1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. いじめは文化?…にならないようにできること

2017年01月07日

いじめは文化?…にならないようにできること

看護業界でのいじめは残念ながら世界共通。そんな受け入れがたい現実を根本から変えようとする看護師がいます。その1人、ベリンダ・ミカエリアンさんは心臓血管外科で勤務した経験を経て、ペインマネジメント分野の知識も持つClinical Nurse Specialists(日本では認定看護師に近い資格)で、現在は看護修士課程に在籍しています。彼女は「看護業界のいじめの文化を変える手助けをしたい」と語っています。

 

 

理論上の看護師間のいじめ

「なぜ看護師間にいじめが根強いのか?」という問いに関しては、諸説あります。例えば、女性であるがゆえのいじめ、医師の下で働かねばならないことからくるいじめなど。重圧やプレッシャーからくるいじめは、今に始まったことではなく、看護師の立場が社会的に確立した後も、「いじめの文化」だけが受け継がれていったようです。

 

また、いじめが起きる要因として、「ほかの人より優位に立ちたい」という思いも挙げられます。当然ながら、職場におけるいじめは、看護目標や患者管理、ひいては看護チーム全体の雰囲気にも影響してきます。

 

できることは?

「いじめ文化」を変えるために踏み出すべき第一歩は、いじめが存在し、それが大変痛ましいことだと認識することから始まります。ベリンダさんは、いじめを未然に防ぐ、あるいは起こりにくい環境をつくるための方法として、「言いたいことは簡潔に正直に本人へ話し、陰で言わないこと」を提案しています。もし自分以外の誰かがいじめにあっていることに気付いている人が何人かいるなら、いじめを行っている当事者へ直接、言動を変えるように働きかけていくことが重要だそうです。

 

いじめと認められる状態が顕在化しているということは、多くの人がいじめを黙認している事実があることを意味します。一人ひとりが相手を尊重しつつ、問題となっていることについて正直に話すことはとても勇気のいることですが、師長や看護部ではなく、臨床の現場レベルでリーダーになっている人が積極的にいじめ問題に取り組むこともこの記事の中で推奨されています。

 

調和のとれたリーダー

臨床でリーダーシップを執っている人は常にチームに多大な影響を与えています。バランスの良いリーダーがいる部署では、そこで働くスタッフそれぞれの個人の価値観を調和させることが期待できます。意外にもこのようなリーダーを務められる本人は、自分がリーダー資質に恵まれていることに気づいていない場合がよくあります。もしかするとこれを読んでいるあなたこそが調和のとれたリーダーかもしれません。

 

人間ですから、価値観や背景は個人それぞれで違うもの。いじめは職場にいる一人だけの努力で、すぐに解決できる問題ではありません。看護チーム一人ひとりがお互いの違いを知り、認め合い、調和を保っていくという意識を持つことで職場の雰囲気、いじめの雰囲気が徐々に変わっていくことでしょう。

 

看護師たちが生き生きと協力している職場は業務もスムーズに行われ、看護師、ひいては患者さんにとってもプラスとなります。患者さんのため、看護の質を上げるためにも、看護師一人ひとりがお互いが同僚を思いやり、ハッピーな職場を目指してみませんか?

 

(文):Ryo’S.

(参考):How can we change the bullying culture in nursing?(NurseUncut)

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(5)

5匿名2017年01月11日 17時51分

底意地が悪い人が多いと思う。病気にならないように気をつけないとって心底感じる

4ねこまみれ2017年01月09日 04時02分

誰にでも好かれようとして良い人演じたり人前で見せつけるように涙流す人って、計算高くて打算的で影でイジメ主導するね。
演技上手いから他人踏み台にしはるんやな

3元ナース2017年01月08日 14時33分

私はいじめには遭遇しなかったんですが、そんなに多いんですか?看護業界のいじめ率。
データを知りたいですね。

2匿名2017年01月07日 14時24分

看護師は意地悪多い。意地悪な人に命任せたくない。

1匿名2017年01月07日 11時43分

うーん。

関連記事

いちおし記事

「ぼくねぇ、もうすぐ死ぬんだ…」にどう答える?

マンガ『おうちで死にたい~訪問看護の現場から~』の続編です。 [ 記事を読む ]

褥瘡の悪化を防ぐのに最適なポジショニングは?

褥瘡発生原因のアセスメントから「動きの過程」と「座位の保持」を評価した上でどのようなポジショニングがベストかを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

上司に怒りを感じるのはどんなとき?

投票数:
1489
実施期間:
2017年10月31日 2017年11月21日

なかなか寝られないとき、どうしてる?

投票数:
606
実施期間:
2017年11月03日 2017年11月24日

看護師国家試験、苦手科目は?

投票数:
768
実施期間:
2017年11月07日 2017年11月28日

一番好きな医療ドラマはどれ?

投票数:
532
実施期間:
2017年11月10日 2017年12月01日

J-アラート作動(弾道ミサイル発射)!どうする?

投票数:
394
実施期間:
2017年11月14日 2017年12月05日

「こんなドクターいたらいいな…」一緒に働いてみたい俳優は?

投票数:
333
実施期間:
2017年11月17日 2017年12月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1233

78歳女性、持続する発熱と下腹部から臀部回りの痛みを訴え、老健施設より救急搬送にて来院しました。肋骨脊柱角叩打痛もあり、尿路感染症の診断で入院となりました。尿の培養は104CFU/mLであり、検鏡にてブドウ球菌様のGPCが認められ、3日後にブドウ球菌と確定しました。当初から抗菌薬としてVCMが開始とされていました。1週間以上抗菌薬を投与してもなかなか発熱も痛みも治まらず、腹部CTを撮影したところ、腸腰筋膿瘍であることが判明し、血液培養からはMRSAが検出され、臓器移行性も考えて抗菌薬をLZDに変更されました。解熱と炎症所見の改善がありましたが、投与2週間目に白血球と血小板が減少、また貧血傾向になりました。次のうち最も考えられることと行うべきことはどれでしょうか?

  • 1.白血球や血小板減少は、抗菌薬による骨髄抑制が原因と考えられるため、再度、VCMに変更するなど、他剤へ変更することを検討する。
  • 2.貧血傾向は、抗菌薬投与による腎機能障害から来る、腎性貧血であるため、医師と相談し、腎性貧血の治療を実施してもらう。
  • 3.LZDは臓器移行性が最も良いため、白血球減少や血小板減少、貧血に対し治療を行いながら使い続ける。
  • 4.解熱と炎症所見も改善していることから、抗菌薬を中止とし経過を見る。
今日のクイズに挑戦!