1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. うつ病予防にブロッコリーが効くと証明!うつ症状に効果的な食材まとめ

2016年10月12日

うつ病予防にブロッコリーが効くと証明!うつ症状に効果的な食材まとめ

国内で110万人が罹患しているうつ病。その患者数は年々増加しています。

 

忙しすぎる業務や医療ミスへの不安など、強いストレスにさらされる看護師にとって、“うつ”は他人事とはいえません。

 

そんな中、うつ病予防に効果的な食材として、新たにブロッコリーの効果が証明されました。

 

うつ病予防に効果があるとわかったのは、ブロッコリーなどの緑黄色野菜に含まれる「スルフォラファン(SFN)」という化合物です。

 

千葉大学社会精神保健教育研究センターの橋本譲二教授らが明らかにしました。

 

 

いじめられっ子マウスがストレス耐性

橋本氏らは研究で、大きいマウスが小さいマウスを日常的に攻撃する環境を作り、小さいマウスがストレスから人間でいう「うつ病」となる状態を人工的に作成しました。

 

うつ状態となったマウスは食欲が減退し、与えられた甘い水を通常の半分しか飲まなくなります。

 

しかしSFNを投与したマウスでは食欲が落ちず、ストレスのないマウスと同じ程度甘い水を飲むことがわかったのです。

 

この実験結果は、ブロッコリーという具体的な食材がうつ病予防に効果的であることを科学的に証明したことから、大きく注目を浴びました。

 

こうした研究成果はまだまだ限られていますが、食事とうつ病の間には強い関連性があることは以前から知られています。

 

食事パターンで自殺リスクが50%低下

例えば国立がんセンターでは、自殺のリスク要因であるうつ病と食事パターンについて大掛かりな追跡調査を行っています。

 

調査では、食事調査の結果から食事パターンを3グループにわけて、全国約9万人を対象に追跡調査を実施しました。

 

食事パターンは次の3つです。

 

1.「健康型」
野菜、果物、いも類、大豆製品、きのこ類、海そう類、脂の多い魚、緑茶などを多く摂取する群

 

2.「欧米型」
肉類・加工肉、パン、果物ジュース、コーヒー、ソフトドリンク、マヨネーズ、乳製品、魚介類などを多く摂取する群

 

3.「伝統型」
ご飯、みそ汁、漬け物、魚介類、果物などを多く摂取する群


およそ8.6年に渡る追跡調査の期間中に起きた自殺(249人)について調べたところ、「健康型」の食事パターンを多く摂取しているグループでは、あまり摂取していないグループに比べて自殺のリスクが約半分にまで低下していることがわかりました。

 

「葉酸」や「抗酸化ビタミン」摂取群でリスク減

この調査結果について国立がんセンターでは、「健康型」の食事パターンでは、「葉酸」や「抗酸化ビタミン(ビタミンCやカロテン)」の摂取が多いことを指摘しています。

 

このように様々な研究結果から、食事とうつ病との間には強い関係性があることがわかっています。

 

うつ病予防のキーワードとして特に注目されているのは、不安感を改善するセロトニンの材料となる「トリプトファン」、やる気を引き起こすドーパミンやノルアドレナリンの合成に関わる「葉酸」、不足することでうつ症状や様々な不調を引き起こす「ミネラル」「抗酸化ビタミン」などの栄養素です。

 

ブロッコリーだけじゃない!うつ病に効く食材まとめ

そこでこれらの栄養素に注目して、うつ症状を和らげる効果が期待できそうな食材を改めてまとめました。


■バナナ
トリプトファンと葉酸を多く含有。疲労を軽減するビタミンB6やマグネシウムなども豊富。

 

■大豆や豆乳、乳製品
トリプトファンを多く含有。乳製品の善玉菌にうつ病予防の効果があると報告も。

 

■玄米
ビタミンB群やミネラル、たんぱく質など必要な栄養素を多く含有。

 

■緑茶
カテキンの抗酸化作用やリラックス効果のあるアミノ酸であるテアニンを含有。

 

■ほうれん草
不足することでうつ症状を引き起こすといわれる鉄分を多く含有。

 

■にんにく
ビタミンB6を多く含有。免疫力向上や意欲低下を防ぐ役割にも期待。

 

■トマト
ビタミンC・Eを多く含み、高い抗酸化力を持つリコピンを含有。


うつ病治療の第一選択肢は抗うつ剤による薬物療法です。

 

しかし、食事改善の最大の利点は、“副作用がない事こと”。

 

日常生活で上手に取り入れて、ストレスに強い心身作りを目指したいですね。

 

 

 【ライター:横井 かずえ】

 

(参考)

「うつ病の病因に転写因子 Keap1-Nrf2 系が関与」(千葉大学社会精神保健教育研究センター)

「食事パターンと自殺との関連について」(国立がん研究センター)

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(3)

3匿名2016年10月12日 20時35分

高齢者の多くは味噌汁と緑茶は今までも摂取しているだろうけど、こんなに認知症が多いって・・・  どれだけ摂取しなければいけないのか

2匿名2016年10月12日 09時23分

うつ病なったら食欲ないよ

1匿名2016年10月12日 08時46分

うつ病になってからも効果があるのなら、人にも勧めたいです。

関連記事

いちおし記事

「ドクターX」に学ぶ 入れ墨のある患者さんの対応とよくある事例

MRI検査がダメってホント?手術への影響は?看護師に必要なことをコンパクトに解説! [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1213
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
1198
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
1090
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
980
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日

救急救命士、病院内でも救命処置が可能に。あなたは反対?賛成?

投票数:
775
実施期間:
2019年11月19日 2019年12月10日

結婚するなら、同じ医療者がいい?それとも、医療者以外がいい?

投票数:
391
実施期間:
2019年11月22日 2019年12月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者984

◆整形の問題◆腰椎疾患で使用する硬性コルセットについて正しい説明はどれでしょうか?

  • 1.大幅な体重の増減があってもコルセットがきつくなったり緩んだりはしない。
  • 2.コルセットのずれが生じやすいため、下着は着けず肌に直接装着する。
  • 3.コルセットの固定を締めすぎると外した時にめまいが生じることがある。
  • 4.コルセットのベルトは上から下へと締める。
今日のクイズに挑戦!