1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 病院珍百景>
  4. 忘年会のちょっと変わった余興|病院珍百景

2016年11月25日

忘年会のちょっと変わった余興|病院珍百景

あなたの病棟や病院の「名物余興」はありますか?

忘年会のちょっと変わった余興

製薬会社を交えた病棟の忘年会で

製薬会社の方がちょっと変わった余興を企画してくれた!

製薬会社の余興企画者「触って嗅いで当てちゃお~!この軟膏なんだ?ク~イズ」

ドクター、ナース、製薬会社の田中さんが目隠しをしてイスに座っています。企画者が手にした軟膏のチューブを宴会席に見せながら「ではコレを塗ります!」

腕まくりをした前腕に企画者が軟膏を塗っていきます。

目隠しをした回答者は、塗られた軟膏の感触やニオイを確かめ、答えをボードに書きます。

回答者が宴会席にボードに書いた答えを見せる中、企画者「正解はゲンタシンです!」

軟膏名を当てるゲームで、意外とナースの正解率が一番高かったらしい!

 


【著者】とげとげ。

 元看護師のイラストレーター。有名女性誌などで幅広く活躍しながら、2児の母としても絶賛奮闘中。

子育てエッセイマンガブログ『ママまっしぐら!』

http://www.togetoge.net/

この連載

  • ペンの脅威 [12/23up]

    こればかりは「今年の汚れ今年のうちに」とはいかないようで…。   【著者】とげとげ。  元看護師のイラストレーター。有名女性誌などで幅広く活躍しながら、2... [ 記事を読む ]

  • 採血の上達に必要なモノとは!? [12/09up]

    「病は気から」…ではなく「採血は気から」らしい。   【著者】とげとげ。  元看護師のイラストレーター。有名女性誌などで幅広く活躍しながら、2児の母としても絶賛奮... [ 記事を読む ]

  • 忘年会のちょっと変わった余興 [11/25up]

    あなたの病棟や病院の「名物余興」はありますか?   【著者】とげとげ。  元看護師のイラストレーター。有名女性誌などで幅広く活躍しながら、...

  • 『転んじゃった!』の事後報告 [11/11up]

    転んで“イタイ”のは患者さんだけではなかったり…   【著者】とげとげ。  元看護師のイラストレーター。有名女性誌などで幅広く活躍しながら、2児の母として... [ 記事を読む ]

  • 眠れない患者さんにあげたいもの [10/28up]

    世の中うまくいかないことのひとつです。 【著者】とげとげ。  元看護師のイラストレーター。有名女性誌などで幅広く活躍しながら、2児の母としても絶賛奮闘中。 ... [ 記事を読む ]

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(8)

8レイ2017年03月03日 23時42分

昔の話ですよね。今の時代に薬屋と忘年会はかなーりヤバイ。

7匿名2016年11月29日 20時15分

楽しそう!

6匿名2016年11月28日 00時42分

おもしろい。やってみたいです

5ムーミン2016年11月27日 08時34分

軟膏のパッケージ?でわかりました(^_^*)
面白い〜!

4匿名2016年11月27日 05時37分

これは面白いですね! 似たようなクイズをやってみたいな~。

3匿名2016年11月25日 20時47分

おもしろい!

2匿名2016年11月25日 20時22分

製薬会社だからできるんだよな
ナースがやったら「無駄にするな!」って怒られるわ

1ナース2016年11月25日 17時24分

医者って意外と薬の形状だったりって把握してないですよね(@'ω'@)処方するだけ...。だから飲みにくい薬を平気で年寄りに出しちゃったり(-.-)

関連記事

いちおし記事

患者さんから“深い話”を打ち明けられたとき…。あなたならどう受け止める?

【マンガ】大切な人が死ぬとき~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~(12) [ 記事を読む ]

点滴静脈内注射が血管外に漏れたら、どうなるの?

どんな症状が起こるか、どう対応すればよいか解説!観察ポイントがひと目でわかるイラストも紹介! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

病院でお正月にちなんだ特別なことをした?

投票数:
1455
実施期間:
2020年01月03日 2020年01月24日

2020年の抱負教えて!

投票数:
1338
実施期間:
2020年01月07日 2020年01月28日

インフルエンザにかかったら、有休?欠勤?

投票数:
1266
実施期間:
2020年01月10日 2020年01月31日

あなたの病院で成功した画期的な「働き方改革」はある?

投票数:
1193
実施期間:
2020年01月12日 2020年02月02日

実録!? 私はこう太った!!!!

投票数:
1156
実施期間:
2020年01月14日 2020年02月04日

チェックしてる「勉強垢」ってある?

投票数:
627
実施期間:
2020年01月17日 2020年02月07日

あなたが作り出した「自分史上最低の料理」は?

投票数:
456
実施期間:
2020年01月21日 2020年02月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者806

◆がん看護の問題◆Cさんは40歳代の営業職の仕事を行っている男性です。非小細胞肺がんと診断され、「今後も仕事を継続しながら治療を行いたい」と話しています。
Cさんの治療は、抗がん剤であるビノレルビン酒石酸塩+シスプラチン療法を行うことになりました。
今後、骨髄抑制の副作用が予測されるCさんに対してどのような説明が必要でしょうか?

  • 1.抗がん剤投与から1週間は特に貧血に注意して生活をしてもらう。
  • 2.治療期間中は感染を防ぐため、仕事を控えるように説明する。
  • 3.血小板の減少は抗がん剤投与後3週間程度で起こるが、その時期は、自分で気づきにくい内出血に注意するよう説明する。
  • 4.白血球は抗がん剤投与後7~14日程度で最低値となるため、特にこの期間は感染に注意が必要である。
今日のクイズに挑戦!