1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. マンガ・ブランク16年の私が看護師に復帰した話>
  4. 復帰への一歩を踏み出した話|マンガ・ブランク16年の私が看護師に復帰した話【3】

2016年12月18日

復帰への一歩を踏み出した話|マンガ・ブランク16年の私が看護師に復帰した話【3】

ブランク16年の私が看護師に復帰した話【第3話】

 

長年看護師を続けてきた方々から話を聞き、「仲間がいるってうらやましい!」という気持ちが生まれた私。漫画家ってね…基本的に一人ぼっちで作業するのよ。

外に出ようとPTAや習い事に参加したけれど、働いていないママと価値観が違った!その点ナースは常にチーム。社会の一員としてチームで働くあの感じ、カッコイイ!

なあんてナースの求人サイト見てて思ったワケですよ…ほんの軽い気持ちで登録へ。そしてそれがナース復帰の第一歩になろうとは!

登録の翌日。紹介センターから電話が来て焦る私。ブランク16年、現在46歳であることを伝えるも…46歳は若いわよ!との答えが。

ブランクの不安を伝えてみる。すると、ブランクのある方を対象に無料の研修を開催しているので、受けてみませんかと聞かれ、思わず「はい」と返事をしてしまった。電話を切ってから呆然とする私。

まずは家族に相談。しかし、家族全員から「無理だろ(でしょ)(だって)(だよー)」の合唱が。「それにママ外に働きに出たら家にいなくなるんでしょ」と長男。

家族からナース復帰を応援されると思っていたのに…家族にとって母親の就職は大きな出来事だってことはわかった。なので、とりあえず「復職セミナーに行くだけだから!!」

「三日間だけ!」と、その三日間が私の運命を変えたのです。(おまけ)私の周りのママさんナースは大きく分けて二通り。「時短でサラッと」なパートナース。「がっつりフルタイム」なフルタイムナース。PTAとかでお会いするとひそかにタイプの違いを観察して参考にしていました。

 

【著者プロフィール】

広田奈都美(ひろた・なつみ) HP

漫画家・看護師。某地方総合病院にて勤務後、漫画家としてデビュー。著書は「僕達のアンナ」(集英社)、「お兄ちゃんがコンプレックス」、「ママの味・芝田里枝の魔法のおかわりレシピ」(秋田書店)他。

この連載

  • いざ復職セミナーへ② [02/10up]

    ブランク16年の私が看護師に復帰した話【第5話】   【著者プロフィール】 広田奈都美(ひろた・なつみ) HP 漫画家・看護師。某地方総合病院にて勤務後、漫... [ 記事を読む ]

  • いざ復職セミナーへ [01/22up]

    ブランク16年の私が看護師に復帰した話【第4話】     【著者プロフィール】 広田奈都美(ひろた・なつみ) HP 漫画家・看... [ 記事を読む ]

  • 復帰への一歩を踏み出した話 [12/18up]

    ブランク16年の私が看護師に復帰した話【第3話】     【著者プロフィール】 広田奈都美(ひろた・なつみ) HP 漫画家・看護師。某...

  • 看護師に圧倒された話 [11/08up]

    ブランク16年の私が看護師に復帰した話【第2話】   ・・・第3話へ続く・・・   【著者プロフィール】 広田奈都美(ひろた・なつみ)... [ 記事を読む ]

  • 第1話 看護師の漫画を描こうと思ったら [10/21up]

    ブランク16年の私が看護師に復帰した話【第1話】 ・・・第2話へ続く・・・   【著者プロフィール】 広田奈都美(ひろた・なつみ) HP 漫画家・看護師。某地... [ 記事を読む ]

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(5)

5匿名2017年01月31日 03時15分

マンガ、面白いですね。今は二足のわらじを履いていらっしゃるのでしょうか。
ところで、「孤独」という字が間違っていて気になりました。

4匿名2017年01月20日 23時35分

最近20年のブランクを経て就職したばかりです!歳も同い年!連載楽しみにしています!

3りの2017年01月01日 21時03分

看護師も漫画も頑張ってください!プロペラ好きでした〜

2匿名2016年12月21日 04時47分

私も復帰したいけど経験がないから無理かな

1匿名2016年12月20日 08時58分

そっかー。ブランク16年でも看護師復帰できるのか~!

関連記事

いちおし記事

どうなった?看護師と医師の恋愛

最終話公開中!これまでのお話をおさらいしたうえで読んでみてください! [ 記事を読む ]

喀血と吐血、違いをきちんと理解できてる?

「吐血」は上部消化管からの出血、では、「喀血」はどこからの出血でしょうか?吐血と喀血の違いのほか、下血の観察ポイントも解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

なかなか寝られないとき、どうしてる?

投票数:
645
実施期間:
2017年11月03日 2017年11月24日

看護師国家試験、苦手科目は?

投票数:
824
実施期間:
2017年11月07日 2017年11月28日

一番好きな医療ドラマはどれ?

投票数:
599
実施期間:
2017年11月10日 2017年12月01日

J-アラート作動(弾道ミサイル発射)!どうする?

投票数:
482
実施期間:
2017年11月14日 2017年12月05日

「こんなドクターいたらいいな…」一緒に働いてみたい俳優は?

投票数:
788
実施期間:
2017年11月17日 2017年12月08日

キラキラ女子を見たくない!?一番キライなSNSは?

投票数:
300
実施期間:
2017年11月21日 2017年12月12日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2874

75歳女性のAさんは、小脳出血発症後、誤嚥性肺炎を繰り返し、気管切開を施行しています。ADLは全介助の状態でした。嚥下障害に対して声門閉鎖術を施行し、経口摂取が可能となりました。現在、刻み食を全量摂取しています。今後、在宅での生活へ移行する際に、永久気管孔の管理についてご家族への指導として適切ではないものはどれでしょうか?

  • 1.気管孔をガーゼなどで保護し、乾燥を防ぐ。
  • 2.シャワー浴や入浴は通常通りしてもよい。
  • 3.排便コントロールを行う。
  • 4.痰が出やすいので、気管孔周囲を清潔に保つ。
今日のクイズに挑戦!