1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. マンガ・患者さまは外国人>
  4. 僕の名前 なんだっけ?|マンガ・患者さまは外国人【5】

2017年02月26日

僕の名前 なんだっけ?|マンガ・患者さまは外国人【5】

マンガ・患者さまは外国人【5】

僕の名前 なんだっけ?

ある日クリニックに「先月と同じ薬をください」とやってきた患者さん。ルミがカルテを探すために名前を聞くと…先月と違う名前だったので確認してみると「じゃあベン・ブラウンかな?」という返事。「じゃあ」ってどういうこと!?

新しく言われた名前でカルテを探すも、見つかりません。いくつもの名前を使っているようです。クリニックでは日本の保険診療を行っていません。だから保険証を出す必要はなく、免許証やパスポートで身分を確認することもありません。

カルテを作るために名前や住所を書いてもらいますが、それだけです。患者さんは基本的にどんな名前を書いてもいいのです。偽名を使っていてカルテを探すのに苦労する…なんていうのは、このクリニックならではのハプニングです。

数週間後。クリニックに警察から電話がかかってきました。警察署にいる男性が以前クリニックで処方されたのと同じ薬を飲みたいと訴えたそうです。電話で言われた名前ではカルテが見つかりません。ルミは、このパターンはもしかして…と

その人の名前がいくつあるか聞いてもらうことにしました。すると、名前を3つ持っていたことが判明。いくつも名前を使うのは良いけど、病院でくらいは本名を使ってはいかがでしょうかとルミも困り顔。

 

◆このマンガの登場人物

〈ルミ〉ふだんはドクターの右腕としてクリニックを支えるナースの山本ルミ

しかしひとたび司令が下れば、世界のどこへでも患者さんを迎えに出かけていく「エスコート・ナース」に変身!

 

〈ドクター〉「インターナショナル・クリニック」の院長、エフゲニー・アショーノフ先生。1924年に旧満州で生まれ、今は無国籍。

長身でハンサム、そして天然ボケが魅力。好きなおやつは石焼き芋。

 

◆著者

原案・山本ルミ

マンガ・世鳥アスカ

 

【主人公・山本ルミさんの記事はこちら

・インタビュー

・エッセイ

 

【好評発売中!】

『患者さまは外国人』(CCCメディアハウス)

この連載

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(3)

3匿名2017年02月27日 22時00分

名前でもめるのも大変

2匿名2017年02月26日 10時09分

素敵な Drですが、数年前にお亡くなりになっているのですね。
残念です。
今も誰かが院長を務めてクリニックはやってらっしゃるのでしょうか。

1匿名2017年02月26日 10時02分

どんな名前も使えるなんてややこしいな

関連記事

いちおし記事

看護roo!サロンで楽しくおしゃべり♪

【謝礼5000円】他の病院のナースと話せる貴重な機会♡謝礼もゲット! [ 記事を読む ]

せん妄はどうやって予防する?発症したらどうする?

せん妄の発現や重症化を抑え、せん妄期間を短縮するには,原因に対する迅速な管理が重要です. [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護師以外の医療職、やってみたいのは?

投票数:
1317
実施期間:
2019年03月08日 2019年03月29日

今シーズン、インフルエンザにかかった?

投票数:
1248
実施期間:
2019年03月12日 2019年04月02日

「墓場まで持っていきたい秘密」ある?

投票数:
1130
実施期間:
2019年03月15日 2019年04月05日

家族看護、意識してる?

投票数:
987
実施期間:
2019年03月19日 2019年04月09日

生理痛で困ってない?

投票数:
955
実施期間:
2019年03月21日 2019年04月11日

一番好きな看護業務は?

投票数:
497
実施期間:
2019年03月26日 2019年04月16日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者320

介護施設に入所している80歳女性。重度の認知症があり自室のベッドのそばで倒れているところを発見されました。ベッドからの転落が疑われます。前頭部挫創部を圧迫止血された状態で病院到着となりました。意識はあり、指先は動かせますが肘は曲がった状態です。以下のうち、看護師のあなたがとるべき対応として、最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.最終健在時刻・発見時刻を施設職員から聴取し、転倒の原因についてのアセスメントを最優先に行った。
  • 2.頸椎・頸髄損傷の可能性を考えて、全身の神経学的所見や呼吸形式を観察した。
  • 3.退院後は転落のリスクを考えて、抑制帯を使用して再発防止策をとるように施設職員に伝えた。
  • 4.退院後はベッドからの転落防止のため、必ず施設職員の目の届く部屋にし、常に患者さんに付き添いを行うように施設職員に伝えた。
今日のクイズに挑戦!