1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 看護師だって癒されたい!おもしろいストレス解消法

2016年11月08日

看護師だって癒されたい!おもしろいストレス解消法

看護師は患者さんの生死にかかわる機会が多いゆえに、ストレスフルな仕事ですね。

 

そんななか、上手にストレスを解消するためのユニークな方法が、看護師・看護学生向けサイト「ナース・ドット・コム」で紹介されました。

 

一体どんなものか、みてみましょう。

 

 

看護師だって、動物と触れ合って癒されたい!

米ペンシルベニア州フィラデルフィアにあるペンシルベニア病院で今春、看護師をはじめとする病院職員向けのイベント「ペットと触れ合いコーナー」が開催されました。

 

この初のイベントには、わずか3時間に200人もの職員が参加。

 

近所のアニマルシェルターの協賛で運ばれた犬や猫など5種類のペットを抱っこしたり、なでたり、ほかの同僚とも友好的な時間を持ったりすることができました。

 

休憩時間にペットと触れ合った看護師は満面の笑みで職場に戻ったそうです。

 

動物と触れ合うことで癒されるアニマルセラピーは、もはや患者さんのためだけではありませんね。

 

人によっては、好き嫌いやアレルギー、清潔面への配慮が必要ですが、多くのスタッフが癒されたことを受けて、次回も計画中だとか。

 

スタッフである看護師だって、思いきり癒されてもいいはずですよね。

 

笑うことは一番の薬

次に紹介するのは「笑い」についてです。

 

ケンタッキー州エッジウッドにある聖エリザベス・メディカル・センターのERの専門看護師として働くフォスター・テリーさんは、笑いやユーモアが延々と続くER看護のプレッシャーを和らげてくれると述べています。

 

「看護師は一緒に笑い、一人で泣く」と言い、「私たち看護師は一般の人にとってはおもしろくないことに笑いを見出すのです」と。

 

例えば、患者さんがなじみのない医療用語をうまく言えなかったりすると、医療専門職の看護師にはおかしく聞こえたりするものです。

 

ただし、患者さんやご家族の本人の前で笑ったりすることは御法度です。

 

また、人種、信仰、個人のライフスタイルの違いなどに関連したデリケートな事柄をユーモアのソースとして扱うことは、絶対に避けなければいけないと提案しています。

 

「私たちはシチュエーションにおもしろさを感じて笑うのであり、個人を笑いの対象にしているのではありません」(テリーさん)。

 

シチュエーションのおもしろさを看護師同士でシェアして笑うことは緊張をほぐすことにつながるでしょう。

 

ストレスとうまく向き合う

最後に、ストレスと上手に向き合うことが不可欠です。

 

働いている以上、ストレスはつきものですよね。

 

どうせなら、うまく付き合いましょう。

 

ペンシルベニア病院で働くバレックさんは「勤務日に、看護師のストレスのはけ口は必要です」と伝えています。

 

「ペットと触れ合いコーナー」を設けたことで、自分自身をケアする大切さを再認識しています。

 

看護師が癒されるためには工夫が必要

看護師が癒されるためには、まず自分がストレスを感じていることを自覚することから始まります。

 

ストレスにさらされやすい仕事だからこそ、上手な解消方法を探りましょう。

 

自分の好きなことを取り入れたり、動物や子供と触れ合ったりすることで自然と笑顔があふれるかもしれません。

 

毎日の看護に「笑い」は必須です。

 

ユーモアを持ち、笑いを多く取り入れ日々の仕事をこなしていきましょう。

 

(文):バックレー麻友香

(参考):Nurses use creative measures to relieve stress(NURSE.com)

 

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(1)

1匿名2016年11月08日 09時36分

笑いは大切ですね!

関連記事

  • いじめは文化?…にならないようにできること [01/07up]

    看護業界でのいじめは残念ながら世界共通。そんな受け入れがたい現実を根本から変えようとする看護師がいます。その1人、ベリンダ・ミカエリアンさんは心臓血管外科で勤務した経験を経て、ペインマネジメント分野の知識も持つClinical Nu... [ 記事を読む ]

  • 燃え尽き症候群撃退!バランスよく生きるための3つの方法 [10/15up]

    看護師は、患者さんの回復や健康促進に向けて一番そばで関わることができる大変やりがいのある仕事です。   一方で、不規則な勤務形態のため、家族や友人と一緒に休暇をエンジョイするのは難しいこともしばしば。   プ... [ 記事を読む ]

  • EPA外国人看護師と共にヒヤリハットを防ぐために、何ができるか? [09/15up]

    この連載では、私がEPA外国人看護師と一緒に働いて感じたことやそのエピソードをお伝えし、より良い協働のために何が必要なのか、読者の皆さんと一緒に考えていければと思います。 【文:小林ゆう(看護師)】   外国人看護... [ 記事を読む ]

  • 海外セレブに人気!夜間看護師とは? [12/27up]

    軽妙な語り口が評判のテレビ料理番組「裸のシェフ」で一躍注目を集めた英国人シェフ、ジェイミー・オリヴァーさん。彼は「セレブシェフ」の肩書きのほかに「5人の子持ちの父親」という顔を持ちます。   彼は妻ジョールズさんとの間に... [ 記事を読む ]

  • ヒップホップは精神疾患に効く? [01/03up]

    この疑問に最低でも2人の精神科医が「Yes」と答えています。   長い間ヒップホップは、アーティストの感情のはけ口となってきました。彼らは、ヒップホップを通して自分自身を表現したり、抱えている問題を克服したりしてきたので... [ 記事を読む ]

いちおし記事

モジャ先生との優しい時間|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌(104)

「相談したいことがある」とモジャ先生を食事に誘ったもも子は… [ 記事を読む ]

リフィーディング現象ってなんだっけ?

場合によっては不整脈や心不全を引き起こすことも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

思わずほっこりした「ナースコール」はある?

投票数:
1273
実施期間:
2019年09月27日 2019年10月18日

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1285
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1166
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1020
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
871
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
393
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1031

◆皮膚ケアの問題◆80歳代男性Aさん。右大腿骨頸部骨折のため入院となりました。観血的整復固定術が行われ、現在のADLは、体動はゆっくりではありますが、介助があれば車いすへの移動が可能です。ベッド上での自力での体位変換は不十分な状態です。Aさんの褥瘡予防ケアについて、適正なケアはどれでしょうか?

  • 1.手術後よりリスクアセスメント・スケールを用いて、褥瘡の評価を行った。
  • 2.現在もベッド上での自力での体位変換が不十分なため、体圧分散寝具の使用や体位変換介助を継続した。
  • 3.車いすに乗るときは、円座(ドーナッツ状クッション)を使用するよう伝えた。
  • 4.仙骨部などの骨突出部にマッサージを行った。
今日のクイズに挑戦!