1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. マンガ・ナースに会ってきた>
  4. プライドより大切なもの|ナースに会ってきた【2】

2017年01月08日

プライドより大切なもの|ナースに会ってきた【2】

理不尽な状況が続くこと、ありますよね・・・。
そこから踏ん張ったナースマンのお話です。

『ナースに会ってきた』

 

vol.2 プライドより大切なもの

高野さん(仮名 28歳)8年目のナースマン。以前描いたナースマンの4コマにツイートしてくださり、お会いすることに。

入職したばかりのころの苦労話。

理不尽に怒られることも多く、人々の幸にために働くという理想と現実は離れている「この仕事辞めよう」と情熱が消えてしまった。でも、どうせ辞めるなら…

「自分が分からない手技や知識を正しく学んでからこの職場を辞めよう」と考えたそう。そうした考えの中で新たに仕事をスタートすると、以前より物事をあるがままにとらえることができるようになったそうです。

小さなことでも嘘いつわりなく、患者さんにも上司にも誠実に謝る。そうすると少しずつ周りの反応も変わり…

認められる機会が増えてきました。そのまま辞めずに3年間働き続け、「正直さと誠実さがプライドに勝る」という考えに至り、今は正直に誠実に生きること自体がプライドになっているそう。私も仕事辞めたくなったらそう考えてみよう。

 

 

【著者プロフィール】

水谷緑(みずたに・みどり)

水谷緑

著書は「コミュ障は治らなくても大丈夫」(吉田尚記、水谷緑)「まどか26歳、研修医やってます!」「あたふた研修医やってます。」(KADOKAWA) 他。小学館「いぬまみれ」にて犬漫画「ワンジェーシー」連載。

HP:http://mizutanimidori.com/

 

 

○●『じたばたナース』が本になりました!●○

2年間の連載に加えて、50P以上の描きおろし&「腐女医」さーたりさんからの寄稿を含むオリジナルコラムも掲載しました。

Amazonや各書店で好評発売中です。

 

『じたばたナース 4年目看護師の奮闘日記』(KADOKAWA)

この連載

  • Vol.4 患者さんが亡くなって、泣いたことはありません [02/16up]

    前回に続き、緩和医療ナースNさんのインタビュー。 患者さんが亡くなった時に、泣く人、泣かない人。それぞれの想いとは?   vol.4 患者さんが亡くなって、泣いたことはありません ... [ 記事を読む ]

  • Vol.3 「生きたい」を支える [02/09up]

    今回より3回にわたって、緩和医療に携わる看護師さんのインタビューをお届けします。     vol.3 「生きたい」を支える     【著者プ... [ 記事を読む ]

  • Vol.2 プライドより大切なもの [01/08up]

    理不尽な状況が続くこと、ありますよね・・・。 そこから踏ん張ったナースマンのお話です。   vol.2 プライドより大切なもの     【著者プ...

  • Vol.1 村の宝ナース [12/13up]

    『じたばたナース』の作者、水谷緑さんによる看護師さんレポート漫画が始まります。 第1回目は72歳の師長さんが登場します。   vol.1 村の宝ナース   ... [ 記事を読む ]

  • マンガ・ナースに会ってきた【全記事まとめ】 [02/09up]

    村の宝ナース プライドより大切なもの 「生きたい」を支える~緩和医療ナースNさん(1) 患者さんが亡くなって、泣いたことはありません~緩和医療ナースNさん(2) 死を前にした患者さんの最期の願い~緩和... [ 記事を読む ]

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(14)

14匿名2017年01月10日 15時32分

男性上司NS普通に怖いな
そして「友達に紹介したい」は嘘では??

13匿名2017年01月09日 18時36分

立派…!ついつい自分を守りたくなっちゃうんですよね…。この方の心得はまねしたい!

12肉球2017年01月09日 13時31分

当たり前のことなんだけど、これができない人が多いね。
気を付けていないと変なプライドが邪魔をするんだよなあ。

11匿名2017年01月09日 09時35分

立派!看護師は何で怒鳴ってばかりなんだろう?命を守るべき人が。。。強くならなきゃ。

10gavo2206072017年01月09日 09時13分

一時で終わらせないこと、続けること、きづくこと 教えてもらいました。
わたしもがんばろう

9ねこまみれ2017年01月09日 03時58分

なんか作りもんやな。自己愛というか自己憐憫に浸ってて問題解決や行動変容に繋がってない

8コマネチ2017年01月09日 00時12分

続けることは辞めることの何倍も大変ですよね。
私も見習いたい・・・。

7未知2017年01月08日 22時38分

いつも思うんだけど、皆んなそれぞれ育つ過程にある人間だし、教える方も教わる方も謙虚に素直になればいいのになと思います。

6匿名2017年01月08日 22時13分

女に指導されるのが嫌なのかすごい頭の硬いナースマンいたけど、いつまでも認められてなかったな。
やはり素直に受け止めれる、聞けるってすごい大事。

5おばちゃんナース2017年01月08日 20時45分

石の上にも三年 とにかく三年 しがみついてでもがんばったら急に仕事が楽になって楽しいとも思えるようになった。 仕事に自信がもてるようになったら悪口気にならなくなったな。

4匿名2017年01月08日 20時28分

なんかよくわからないし当たり前のような。男ナースの世界は色々大変なのかな。

3匿名2017年01月08日 20時06分

男看って男看にものすごーーーーく厳しいよね

2疑問2017年01月08日 17時35分

体温計の件も、指示ドクターの名前もわからない指示は受けれない件、しかも口頭。どの件も当たり前の事であってそれを未だに「理不尽なことであった」と認識?

1匿名2017年01月08日 17時16分

かっこいい……
こんの素敵なナースマンがいるなんてびっくり。
私もみならいます。

関連記事

いちおし記事

「フレイル」ってわかる?老年看護の新用語を解説

2018年の看護師国家試験から出題範囲に含まれた新用語群を解説します。 [ 記事を読む ]

頭痛の時に痛みを感じているのは脳?

見逃すとこわい「頭痛」。なぜ、痛みを感じるのか、どこを観察するかなどを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

EPA外国人看護師と協働したことある?

投票数:
630
実施期間:
2017年10月03日 2017年10月24日

あなたの通勤方法は?

投票数:
749
実施期間:
2017年10月06日 2017年10月27日

今年のハロウィンの予定は?

投票数:
654
実施期間:
2017年10月10日 2017年10月31日

退院調整看護師と協働したことある?

投票数:
571
実施期間:
2017年10月13日 2017年11月03日

自分が服用するなら、先発医薬品?後発医薬品?

投票数:
536
実施期間:
2017年10月17日 2017年11月07日

ホスピタルアートに興味ある?

投票数:
458
実施期間:
2017年10月20日 2017年11月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者176

Aさんは40代男性で、統合失調症と診断されています。18歳の時に発症し、これまでに5回の入院歴があります。入院後も自閉的な生活が続いており、ほとんどほかの患者さんとの交流はありません。最近は一日中コップを片手に持ち、洗面所と部屋を行き来するなど飲水行為が目立っています。身長168cm、今朝の起床時の体重は60kgでしたが、昼食後に再度測定すると、67kgまで増加していました。表情もボーっとしており、問いかけにも返答がありません。歩行時にふらつきが見られ、昼食前にズボンの前を濡らしたまま歩いていました(尿失禁)。このような状態の多飲水患者さんへの看護として最優先される対応はどれでしょうか?

  • 1.患者に朝と夜に体重測定を行ってもらい、1日で摂取できる水分量を伝え、それをうまく配分、コントロールできるよう看護師が教育的な援助を行う。
  • 2.水に集中している意識がほかのものに向くよう、作業療法やレクリエーションなどを導入し、気分転換を図るよう援助する。
  • 3.コップを看護師が管理し、飲水量を厳しくチェックする。それでも飲水が止まらず体重がプラス5kgになれば、保護室で隔離を行い、水分摂取を強制的に制限する。
  • 4.Aさんは、昼食後の体重が基礎体重よりプラス5%を超えており、意識障害も疑われるため、血液検査を考慮する。
今日のクイズに挑戦!