1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. マンガ・患者さまは外国人>
  4. 欧米からの患者さま|マンガ・患者さまは外国人【2】

2017年02月05日

欧米からの患者さま|マンガ・患者さまは外国人【2】

マンガ・患者さまは外国人【2】

欧米からの患者さま

欧米からの患者さま。休日のある日、ルミが友人と会っています。日本人の友人A子は処方された薬は確かめずに飲んでしまうそう。ルミ「そんなのウチのクリニックじゃありえないわよ~」

ある日。アメリカ人の青年が来院。診察の後、薬を渡すと…

アメリカ人青年「ボク薬は飲みたくないです!」

薬って副作用があって…という青年に、ドクターも丁寧に説明しますが…。診察室の外では患者さんの行列が…。ドクター「とにかく!今の期に見は薬を勧めるよ必要だと思ったら飲めばいいから」

文化の違う異国で治療を受けるのは誰だって不安なもの。欧米の人は自分が納得するまで質問と交渉を続けます。「医師がそう言ったから」では納得しないのです。たとえ子どもでも…交渉第一みたいです。

また別の日。屈まないと診察室のドアを潜れない大きな男性が来院しました。血圧を計ろうとすると…

腕が太くて、ベルトが回らない!患者さまも「ジャパニーズサイズは合わないよね~」と苦笑い。そこで、ルミは太もも用のベルトで、レッツ再チャレンジ!

無事計ることができました。車イスも日本と欧米ではサイズが違います。

日本人との違いは体格だけではありません。イタリア人男性の心電図をとるときに、吸盤をつけようとすると…

胸毛が濃すぎて、くっつかない!

ルミはそーと上から抑えて計ることに…。こうしてどんどん臨機応変に対応できるようになっていくのでした。

 

◆このマンガの登場人物

〈ルミ〉ふだんはドクターの右腕としてクリニックを支えるナースの山本ルミ

しかしひとたび司令が下れば、世界のどこへでも患者さんを迎えに出かけていく「エスコート・ナース」に変身!

 

〈ドクター〉「インターナショナル・クリニック」の院長、エフゲニー・アショーノフ先生。1924年に旧満州で生まれ、今は無国籍。

長身でハンサム、そして天然ボケが魅力。好きなおやつは石焼き芋。

 

◆著者

原案・山本ルミ

マンガ・世鳥アスカ

 

【主人公・山本ルミさんの記事はこちら

・インタビュー

・エッセイ

 

【好評発売中!】

『患者さまは外国人』(CCCメディアハウス)

この連載

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(3)

3匿名2018年11月24日 23時51分

心電図のつける場所変じゃないですか?

2匿名2017年02月07日 01時07分

あんまり遭遇したことない場面だけどなんかわかる。

1匿名2017年02月05日 07時48分

なんか分かる。

関連記事

いちおし記事

患者さんから“深い話”を打ち明けられたとき…。あなたならどう受け止める?

【マンガ】大切な人が死ぬとき~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~(12) [ 記事を読む ]

点滴静脈内注射が血管外に漏れたら、どうなるの?

どんな症状が起こるか、どう対応すればよいか解説!観察ポイントがひと目でわかるイラストも紹介! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

病院でお正月にちなんだ特別なことをした?

投票数:
1457
実施期間:
2020年01月03日 2020年01月24日

2020年の抱負教えて!

投票数:
1343
実施期間:
2020年01月07日 2020年01月28日

インフルエンザにかかったら、有休?欠勤?

投票数:
1270
実施期間:
2020年01月10日 2020年01月31日

あなたの病院で成功した画期的な「働き方改革」はある?

投票数:
1195
実施期間:
2020年01月12日 2020年02月02日

実録!? 私はこう太った!!!!

投票数:
1160
実施期間:
2020年01月14日 2020年02月04日

チェックしてる「勉強垢」ってある?

投票数:
655
実施期間:
2020年01月17日 2020年02月07日

あなたが作り出した「自分史上最低の料理」は?

投票数:
505
実施期間:
2020年01月21日 2020年02月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1849

◆がん看護の問題◆Cさんは40歳代の営業職の仕事を行っている男性です。非小細胞肺がんと診断され、「今後も仕事を継続しながら治療を行いたい」と話しています。
Cさんの治療は、抗がん剤であるビノレルビン酒石酸塩+シスプラチン療法を行うことになりました。
今後、骨髄抑制の副作用が予測されるCさんに対してどのような説明が必要でしょうか?

  • 1.抗がん剤投与から1週間は特に貧血に注意して生活をしてもらう。
  • 2.治療期間中は感染を防ぐため、仕事を控えるように説明する。
  • 3.血小板の減少は抗がん剤投与後3週間程度で起こるが、その時期は、自分で気づきにくい内出血に注意するよう説明する。
  • 4.白血球は抗がん剤投与後7~14日程度で最低値となるため、特にこの期間は感染に注意が必要である。
今日のクイズに挑戦!