1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 社会人から看護師へ>
  4. すぐに辞める新人看護師と辞めない新人に違いはあるのか

2016年10月27日

すぐに辞める新人看護師と辞めない新人に違いはあるのか

社会人から看護師へ【5】

すぐに辞める新人看護師と辞めない新人に違いはあるのか

 

看護教育学を専攻している、と言うと「看護学校の先生になるのですか」とよく聞かれますが、わたしは看護学校での「基礎教育」ではなく、卒後いかに自律し専門性を高めるために学び続けていくか、という「継続教育」をテーマにしています。教員が学生を教育指導していくのとは異なり、臨床で働く看護師が自分で自分を教育していくための環境や制度を考えていく研究です。

 

この分野では主にキャリア形成、職業的アイデンティティの獲得過程についての研究がされていますが、新卒者の早期離職に関する研究も多くされています。

 

2010年4月から新人看護職員の卒後臨床研修が努力義務化となり、どこの病院や施設でも効果の指標としての新卒の初年次離職率を抑えることに躍起になっている影響もあるのかもしれません。その中でわたしが特に興味をひかれた研究は、『就職後1年以内に離職した新人看護師と、辞めずに続けられた看護師の仕事上の体験を比較して、どういう違いがあったのかを調べた研究 1)』でした。

 

早期離職した新人看護師を20人も集めてよく話を聞くことができたなという点だけでも十分すごい研究だと個人的には思うのですが(そして結論がそのすごさを生かしきっているかというと少しモヤっとしますが)、この研究によると、早期離職した群にも看護の達成感や承認欲求の充足、成功体験などの肯定的な体験はあり、就業を継続できた群にも無力感や支援を獲得できない困難状況などの否定的体験はあるということ、つまり体験自体は早期離職の原因とはなり得ず、離職防止の要因にもならないという結果が出ています。

 

問題を具体的にすれば解決方法を模索できる

ならば何が就労継続と早期離職を分けたのか、この研究では早期離職群は何か問題が生じたときに、その問題を抽象レベルで捉える傾向があり、就労継続群は問題を具体的なレベルまで自分の身にひきつけて考える傾向があったと考察されています。

 

例えば看護技術や知識などで同期に差をつけられていると感じたとき、「あの人は自分と違って要領がいいから…」といった「要領」という実態の曖昧なもののせいにして諦めてしまうだけなのか、その「要領」とは実際にどういう学習をして身につけていることなのか観察する、そこから(単に模倣するのではなく)自分に適した学習方法を模索する、といった違いではないかと思います。

 

そして早期離職群は、他人の言動や評価に良くも悪くも非常に左右されているということでした。

よく人に対して「自己評価が高い/低い」という評価がなされますが、「自己評価が高い」と悪い意味で評価されている人を見ていると、その人の周囲に対する期待水準が高いだけである場合がよくあります。自分に対して(理解をしてくれた上で)優しい言葉なり受容的な態度なりの言動や対応をしてほしい、という「期待」です。こういう人の自己評価はむしろ低いぐらいで、低いがゆえに防衛的に周囲に対する期待を高く設定している傾向があります。

 

研究の中でも、早期離職群の人はこの「期待」どおりの対応が得られなかったために否定的影響を強く受けてしまうことが言及されています。また、自分に対しても「あるべき姿」の期待が高いため、現実の自分の姿と乖離していることに否定的感情を持ち、退職するまでに至っていると考察されています。

 

これに対して就業継続群では、同様に否定的体験も肯定的体験もしながらも、失敗や成功体験を累積させ、効果的な役割遂行を考えていく、確固とした評価軸を自分の中に持つ、というように、自律的に学習する態度を獲得していっています。

 

最強のモチベーション「前向きに開き直る」

そしてもう一つ、これは面白いなと思ったのは「収入のために働く」という意識が就業継続群には際立って明確だったことです。

 

就業を継続できた群も、働く上での辛さは感じているのですが、その中でも「社会人として働く辛さ」と「看護師の業務内容による辛さ」とを分けて捉えているのです。このあたりが問題を抽象的にではなく、具体レベルで考える就業継続群の傾向が出ているのではないかと思います。そして看護師の業務内容による辛さは「当然」であると考え、その対価としての給与を得ることに意義を見出しています。

 

これは他の研究 2)でも立証されていて、「看護も仕事の一つ」「前向きに開き直る」と概念化されていたのですが、「やりがい」や「承認」より、ある意味最強のモチベーションなのではないかと思います。

 

 

1)    塚本友栄,舟島なをみ:就職後早期に退職した新人看護師の経験に関する研究―就業を継続できた看護師の経験との比較を通して―, 看護教育学研究, 17(1), 22-35, 2008

2)    大江真人,他:新卒看護師が職業継続意思を獲得するプロセス, 日本看護科学会誌,Vol.34, №1, 217-225, 2014

 

【えぼり】 Twitter

えぼり

社会人を経て、看護師になりました。中規模病院で働いたり世界を旅したり国際支援したりしているゆるふわナース15年目です。

 

【ご意見お寄せください】

この連載へのご意見・ご感想や、お悩みなどをお待ちしております。看護師以外の社会人経験を経た方、社会人看護師を指導している方など、さまざまな立場からの声をお聞きできれば幸いです。

こちらのフォームに『社会人から看護師へ』と明記の上、どしどしお寄せください。

※お寄せいただいた内容は、連載で引用させていただく場合があります。

この連載

  • すぐに辞める新人看護師と辞めない新人に違いはあるのか [10/27up]

    社会人から看護師へ【5】 すぐに辞める新人看護師と辞めない新人に違いはあるのか   看護教育学を専攻している、と言うと「看護学校の先生になるのですか」とよく聞かれますが、わたしは看護学校での「基礎教育」では...

  • なぜ看護師だけが社会人経験者をこれほど意識するのか [08/30up]

    社会人から看護師へ【4】 なぜ看護師だけが社会人経験者をこれほど意識するのか 2015年3月に「看護師養成所における社会人経験者の受け入れ準備・支援のための指針」(※PDF)というガイドラインが厚生労働省から発表されまし... [ 記事を読む ]

  • 職場でいじめられないための唯一の方法 [04/07up]

    社会人から看護師へ【3】 職場でいじめられないための唯一の方法   10年前、エクアドルのキトで働いていたことがありました。そのときに同じ宿舎にいたドイツ人の理学療法士とそれぞれの国の医療職の給与や待遇につ... [ 記事を読む ]

  • 「看護師資格さえあれば」と言うけれど [03/07up]

    社会人から看護師へ【2】 「看護師資格さえあれば」と言うけれど 数年前から、仕事の合間に科目等履修生として看護大学の講義を受けていました。 選択する科目の兼ね合いからか、同じように臨床で働きながら履修しているのは病... [ 記事を読む ]

  • 看護師は「わざわざなる価値のある」資格なのか [02/02up]

    近年、「社会人からの看護師」が増加しています。つまり、看護師以外の就労経験を経て看護師になる人が増えている、ということ。   わたしもそうです。 それから10数年看護師を続けてきました。今となっては黙っていれば誰も... [ 記事を読む ]

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(7)

7塚本2017年08月09日 18時53分

「就職後1年以内に離職した新人看護師と、辞めずに続けられた看護師の仕事上の体験を比較して、どういう違いがあったのかを調べた研究」の著者です。論文に関心をもって頂けて、とても嬉しいです。

6大学院生2017年04月15日 16時35分

えぼりさん、ツイッターでもここでも他人を小馬鹿にしてるのが出ててちょっと引く

5転職組2016年12月08日 12時41分

「収入~際立って明確」というフレーズには共感します。「パート2時間分でお米5KG買える」と笑顔で言った方を見て不況の厳しさ息をこらして生抜くく強さにハッとさせられたことを思い出しました。

4Lorrie2016年11月17日 23時36分

Exremtely helpful article, please write more.

3匿名2016年10月28日 23時49分

誤)生かしきっているか
正)活かしきっているか

2匿名2016年10月27日 20時26分

人間関係です。

1匿名2016年10月27日 11時43分

モチベーションというのは、自分の中にいくつか用意されています。
挫けそうになった時にそれに見合うものが出てきます。
命・お金に対化してしまうということはそれだけ過酷な就業状態ということです。

関連記事

いちおし記事

「フレイル」ってわかる?老年看護の新用語を解説

2018年の看護師国家試験から出題範囲に含まれた新用語群を解説します。 [ 記事を読む ]

頭痛の時に痛みを感じているのは脳?

見逃すとこわい「頭痛」。なぜ、痛みを感じるのか、どこを観察するかなどを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

EPA外国人看護師と協働したことある?

投票数:
630
実施期間:
2017年10月03日 2017年10月24日

あなたの通勤方法は?

投票数:
749
実施期間:
2017年10月06日 2017年10月27日

今年のハロウィンの予定は?

投票数:
654
実施期間:
2017年10月10日 2017年10月31日

退院調整看護師と協働したことある?

投票数:
571
実施期間:
2017年10月13日 2017年11月03日

自分が服用するなら、先発医薬品?後発医薬品?

投票数:
536
実施期間:
2017年10月17日 2017年11月07日

ホスピタルアートに興味ある?

投票数:
458
実施期間:
2017年10月20日 2017年11月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者179

Aさんは40代男性で、統合失調症と診断されています。18歳の時に発症し、これまでに5回の入院歴があります。入院後も自閉的な生活が続いており、ほとんどほかの患者さんとの交流はありません。最近は一日中コップを片手に持ち、洗面所と部屋を行き来するなど飲水行為が目立っています。身長168cm、今朝の起床時の体重は60kgでしたが、昼食後に再度測定すると、67kgまで増加していました。表情もボーっとしており、問いかけにも返答がありません。歩行時にふらつきが見られ、昼食前にズボンの前を濡らしたまま歩いていました(尿失禁)。このような状態の多飲水患者さんへの看護として最優先される対応はどれでしょうか?

  • 1.患者に朝と夜に体重測定を行ってもらい、1日で摂取できる水分量を伝え、それをうまく配分、コントロールできるよう看護師が教育的な援助を行う。
  • 2.水に集中している意識がほかのものに向くよう、作業療法やレクリエーションなどを導入し、気分転換を図るよう援助する。
  • 3.コップを看護師が管理し、飲水量を厳しくチェックする。それでも飲水が止まらず体重がプラス5kgになれば、保護室で隔離を行い、水分摂取を強制的に制限する。
  • 4.Aさんは、昼食後の体重が基礎体重よりプラス5%を超えており、意識障害も疑われるため、血液検査を考慮する。
今日のクイズに挑戦!