1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 結局、お酒は体にいいの?悪いの?

2016年11月19日

結局、お酒は体にいいの?悪いの?

一般的に、「赤ワインは体に良い」「少量のお酒は体に良い」などといわれていますが、オーストラリアがん協議会によると、国内のがん患者の2.8%が飲酒に関連しているそうです。

 

アルコールの量や種類にかかわらず、飲酒はがんに直接関係があると報道されています。

 

 

7種類のがんに飲酒が関連

論文雑誌「Addiction(アディクション=英語で中毒)」で、ニュージーランドのオタゴ大学のジェニー・オコナー氏は自らの研究から、「アルコールは肝臓だけではなく、口腔がん、咽頭がん、喉頭がん、食道がん、結腸がん、大腸がん、乳がんなど7種類のがんに関連している可能性がある」との見解を示した記事を執筆しました。

 

その研究では、世界的に発表された関連データ10年間分を収集した結果、2012年だけでもがん死亡の5.8%がアルコールに起因していることが明らかになったとしています。

 

さらに、世界がん研究基金(WCRF)のスザンナ・ブラウン氏は、アルコールによって、特に大腸がんと乳がんのリスクが高まると注意を促しています。

 

毎日グラス1杯の赤ワインは心臓に良い、というのはウソ?

「1日1杯の赤ワインが心臓に良い」というような少量のアルコールに“効能”があるとする説についても、オコナー氏は「一連のがんのリスク上昇との比較において関連性はない」と否定しています。

 

このことは、ここ10年間にWCRFや世界保健機関(WHO)の外部組織である国際がん研究機関(IARC)などの組織によって行われた研究データを分析した結果、導き出されました。

 

1日2杯まで。まずは飲酒量を減らすことから

それではお酒の適量とはどれくらいのことをさすのでしょう?

 

オーストラリアのがん協議会では、がん予防のために減酒を呼びかけており、飲酒の量が多い人はまず1日に2杯までに抑えることを推奨しています。

 

イギリスの医療制度「国民保険サービス(NHS)」では、1日に2杯以上の飲酒は乳がんのリスクを16%高め、5杯以上ではリスクが40%にまで上昇するとしており、同国の科学者たちもアルコールはDNAに損傷を与えると分析しているようです。

 

アルコールの効能についてはこれまでも賛否両論ありました.。

 

こちらの研究結果を参考にすると、毎日晩酌をする習慣のある人はまず、飲酒量を減らすことから始めたほうがよさそうです。

 

前述のブラウン氏は言います、「私たちは、がん予防のために、きっぱり飲酒を止めることを長い間勧めている。けれども、それは『言うは易く行なうは難し』ということもわかっている」と。

 

(文):Ryo’s

(参考):Alcohol directly linked to seven types of cancer(SBS)

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(3)

3匿名2016年11月20日 09時43分

がんリスクがあるなんて怖いですね

2匿名2016年11月19日 20時28分

お酒っていいんですかね…

1匿名2016年11月19日 11時33分

身体に良いお酒もありますね、養命酒とか。卵酒とか。

関連記事

  • 新人看護師が起こしやすい5つのミス [09/03up]

    新人看護師がひとり立ちするとき、不安なのが「医療ミス」。   愛知県厚生連海南病院の研究によると、新人のミスは8~9月をピークに発生しやすく、その内容は「処方・与薬」が全体の52%と圧倒的な割合を占めます。   ... [ 記事を読む ]

  • 同僚とうまく付き合う、5つの方法 [12/28up]

    職場での人間関係が良好ならば、信頼できる上司や同僚たちとともに困難なことに直面しても乗り越えていくことができるでしょう。一方で、職場の人間関係が原因で仕事を辞めたいと思うことも珍しいことではありません。   アメリカ看護... [ 記事を読む ]

  • 自閉症児を支援するツールとしてのレゴ® [02/25up]

    デンマーク発祥のおもちゃ、レゴ®。その人気は伝統的なブロック遊びの枠を超えるもので、テーマパーク「レゴ®ランド」が開設されたり、レゴ®で構築された世界を舞台とした映画が公開されたりするほどです。そんなレゴ®が用いられた、自閉症スペク... [ 記事を読む ]

  • 精神科病棟のナースから学ぶ、7つの大切なこと [09/17up]

    あなたはこれまで、看護師としてどんなことを経験し、そこから何を学びましたか? 日々さまざまな出来事を経てあらゆるスキルを磨き続けているのは、海外の看護師も同じです。ここでは、アメリカの病院で精神科を専門としている看護師、ケヴィ... [ 記事を読む ]

  • がん専門看護師から学ぶセルフケアのアドバイス [07/13up]

    がんと闘う患者さんを支え、介護する家族には、さまざまな苦労や葛藤があります。   がんの治療法や治療効果に関する悩み、家族の苦しむ姿を目の前にするつらさ、など……。   そこで今回は、ホリスティック(全人的)... [ 記事を読む ]

いちおし記事

国家試験の不適切問題どうなる?

不適切と考えられる23問の問題とその理由をまとめました。 [ 記事を読む ]

気胸に関するQ&A

気胸の3大症状は、突然起こる胸痛、乾性咳嗽、呼吸困難です。ケアのポイントは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

もし新卒時に戻れるなら何科で働きたい?

投票数:
291
実施期間:
2017年03月14日 2017年04月04日

「寝坊したことある?」そのあとどうした?

投票数:
262
実施期間:
2017年03月17日 2017年04月06日

就職活動をした(応募した)病院はいくつ?

投票数:
230
実施期間:
2017年03月21日 2017年04月10日

国試の合格発表、最初に誰に知らせた(る)?

投票数:
132
実施期間:
2017年03月24日 2017年04月13日
もっと見る