1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 12時間勤務は事故のもと?

2017年01月10日

12時間勤務は事故のもと?

看護師の3交代から2交代勤務への移行が増えている中、1回のシフトの勤務時間が12時間を超える環境で働く看護師の人もいるでしょう。

 

連続して12時間を超えるシフト勤務を行う看護師は、自身がけがをしたり医療事故を起こしたりする危険性が高くなるという研究結果がニュージーランドにおける看護研究で発表されました。看護師の長時間勤務について考えてみましょう。

 

 

13時間以上の勤務では医療感染が増えるという研究も

ニュージーランドの看護研究者であるジル・クレンドン博士とヴェロニク・ギボン博士は昨年、「急性期ケア病棟において、12時間以上の勤務がミスを起こす確率を高くする」という研究結果を発表しました。この研究は、これまで行われた6つの研究を分析し、計60,780名の看護師を調査対象とした論文をシステマティックレビュー(統合的レビュー)として、「国際看護ジャーナル」に掲載されています。これ以外でも、勤務時間と医療事故に関する研究が行われており、13時間以上の勤務では医療感染が増えるという結論を出した研究や、12時間勤務ではそれ未満の勤務帯と比べて医療ミスを起こす可能性が2~3倍に増えているという指摘もありました。

 

さらに両博士は、長時間の勤務には疲労やそれに伴う医療ミスや看護の質の低下といったリスクをはらんでいるとしています。そして医療事故を防ぐため、12時間勤務の際に看護師は2時間の十分な休憩を確実に取る、体を休めることができるようなシフトの組み方をすることなどが対策として挙げられています。

 

一方、12時間勤務にはメリットも。その魅力とは

「勤務時間が長くなると医療事故が増える」という研究結果とは対照的に、「医療事故の増加と勤務時間は関連性がない」とする研究結果があることも事実です。また、看護師にとって12時間勤務は作業上、比較的フレキシブルに働けて、通勤回数も減るために、プライベートの時間をまとめて確保できるといった利点があるとの見方もあります。

 

前述の両博士は、交代勤務により自分や家族のために使える時間が少なくなりがちな看護師にとって、12時間勤務は連休が取りやすく、次の勤務までの休憩時間が長い点で、魅力的な勤務体制として人気があることがわかったとも指摘しています。

 

12時間勤務でも医療事故を防ぐための対策は?

両博士の研究では、長時間勤務と医療事故の関連性にはさまざまな因子が影響しており、さらに精査する必要があると結論づけています。日本でも、2交代や3交代、何時間勤務であるか、病院によってケースはさまざまで、これまでも賛否両論がありました。特に、急性期病棟や集中治療室など、日勤・夜勤にかかわらず、忙しい病棟では、どの勤務体制が一番効果的であるか、かつそこで働く看護師の体調なども考えて見直される必要があるでしょう。

 

(文):Ryo, S.

(参考):12 hour shifts linked to more nurse errors(HealthTimes)

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(3)

3匿名2017年01月13日 12時52分

二交代の当直は16時間勤務。体を壊し長期療養中です。夜勤は寿命と引き替えに働いてる感覚でした。先輩たちは定年退職して退職金貰う前にバタバタ死にました。

2ねこまみれ2017年01月11日 13時22分

日本も12時間になれば、働く人が増えるよね、
夜勤は21時から9時になって欲しい

1ともみ2017年01月10日 08時43分

日本も、12時間勤務にしたらいいのに。

関連記事

いちおし記事

「ぼくねぇ、もうすぐ死ぬんだ…」にどう答える?

マンガ『おうちで死にたい~訪問看護の現場から~』の続編です。 [ 記事を読む ]

褥瘡の悪化を防ぐのに最適なポジショニングは?

褥瘡発生原因のアセスメントから「動きの過程」と「座位の保持」を評価した上でどのようなポジショニングがベストかを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

上司に怒りを感じるのはどんなとき?

投票数:
1484
実施期間:
2017年10月31日 2017年11月21日

なかなか寝られないとき、どうしてる?

投票数:
603
実施期間:
2017年11月03日 2017年11月24日

看護師国家試験、苦手科目は?

投票数:
765
実施期間:
2017年11月07日 2017年11月28日

一番好きな医療ドラマはどれ?

投票数:
526
実施期間:
2017年11月10日 2017年12月01日

J-アラート作動(弾道ミサイル発射)!どうする?

投票数:
387
実施期間:
2017年11月14日 2017年12月05日

「こんなドクターいたらいいな…」一緒に働いてみたい俳優は?

投票数:
267
実施期間:
2017年11月17日 2017年12月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者518

78歳女性、持続する発熱と下腹部から臀部回りの痛みを訴え、老健施設より救急搬送にて来院しました。肋骨脊柱角叩打痛もあり、尿路感染症の診断で入院となりました。尿の培養は104CFU/mLであり、検鏡にてブドウ球菌様のGPCが認められ、3日後にブドウ球菌と確定しました。当初から抗菌薬としてVCMが開始とされていました。1週間以上抗菌薬を投与してもなかなか発熱も痛みも治まらず、腹部CTを撮影したところ、腸腰筋膿瘍であることが判明し、血液培養からはMRSAが検出され、臓器移行性も考えて抗菌薬をLZDに変更されました。解熱と炎症所見の改善がありましたが、投与2週間目に白血球と血小板が減少、また貧血傾向になりました。次のうち最も考えられることと行うべきことはどれでしょうか?

  • 1.白血球や血小板減少は、抗菌薬による骨髄抑制が原因と考えられるため、再度、VCMに変更するなど、他剤へ変更することを検討する。
  • 2.貧血傾向は、抗菌薬投与による腎機能障害から来る、腎性貧血であるため、医師と相談し、腎性貧血の治療を実施してもらう。
  • 3.LZDは臓器移行性が最も良いため、白血球減少や血小板減少、貧血に対し治療を行いながら使い続ける。
  • 4.解熱と炎症所見も改善していることから、抗菌薬を中止とし経過を見る。
今日のクイズに挑戦!