1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. ホスピスで働く音楽療法士・佐藤由美子

2011年12月16日

ホスピスで働く音楽療法士・佐藤由美子【全記事まとめ】|看護roo![カンゴルー]

この連載

  • Vol.4 ホスピスと緩和ケアの違いと共通点 [04/27up]

    音楽のあるホスピスから Vol.4 「ケア」の意味を考える 私は2002年からアメリカのホスピスで音楽療法士として活動し、2013年に帰国して以来、国内の緩和ケア病棟や在宅で患者さんを看ています。   講演な... [ 記事を読む ]

  • Vol.3 認知症の脳でも音楽は認識できる [02/16up]

    音楽のあるホスピスから Vol.3 音楽療法は記憶の扉を開けるカギ 有名な神経学者、オリバーサックス博士は認知症と音楽の関係についてこう語っています。 「彼らにとって音楽は贅沢ではなく、必要不可欠なものだ。音楽は他... [ 記事を読む ]

  • Vol.2 アンパンマンの歌がつらかった理由 [12/09up]

    音楽のあるホスピスから Vol.2 音楽療法が「心を癒やす」ほんとうの意味 音楽療法というと、音楽で患者さんを元気づけるとか、一緒に歌って楽しむというイメージがあるかもしれません。 確かに音楽には人々に喜びを与え、... [ 記事を読む ]

  • Vol.1 「音楽」という治療がある [10/21up]

    ホスピス緩和ケアを専門とする音楽療法士・佐藤由美子さんのコラム第一回。「治療としての音楽」と日本の現状、音楽があるホスピスの日常を届けていただきます。   音楽のあるホスピスから Vol.1 「音楽」という治療があ... [ 記事を読む ]

  • ホスピスで働く音楽療法士・佐藤由美子【全記事まとめ】 [12/16up]

    Vol.1 「音楽」という治療がある Vol.2 アンパンマンの歌がつらかった理由 Vol.3 認知症の脳でも音楽は認識できる Vol.4 ホスピスと緩和ケアの違いと共通点 Vol.5 音楽療法は誰をサポート...

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(0)

いちおし記事

新人ナースと超ドSドクターの胸キュンドラマ『恋つづ』|上白石萌音インタビュー

上白石萌音×佐藤健のラブコメディ♡ ナース役初挑戦への想いを聞きました! [ 記事を読む ]

呼吸管理で聞く「ETCO2」って、なに?

ETCO2とは何かから、カプノグラムの異常波形まで、知っとこう! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

あなたはおみくじを引きますか?

投票数:
1548
実施期間:
2019年12月31日 2020年01月21日

病院でお正月にちなんだ特別なことをした?

投票数:
1359
実施期間:
2020年01月03日 2020年01月24日

2020年の抱負教えて!

投票数:
1230
実施期間:
2020年01月07日 2020年01月28日

インフルエンザにかかったら、有休?欠勤?

投票数:
1141
実施期間:
2020年01月10日 2020年01月31日

あなたの病院で成功した画期的な「働き方改革」はある?

投票数:
1052
実施期間:
2020年01月12日 2020年02月02日

実録!? 私はこう太った!!!!

投票数:
969
実施期間:
2020年01月14日 2020年02月04日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者185

◆がん看護の問題◆がん疼痛管理の鎮痛薬を使用する際に考慮するべきことで誤っているものはどれでしょうか。

  • 1.患者さんが使用しやすい投与方法を選択する。
  • 2.体動による痛みは予測できる痛みのため、体位変換を行う30~60分前にレスキュー・ドーズを使用する。
  • 3.薬剤の選択は必ずWHOの三段階除痛ラダーに沿って行う。
  • 4.痛みの治療を開始する時は、痛みがなく夜間眠れているかの確認をする。
今日のクイズに挑戦!