1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 医療職のストレスはあらゆる面でトップクラス?!過労死等防止対策白書から読み解く

2016年11月03日

医療職のストレスはあらゆる面でトップクラス?!過労死等防止対策白書から読み解く

政府は初めてとなる「過労死等防止対策白書」を10月に閣議決定しました。

 

白書を読み解くと、もっともストレスの強い業種として「医療・福祉業」が挙げられるなど、医療職が疲労度・ストレス度、そして労災認定度のいずれの面においても、過酷な労働環境にさらされていることが改めて浮き彫りになりました。

 

 

強いストレスを抱えた人が4割超

白書によれば、労働者(正社員)調査において、勤務状況や自覚症状からわかる疲労の蓄積度が「高い」、「非常に高い」と判定される割合は、「宿泊業・飲食サービス業」(40.3%)が最も高く、次いで「教育・学習支援業」(38.9%)、「運輸業・郵便業」(38.0%)、「医療・福祉業」(36.7%)と、医療職は職種別で4番目に疲労の蓄積度が高くなっています。


一方で、ストレス状況の調査では、ストレススコアが高かった回答者を業種別にみると、「医療・福祉業」(41.6%)が最も高く、他業種が軒並み30%台なのに対して突出して高い結果であることがわかりました。

 

これらの調査から「医療・福祉業」は、“疲労の蓄積度”と“ストレス状況”のいずれにおいても、他業種より過酷な状況にあることがわかります。

 

うつ病等による労災請求もトップクラス

医療職の労働環境の劣悪さは、以前から問題視されていました。

 

実際に、強いストレスなどによって精神障害を発症して労災請求をしている業種のトップは「社会福祉・介護事業」、2位が「医療業」となっています。

 

職種別でも、ストレスによるうつ病などで労災請求しているのは「介護サービス事業者」が5位、「保健師・助産師・看護師」は9位に上るなど、他職種と比べて高いことがわかります。

 

わずか1%の医療職が労災認定の半数占める異常さ

医療職の抜きんでたストレスの高さや疲労の強さは、比較的安定した労働体系が確保されていると思われている公務員においても顕著です。

 

国家公務員のストレス等による労災認定件数(2014年・精神疾患等)は全体で10件ほどですが、そのうち約半数の4件を医療職が占めています。

 

これは国家公務員の職員構成を考えると、とても異常であることがわかります。

 

国家公務員全体の人数(25万5277人)に対して、医療職が占める割合はわずか1%(2764人)。

 

その1%にすぎない医療職が、労災認定では半数を占めるということは、公務員においてもいかに医療職が過酷な労働環境にあるかがうかがえるのではないでしょうか(2014年国家公務員給与実態調査より)。

 

過労死を防止しようと政府は医師や看護師によるメンタルチェック制度を導入するなど、様々な対策をスタートさせています。

 

ですが、健康を守るはずの医療職自身が過労で倒れては本末転倒。

 

まずは医療現場の労働環境を改善していくことが、急務なのではないでしょうか。

 

【ライター:横井 かずえ】
 

(参考)

「平成28年度版過労死等防止対策白書」(厚生労働省)

(関連記事)

仕事のストレスによるうつ発症、医療業が第2位。看護師のストレス原因は「仕事量」

 

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(2)

2匿名2016年11月03日 20時03分

過食鬱ってあるのかなぁ

1匿名2016年11月03日 19時51分

メンタルチェックシート、チェックするだけで全く活用されてないように思う。結局そのあとどうするかが大事じゃないの?

関連記事

いちおし記事

「ぼくねぇ、もうすぐ死ぬんだ…」にどう答える?

マンガ『おうちで死にたい~訪問看護の現場から~』の続編です。 [ 記事を読む ]

褥瘡の悪化を防ぐのに最適なポジショニングは?

褥瘡発生原因のアセスメントから「動きの過程」と「座位の保持」を評価した上でどのようなポジショニングがベストかを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

上司に怒りを感じるのはどんなとき?

投票数:
1489
実施期間:
2017年10月31日 2017年11月21日

なかなか寝られないとき、どうしてる?

投票数:
606
実施期間:
2017年11月03日 2017年11月24日

看護師国家試験、苦手科目は?

投票数:
767
実施期間:
2017年11月07日 2017年11月28日

一番好きな医療ドラマはどれ?

投票数:
531
実施期間:
2017年11月10日 2017年12月01日

J-アラート作動(弾道ミサイル発射)!どうする?

投票数:
393
実施期間:
2017年11月14日 2017年12月05日

「こんなドクターいたらいいな…」一緒に働いてみたい俳優は?

投票数:
327
実施期間:
2017年11月17日 2017年12月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1162

78歳女性、持続する発熱と下腹部から臀部回りの痛みを訴え、老健施設より救急搬送にて来院しました。肋骨脊柱角叩打痛もあり、尿路感染症の診断で入院となりました。尿の培養は104CFU/mLであり、検鏡にてブドウ球菌様のGPCが認められ、3日後にブドウ球菌と確定しました。当初から抗菌薬としてVCMが開始とされていました。1週間以上抗菌薬を投与してもなかなか発熱も痛みも治まらず、腹部CTを撮影したところ、腸腰筋膿瘍であることが判明し、血液培養からはMRSAが検出され、臓器移行性も考えて抗菌薬をLZDに変更されました。解熱と炎症所見の改善がありましたが、投与2週間目に白血球と血小板が減少、また貧血傾向になりました。次のうち最も考えられることと行うべきことはどれでしょうか?

  • 1.白血球や血小板減少は、抗菌薬による骨髄抑制が原因と考えられるため、再度、VCMに変更するなど、他剤へ変更することを検討する。
  • 2.貧血傾向は、抗菌薬投与による腎機能障害から来る、腎性貧血であるため、医師と相談し、腎性貧血の治療を実施してもらう。
  • 3.LZDは臓器移行性が最も良いため、白血球減少や血小板減少、貧血に対し治療を行いながら使い続ける。
  • 4.解熱と炎症所見も改善していることから、抗菌薬を中止とし経過を見る。
今日のクイズに挑戦!