1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. マンガ・患者さまは外国人>
  4. アフリカからの患者さま|マンガ・患者さまは外国人【3】

2017年02月12日

アフリカからの患者さま|マンガ・患者さまは外国人【3】

マンガ・患者さまは外国人【3】

アフリカからの患者さま

アフリカからの患者さま。ある日、かなり具合の悪いアフリカ出身の患者さんが来院。「マラリアがつらくて…」といいますが、ルミが確認すると最近はアフリカに行っていないそう。「なら、マラリアになるわけないじゃない?」とルミが思っていると…

診察したドクターから「マラリアの薬飲ませて!今すぐに!」という指示が。採血の結果を待ったほうが…と言うルミに対して、間違いなくマラリアだよと断定するドクター。

そして3日後、採血の結果はやっぱりマラリア!マラリアは一度かかると、ずっとその人の体に住みつくそうです。なので体力が落ちたときに発病することがあります。ドクターはアフリカの人をたくさん診察してきたからピンときたんだそう。

そのほかアフリカの患者さんに多いのが…子供ができないという悩み。3人いてもまだまだ子供がほしいそう。アフリカには「子供を多くつくってこそ男」という価値観があるようです。病気の種類も価値観も日本とアフリカではずいぶん違うみたいです。

 

◆このマンガの登場人物

〈ルミ〉ふだんはドクターの右腕としてクリニックを支えるナースの山本ルミ

しかしひとたび司令が下れば、世界のどこへでも患者さんを迎えに出かけていく「エスコート・ナース」に変身!

 

〈ドクター〉「インターナショナル・クリニック」の院長、エフゲニー・アショーノフ先生。1924年に旧満州で生まれ、今は無国籍。

長身でハンサム、そして天然ボケが魅力。好きなおやつは石焼き芋。

 

◆著者

原案・山本ルミ

マンガ・世鳥アスカ

 

【主人公・山本ルミさんの記事はこちら

・インタビュー

・エッセイ

 

【好評発売中!】

『患者さまは外国人』(CCCメディアハウス)

この連載

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(6)

6匿名2019年05月26日 17時18分

アフリカ大陸出身の患者さんってことじゃないのかなぁ…?

5けんけん2018年09月24日 04時22分

マラリアで3日後に出る検査ってなんですか???10年後に再発って超超レアでは? しかもガーナならほぼ熱帯熱マラリアなので再発はないはず。ちょっと疑問の多い診断です^^;

4匿名2017年06月29日 07時03分

彼の出身はガーナであって、アフリカではない。アフリカとひとくくりにするのはどうかと思う。
これを見ると、すべてのマラリアに罹患すると体内に残ると思われがち。きちんと書くべき。

3匿名2017年06月28日 23時15分

マラリアをうつす蚊は日本にもいます。

2匿名2017年02月15日 20時40分

アフリカ事情いろいろですね

1匿名2017年02月12日 09時56分

なかなか大変そう

関連記事

いちおし記事

思い残し|マンガ・ぴんとこなーす【253】

看護師として働く中で、ナスさんが思うこと。 [ 記事を読む ]

「水泡音」ってどんな音?

肺炎患者さんの聴診音「水泡音」を実際に聞いて確認! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1423
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1300
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1178
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
1078
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
928
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日

「私、失敗しないので」って言える得意な看護技術ある?

投票数:
720
実施期間:
2019年10月18日 2019年11月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者7458

◆高齢者の問題◆廃用症候群の予防的介入として、適切なものはどれでしょうか?

  • 1.お茶碗につがれたご飯が自力で食べにくい場合はおにぎりにするなど、患者さんに合わせた工夫をする。
  • 2.身体の安静のためにできるだけ長く尿道留置カテーテルを挿入しておく。
  • 3.患者さんから「なんとなく食欲がない」という訴えがあっても、一時的なものなので特別な対応はしない。
  • 4.患者さんから「動きたくない」と訴えがあれば、なるべくリハビリは行わないようにする。
今日のクイズに挑戦!