1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. マンガ・患者さまは外国人>
  4. 支払いはニシンで|マンガ・患者さまは外国人【6】

2017年03月05日

支払いはニシンで|マンガ・患者さまは外国人【6】

マンガ・患者さまは外国人【6】

支払いはニシンで

よく晴れた日の午後。前回診察料を払っていなかった患者さんがやってきました。大きな荷物を持っていて、ルミが不審に思っていると。ドクターにこれどうぞと差し出しました。開けてみると…ニシンが10匹入っていました。

築地市場で買ってきました!という男性。ルミはドクターにニシンではなく、治療代の請求をして欲しいと念を押しましたが、請求しずらかったようで結局未払いのまま。その後ニシンはルミが三枚におろして塩漬けにしました。このようにクリニックでは時々驚くような物で支払いをしようとする患者さんがいます。

次の日、ずっと治療費が未払いだった別の患者さんが来院。支払いに来たのかなとルミは思うものの、手に持っていた花束を見て、嫌な予感がよぎります。案の定ドクターの机の上には花束が…

ドクターは相手がお金に困っていることを承知していて何も言わないのでしょう。でもいつもこの調子では病院の経営がなりたちません。昔なじみの会社や大使館にはいまだに月末に請求書を送っています。信頼関係があってこその請求方法です。また、イギリスでは医療費が無料のため、診察後にお金を払う習慣がありません。うっかり払わずに出て行き、あわてて戻ってくるイギリス人の患者さんもよくいます。

長い付き合いの患者さんだと「今日はお金がないから給料でたら持ってくる」なんて人も。ほとんどの人はちゃんと支払いに来ます。とはいえ、支払いでもモメることはしょっちゅう。

値下げ交渉で、まけろと言い張る患者さん。あまりにも時間がかかって他の患者さんを待たせてしまい…ついにドクターが「納得いかないなら今日は薬代も診察代もいらない。そのかわり二度とココには来ないで下さい。」と伝えると、「ちゃんと払うからそんなこと言わないで」。支払いでもめるのは困りますが、クリニックが患者さんにとって離れがたい存在なのは嬉しいことです。

 

◆このマンガの登場人物

〈ルミ〉ふだんはドクターの右腕としてクリニックを支えるナースの山本ルミ

しかしひとたび司令が下れば、世界のどこへでも患者さんを迎えに出かけていく「エスコート・ナース」に変身!

 

〈ドクター〉「インターナショナル・クリニック」の院長、エフゲニー・アショーノフ先生。1924年に旧満州で生まれ、今は無国籍。

長身でハンサム、そして天然ボケが魅力。好きなおやつは石焼き芋。

 

◆著者

原案・山本ルミ

マンガ・世鳥アスカ

 

【主人公・山本ルミさんの記事はこちら

・インタビュー

・エッセイ

 

【好評発売中!】

『患者さまは外国人』(CCCメディアハウス)

この連載

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(5)

5匿名2017年03月07日 04時33分

>2さん
日本人でも手術までして退院時にお金がないから払わないとごねて脱走する人や、もと居た施設はもっとお金がかかるから退院延長させてくれだのと言う人はいますよ。外人だからというのは違うと思います。

4匿名2017年03月06日 08時36分

医療費を支払わないのは先生かわいそう

3匿名2017年03月05日 23時35分

治療費の考え方捉え方って、言われてみれば国によって全然違うんだよねぇ。改めて分かる例というか。

2匿名2017年03月05日 15時58分

お金がなかったり値切るつもりで受診するなんて厚かましい。これだから外人は。

1匿名2017年03月05日 10時39分

楽しく世界事情がしれていいね

関連記事

いちおし記事

寄り添う看護

みなさんが思う「患者さんに寄り添う看護」はどんなもの? [ 記事を読む ]

ドレーンの種類と管理方法

ドレーン排液の異常や固定部のずれ、ゆるみの有無を観察しましょう! [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

看護や医療系の1日セミナー、いくらまでなら自腹で参加費を支払う?

投票数:
1180
実施期間:
2018年11月23日 2018年12月14日

看護師辞めようかと思うほどに怖かったインシデント、経験ある?

投票数:
1047
実施期間:
2018年11月27日 2018年12月18日

最初の患者さんのこと、覚えてる?

投票数:
1047
実施期間:
2018年11月29日 2018年12月20日

【クリスマス】サンタにお願いしたいプレゼントは?

投票数:
1101
実施期間:
2018年11月30日 2018年12月21日

人生で一番号泣した作品は?

投票数:
977
実施期間:
2018年12月04日 2018年12月25日

感情を一生出せないとしたらどれが一番つらい?

投票数:
927
実施期間:
2018年12月07日 2018年12月28日

安楽死に賛成?反対?

投票数:
671
実施期間:
2018年12月11日 2019年01月01日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3641

がん末期の79歳の女性患者さん。自分の人生は残り少ないので、どうしても家に帰りたいと希望しています。ご家族は女性患者さんの希望を受け入れてあげたいと思っていますが、自宅で介護する自信がなく、どうしたらいいのか悩んでいます。そこで、女性患者さんと家族の双方の思いを酌んだ在宅移行ができないか、退院調整のスタッフから相談を受けました。以下、退院調整スタッフへの回答として、最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.訪問看護を利用し、ご家族は女性患者さんの思いを受け入れて、介護指導を受けながら精一杯頑張るよう説得するべきだと提案した。
  • 2.ご家族の不安が大きいので、訪問看護を利用するか、ホスピスへの移行を提案した。
  • 3.介護負担が増大しないように、訪問看護と泊まりのサービスを定期的に利用することのできる看護小規模多機能型居宅介護の利用を提案した。
  • 4.介護負担が増大しないように、訪問看護と泊まりのサービスを定期的に利用することのできる居宅療養管理指導の利用を提案した。
今日のクイズに挑戦!