1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 日経メディカルAナーシング>
  4. 緩和ケア 7つの誤解|誤解5◆レスキュー薬はできるだけ制限

2016年07月18日

緩和ケア 7つの誤解|誤解5◆レスキュー薬はできるだけ制限

【日経メディカルAナーシング Pick up!】

 

「レスキュー薬」(定期鎮痛薬では十分に痛みがコントロールできない際に臨時で服薬するオピオイド速放性製剤)を処方する際、薬が効き過ぎて副作用が生じるのではないかと考えて、「レスキュー薬は1日に4回まで」「定時薬の1日投与量の6分の1量まで」などと、使用制限を設けていないだろうか。

(満武 里奈=日経メディカル)

 

特集◎緩和ケア 7つの誤解

誤解5◆レスキュー薬はできるだけ制限

日本緩和医療学会の「がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン」では、「がん疼痛に対してオピオイドを長期間使用しても精神依存はまれである」と記載。経口薬では1時間、注射薬では15~30分の投与間隔を空ければレスキュー薬は何度でも使用してよいほか、効果が不十分だった場合は、眠気などの副作用が許容できる範囲でレスキュー薬を増量するよう推奨している。

 

「痛みで苦しんでいる患者をその場で『レスキュー=救済』できる投与量でなければ、レスキュー薬とはいえない」と同ガイドライン作成に関わった余宮氏は説明する。

 

埼玉県立がんセンターの余宮きのみ氏

埼玉県立がんセンターの余宮きのみ氏は、「痛みで苦しんでいる患者をその場でレスキューできる投与量でなければレスキュー薬といえない」と説明する。

 

痛みの種類を問診で見分ける

レスキュー薬の使い方の正解はこうだ。レスキュー薬が必要となっているのであれば、その痛みは持続痛なのか突出痛なのか、もし突出痛ならばその種類は何なのかを特定(図4)。

体動時痛であれば動く30分前にレスキュー薬を服薬するように指導する。発作痛もレスキュー薬を使用するよう患者に説明する。一方、薬の切れ目の痛みであれば、定時薬の増量を検討することが必要だ。

 

図4 問診による痛みの種類の見分け方(余宮氏による、図5とも)

図4 問診による痛みの種類の見分け方

 

実際のレスキュー薬の用量は、痛みの取れ具合と眠気を基に用量調整する(図5)。ただし、定時薬を調整している段階では、血中濃度が定常状態になるまで時間が掛かるため、レスキュー薬が頻回にわたり必要になることがある。

 

余宮氏が勧めるのは、患者にレスキュー薬を使用した時間をメモするように指示すること。レスキュー薬を1日何回使用したかを確認することで、定時薬をどれくらいベースアップすればよいのかが分かるという。例えば、定時薬が40mgで、1日3回20mgのレスキュー薬を使用していた場合、次回の定時薬は100mg(40+60)を目安(眠気が強ければ7割程度)にベースアップする。

 

図5 レスキュー薬の効果判定による対処方法 

図5 レスキュー薬の効果判定による対処方法

 

また、処方の仕方だけでなく、患者への説明法にも工夫が要る。「痛いときだけ飲んでください」では、服薬タイミングやその量が分からないため、説明として不十分だ。「我慢せず早めに飲みましょう」「外出したり、何かをしたときに痛いのであれば、早めに服薬しましょう」などと事前に患者に説明することが求められる。

 

 

【緩和ケア 7つの誤解】

誤解1◆緩和ケアは癌治療後に開始

誤解2◆予後は予測できない

誤解3◆緩和ケアは痛みの緩和

誤解4◆医師の説明を患者は理解している

誤解5◆レスキュー薬はできるだけ制限

誤解6◆モルヒネは命を縮める

誤解7◆点滴しないと死期が早まる

 

<掲載元>

日経メディカルAナーシング

Aナーシングは、医学メディアとして40年の歴史を持つ「日経メディカル」がプロデュースする看護師向け情報サイト。会員登録(無料)すると、臨床からキャリアまで、多くのニュースやコラムをご覧いただけます。Aナーシングサイトはこちら

この連載

  • 緩和ケア 7つの誤解|誤解7◆点滴しないと死期が早まる [08/01up]

    【日経メディカルAナーシング Pick up!】   「『輸液を絞ると死期が早まってしまう』という誤解が医療者にも患者にもある」と今回取材した緩和ケア医たちは口をそろえて指摘する。 死を前にして食欲減退を示す患者に... [ 記事を読む ]

  • 誤解6◆モルヒネは命を縮める [07/25up]

    【日経メディカルAナーシング Pick up!】   「患者だけでなく、医療者の中にも『モルヒネは命を縮める』といまだに誤解している人がいる」。 こう話すのは永寿総合病院(東京都台東区)の廣橋猛氏だ。 医療用... [ 記事を読む ]

  • 誤解5◆レスキュー薬はできるだけ制限 [07/18up]

    【日経メディカルAナーシング Pick up!】   「レスキュー薬」(定期鎮痛薬では十分に痛みがコントロールできない際に臨時で服薬するオピオイド速放性製剤)を処方する際、薬が効き過ぎて副作用が生じるのではないかと考えて...

  • 緩和ケア 7つの誤解|誤解4◆医師の説明を患者は理解している [07/11up]

    【日経メディカルAナーシング Pick up!】   最後の抗癌剤治療が奏功しなかった患者に、「もう治療選択肢はないので本格的な緩和ケアを行いましょう」と医師が説明する。すると患者は「先生を信じて治療を続けてきたのに治療... [ 記事を読む ]

  • 看護師の職務・能力に応じた賃金制度は可能? [07/04up]

    【日経メディカルAナーシング Pick up!】   日本看護協会は6月、「病院で働く看護職の賃金のあり方」と題する提言を公表した。看護師個人の能力や専門性、病院への貢献度に見合った給与を支払う仕組みにしようと提案する内... [ 記事を読む ]

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(1)

1匿名2016年07月18日 14時27分

ペインコントロールを理解してない医師と我慢する患者。

いちおし記事

【マンガ】大切な人が死ぬとき~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~(1)

【水曜連載】父のがん発見をきっかけに、「死」について考えるエッセイマンガ。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

今期のドラマ、何が楽しみ?

投票数:
2445
実施期間:
2019年10月25日 2019年11月15日

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1246
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1154
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
999
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
931
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
616
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者7346

◆転倒・転落のアセスメントの問題◆誤嚥性肺炎で入院となった83歳男性。末梢の持続点滴と経鼻での酸素投与中で、ポータブルトイレでの排泄の安静制限があります。入院前のADLは自立していましたが、前立腺肥大のため頻尿で、日中は8回、夜間2回程度の排尿がみられます。この患者さんの転倒・転落のアセスメントの対応として適切なものはどれでしょうか?

  • 1.夜間に十分な睡眠ができるように長時間作用型の睡眠薬を投与する。
  • 2.ベッドから立ち上がる際は、オーバーテーブルにつかまって立ち上がるよう指導する。
  • 3.夜間は一人で動くと危ないので身体抑制を行ってもよいか、本人とご家族に尋ねる。
  • 4.患者さんの排泄パターンを観察し、トイレに誘導する。
今日のクイズに挑戦!