1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 新卒の33%が就職できない?オーストラリアの看護師就職事情

2016年09月27日

新卒の33%が就職できない?オーストラリアの看護師就職事情

「不景気だから就職がない!」という状況には、ほど遠い日本の看護師市場。

 

慢性的な看護師不足のため、日本で看護師として働くみなさんは就職口に困ったことがない人が多いのではないでしょうか?

 

一方、オーストラリアの事情は少し日本と違うようです。

 

 

33%の新卒看護師に仕事がない!

オーストラリア国内では新卒の助産師、看護師の就職率は低水準にとどまっています。

 

新卒看護師のうち、正規雇用の採用は15%程度。

 

日本の看護師市場では、新卒者を採用して育てていくことが一般的とされますが、オーストラリアでは経験者を採用する傾向が強いという事情があります。

 

オーストラリア政府は外国人へのビザの発給などの便宜を図り、海外から経験豊富な看護師を受け入れています。

 

政府によれば、移民労働者の受け入れは2011~12年度と2012~13年度にそれぞれ約3000人、2013~14年度は1597人に減り、その後も年々減少傾向にあるとのことです。

 

それでも、その結果、数千人の新卒看護師に職がない可能性があると看護師労働組合が発表しました。

 

諦めてしまう新卒看護師たち

看護師や助産師コースを修了する生徒数が増えている一方で、新卒の看護師は厳しい就職難から、キャリアを諦めてしまう人もいるとも言われています。

 

就職できない新卒看護師は各州で300人以上。クイーンズランド州では、新卒者2500人中就職できたのは600人のみだそうです。

 

そんな厳しい現状の中で、卒業生たちはコース修了後、数カ月にもわたり、広範囲で数多くの病院の就職試験や面接を受け、職場を探しています。

 

新卒であることの障害とは?

経験者を採用する傾向のあるオーストラリア。

 

新卒看護師からは「3年以上の経験さえ積めば、仕事には困らないのに」と嘆きの声が聞こえてきます。

 

多民族文化で知られるオーストラリアはこれまで経験を有する看護師を海外から積極的に採用していました。

 

しかし、自国の新卒が採用できないという問題に直面していることが表面化してから、政府は移民の受け入れ枠を徐々に狭めてきており、新規で採用する海外看護師の割合を25%以下に抑え、緩和ケアや腫瘍看護など新卒者には適さないような専門を持った看護師を移民として受け入れるようになってきているようです。

 

同国の健康病院組合長は、看護師の就職問題については、国内外の看護師の採用についてバランスをとる必要があると主張しています。

 

日本でも介護職に就く人材を移民として受け入れようという動きは出てきていますが、日本語習得の難しさや文化の違いもあり、今のところそれほど活発ではないのが現状です。

 

高齢化が進む日本で、今後看護師、介護士の海外からの流入は増えていくのでしょうか。

 

もし増えたとしたらどのような変化が起こるのでしょうか。

 

 

(文)Ryo’S

(参考)Nurse graduates 'locked out' of workforce as migrants get jobs(The Sydney Morning Herald)

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(0)

関連記事

いちおし記事

思い残し|マンガ・ぴんとこなーす【253】

看護師として働く中で、ナスさんが思うこと。 [ 記事を読む ]

「水泡音」ってどんな音?

肺炎患者さんの聴診音「水泡音」を実際に聞いて確認! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1418
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1294
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1173
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
1074
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
918
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日

「私、失敗しないので」って言える得意な看護技術ある?

投票数:
704
実施期間:
2019年10月18日 2019年11月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者5615

◆高齢者の問題◆廃用症候群の予防的介入として、適切なものはどれでしょうか?

  • 1.お茶碗につがれたご飯が自力で食べにくい場合はおにぎりにするなど、患者さんに合わせた工夫をする。
  • 2.身体の安静のためにできるだけ長く尿道留置カテーテルを挿入しておく。
  • 3.患者さんから「なんとなく食欲がない」という訴えがあっても、一時的なものなので特別な対応はしない。
  • 4.患者さんから「動きたくない」と訴えがあれば、なるべくリハビリは行わないようにする。
今日のクイズに挑戦!