1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 遊星からの看護師X>
  4. 【遊星からの看護師X】発見

2016年10月13日

【遊星からの看護師X】発見

ほのぼの看護師4コママンガ第106回。人によって怖いものって違いますよね…。

 

遊星からの看護師X 106 発見

宇宙人看護師よしこが茂みで何かを見つけた。「あっ!なんか見たことないやつがいる!!」

眠そうに歩いていた良子。宇宙人看護師よしこが良子を見つけ、後ろから近づいてくる。

宇宙人看護師よしこ「でっかいギョウ虫みたいなの見つけちゃいました~!」ひも状のものを振り回しながら寝ぼけている良子に近づきます。

宇宙人看護師よしこが握っているものはなんと、蛇!必死の形相で逃げ出す良子と、追いかける宇宙人看護師よしこでした。

 

<著者プロフィール>

【マキゾウ】 Twitter

マキゾウ|遊星からの看護師X著者|看護師専用Webマガジン【ステキナース研究所】

鼻ミゾにちょっとしたこだわりをもって、イラストやマンガを描いています。絵を描く以外はたいていご飯とお金のことを考えています。早起きと脂身と臭い肉が苦手です。

 

<協力>株式会社バーグハンバーグバーグ

提供:バーグハンバーグバーグ|看護師専用Webマガジン【ステキナース研究所】

株式会社バーグハンバーグバーグは、変テコなコンテンツ制作を得意とする光の戦士たちです。ギリギリセーフをモットーに絶妙なラインをキープしつつ、ギャップを利かせた企画で世界を闇に包むのが目的です。

会社HP Facebook

この連載

  • Vol.108 食欲不振 [10/27up]

    ほのぼの看護師4コママンガ第108回。体調が悪いのではなく、ただ気分で食欲がわかないことも…。     <著者プロフィール> 【マキゾウ】 Twitter ... [ 記事を読む ]

  • Vol.107 安眠妨害 [10/20up]

    ほのぼの看護師4コママンガ第107回。せっかくのお休みなら、好きなだけ眠りたいですよね…。     <著者プロフィール> 【マキゾウ】 Twitter ... [ 記事を読む ]

  • Vol.106 発見 [10/13up]

    ほのぼの看護師4コママンガ第106回。人によって怖いものって違いますよね…。     <著者プロフィール> 【マキゾウ】 Twitter ...

  • Vol.105 クレーム [10/06up]

    ほのぼの看護師4コママンガ第105回。必要以上にいろいろ言われてしまうとつらいですよね…。     <著者プロフィール> 【マキゾウ】 Twitter ... [ 記事を読む ]

  • Vol.104 お手玉 [09/29up]

    ほのぼの看護師4コママンガ第104回。意外とアナログなもののほうが、子どもって喜んでくれますよね…。     <著者プロフィール> 【マキゾウ】 Twitter ... [ 記事を読む ]

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(1)

1匿名2016年10月13日 22時00分

朝からびっくり

関連記事

いちおし記事

思い残し|マンガ・ぴんとこなーす【253】

看護師として働く中で、ナスさんが思うこと。 [ 記事を読む ]

「水泡音」ってどんな音?

肺炎患者さんの聴診音「水泡音」を実際に聞いて確認! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1419
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1295
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1175
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
1076
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
920
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日

「私、失敗しないので」って言える得意な看護技術ある?

投票数:
708
実施期間:
2019年10月18日 2019年11月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者5797

◆高齢者の問題◆廃用症候群の予防的介入として、適切なものはどれでしょうか?

  • 1.お茶碗につがれたご飯が自力で食べにくい場合はおにぎりにするなど、患者さんに合わせた工夫をする。
  • 2.身体の安静のためにできるだけ長く尿道留置カテーテルを挿入しておく。
  • 3.患者さんから「なんとなく食欲がない」という訴えがあっても、一時的なものなので特別な対応はしない。
  • 4.患者さんから「動きたくない」と訴えがあれば、なるべくリハビリは行わないようにする。
今日のクイズに挑戦!