診で最高級ホテルのスイートルームに呼ばれたら…そこにいたのはブラッド・ピット!それなのにドクターは「こんな豪華な部屋に泊まれるなんてすごいねぇ。君何の仕事してるの?」

またある時は、ドクターがひとりで往診に行くと…目の前にはマドンナ!!最初は自分を知らないドクターに驚くスター達。でもかえってドクターの人柄を気に入り気さくに話してくれます。どんな患者さんにも変わらず接するドクター。そこがスターに愛される理由かもしれません。

 

◆このマンガの登場人物

〈ルミ〉ふだんはドクターの右腕としてクリニックを支えるナースの山本ルミ

しかしひとたび司令が下れば、世界のどこへでも患者さんを迎えに出かけていく「エスコート・ナース」に変身!

 

〈ドクター〉「インターナショナル・クリニック」の院長、エフゲニー・アショーノフ先生。1924年に旧満州で生まれ、今は無国籍。

長身でハンサム、そして天然ボケが魅力。好きなおやつは石焼き芋。

 

◆著者

原案・山本ルミ

マンガ・世鳥アスカ

 

【主人公・山本ルミさんの記事はこちら

・インタビュー

・エッセイ

 

【好評発売中!】

『患者さまは外国人』(CCCメディアハウス)

この連載

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(3)

3匿名2017年03月23日 08時25分

有名人が沢山きていいな

2匿名2017年03月19日 21時43分

有名人って知らない方が普通に接することできていいですね

1匿名2017年03月19日 08時29分

並みいるスターたちよりドクターの来歴の方が気になる…

関連記事

いちおし記事

センサーマットとの攻防

患者さんとセンサーマットの戦いは、看護師たちを焦らせる… [ 記事を読む ]

採血の手順と注意点

血管が細い場合はどうする? [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

看護師辞めようかと思うほどに怖かったインシデント、経験ある?

投票数:
1158
実施期間:
2018年11月27日 2018年12月18日

最初の患者さんのこと、覚えてる?

投票数:
1165
実施期間:
2018年11月29日 2018年12月20日

【クリスマス】サンタにお願いしたいプレゼントは?

投票数:
1203
実施期間:
2018年11月30日 2018年12月21日

人生で一番号泣した作品は?

投票数:
1082
実施期間:
2018年12月04日 2018年12月25日

感情を一生出せないとしたらどれが一番つらい?

投票数:
1077
実施期間:
2018年12月07日 2018年12月28日

安楽死に賛成?反対?

投票数:
943
実施期間:
2018年12月11日 2019年01月01日

今年一番の個人的なニュースは?

投票数:
779
実施期間:
2018年12月14日 2019年01月04日

わたしの幸せ自慢!

投票数:
282
実施期間:
2018年12月18日 2019年01月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4059

あなたは病棟に勤務している看護師です。病室に入ると「点滴が間違っているじゃないか」と患者さんに大きな声で訴えられました。名前ラベルを見ると確かに別の患者さんの点滴でした。このときの対応として、最も適切なものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.「申し訳ありません」と謝り、すぐに点滴を止める。気分は悪くないかなど、患者さんの状態の観察を行い、上司と医師に別の患者さんの点滴と間違っていたことを報告すると説明した。
  • 2.点滴をすぐに正しいものに交換し、内容は同じなので問題ないと説明した。
  • 3.すぐにナースステーションに戻り、師長に「患者さんが、点滴が間違っていると怒っている」と報告し、対応を依頼した。
  • 4.注射箋を確認すると、ラベルは間違っているが、点滴内容は同じであることが分かったので、患者さんにはこのままで問題ないことを説明した。
今日のクイズに挑戦!