1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. ホスピスで働く音楽療法士・佐藤由美子

2011年12月16日

ホスピスで働く音楽療法士・佐藤由美子【全記事まとめ】|看護roo![カンゴルー]

この連載

  • Vol.4 ホスピスと緩和ケアの違いと共通点 [04/27up]

    音楽のあるホスピスから Vol.4 「ケア」の意味を考える 私は2002年からアメリカのホスピスで音楽療法士として活動し、2013年に帰国して以来、国内の緩和ケア病棟や在宅で患者さんを看ています。   講演な... [ 記事を読む ]

  • Vol.3 認知症の脳でも音楽は認識できる [02/16up]

    音楽のあるホスピスから Vol.3 音楽療法は記憶の扉を開けるカギ 有名な神経学者、オリバーサックス博士は認知症と音楽の関係についてこう語っています。 「彼らにとって音楽は贅沢ではなく、必要不可欠なものだ。音楽は他... [ 記事を読む ]

  • Vol.2 アンパンマンの歌がつらかった理由 [12/09up]

    音楽のあるホスピスから Vol.2 音楽療法が「心を癒やす」ほんとうの意味 音楽療法というと、音楽で患者さんを元気づけるとか、一緒に歌って楽しむというイメージがあるかもしれません。 確かに音楽には人々に喜びを与え、... [ 記事を読む ]

  • Vol.1 「音楽」という治療がある [10/21up]

    ホスピス緩和ケアを専門とする音楽療法士・佐藤由美子さんのコラム第一回。「治療としての音楽」と日本の現状、音楽があるホスピスの日常を届けていただきます。   音楽のあるホスピスから Vol.1 「音楽」という治療があ... [ 記事を読む ]

  • ホスピスで働く音楽療法士・佐藤由美子【全記事まとめ】 [12/16up]

    Vol.1 「音楽」という治療がある Vol.2 アンパンマンの歌がつらかった理由 Vol.3 認知症の脳でも音楽は認識できる Vol.4 ホスピスと緩和ケアの違いと共通点 Vol.5 音楽療法は誰をサポート...

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(0)

いちおし記事

猛獣のいる病棟

ケンカっぱやい看護師を「猛獣」とたとえるなら、笑顔で見届ける師長は… [ 記事を読む ]

肺炎ってどんな病気?

【ケア】酸素消費量とエネルギーの消費量を最小限に抑えることがポイントです。 [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

あなたの中の「失言大賞」教えてください

投票数:
1160
実施期間:
2018年12月28日 2019年01月18日

お年玉、何歳までもらってた?

投票数:
1189
実施期間:
2019年01月01日 2019年01月22日

2019年に「がんばりたいこと」は何ですか?

投票数:
1112
実施期間:
2019年01月04日 2019年01月25日

同期との差感じたことあった?

投票数:
1004
実施期間:
2019年01月08日 2019年01月29日

成人式、参加した?

投票数:
1009
実施期間:
2019年01月11日 2019年02月01日

我が家独特の食事メニューある?

投票数:
646
実施期間:
2019年01月15日 2019年02月05日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者384

出産後、子宮復古を促進したり、射乳作用があるホルモンは、以下のうちどれでしょうか?

  • 1.プロラクチン
  • 2.プロゲステロン
  • 3.エストロゲン
  • 4.オキシトシン
今日のクイズに挑戦!