1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. がん専門看護師から学ぶセルフケアのアドバイス

2016年07月13日

がん専門看護師から学ぶセルフケアのアドバイス

がんと闘う患者さんを支え、介護する家族には、さまざまな苦労や葛藤があります。

 

がんの治療法や治療効果に関する悩み、家族の苦しむ姿を目の前にするつらさ、など……。

 

そこで今回は、ホリスティック(全人的)看護訓練を受けたアメリカ・イリノイ州シカゴのがん専門看護師のジリアン・シュライバーさんが行う介護者へのセルフケアに関するアドバイスと、そこから生まれた「看護師をケアする」アイディアを紹介していきましょう。

 

 

ストレス解消が一番重要

シュライバーさんが第一に強調するのは、セルフケアの重要性です。

 

看護師の燃え尽き症候群(いわゆるバーンアウト)を防ぐ方法と同様に、「他人をケアする前に、介護者は自分自身をケアすること。介護に疲れ切ってしまったら、自分が最もベストな状態で愛する家族の元にいられないのですから」と語ります。

 

Cancer Treatment Centers of Americaが行った介護者に関するオンライン調査(2013年実施)でも、介護者へのアドバイスとして1位に挙がったのは「自分をいたわること」でした。

 

 

看護師をケアする「リニューアルルーム」

シュライバーさんが統合看護を学んでいるとき、看護師自らの癒しも必要と考えました。

 

そこで、ひらめいたアイデアは、看護の仕事に伴うストレスを解消するための「リニューアルルーム(リニューアルは英語で『更新』『再開』『再生』を意味する)」と呼ばれる部屋。

 

ここで看護師たちはプライバシーが守られた状態で、各自好みの方法でセルフケアができるのです。

 

例えば、アロマオイル、マッサージチェア、ストレッチのためのスペースやチベットのシンギングボウルなどが用意されています。

 

実際にこの部屋を看護師に利用してもらったところ、96%の看護師たちが、「リフレッシュできた」「不安が減った」「患者さんにより焦点を当てて看護できるようになった」という感想を寄せています。

 

 

できる場所で、気づいた時に、自分を見つめて

シュライバーさんは「リラックスは特別な場所じゃなくてもできる」とアドバイスします。

 

自分にできることとそうでないことは何なのか、境界をはっきりさせて必要があれば助けを求めること。

 

燃え尽きてしまう前に、身体からのストレス信号に注意深く目を向けることが大切です。

 

もしあなたが、なんだか怒りっぽくなったなと感じた時、心拍が速いと感じた時は、とりあえず外を散歩したり、瞑想にふさわしい音楽を聴いたりしてみましょう。

 

ラベンダーやオレンジブロッサムの香りのアロマオイルを焚いたり、ゆっくりと好きな本を読むことでもよいでしょう。

 

自分がどれくらいストレスを持っているのかを自覚し、ほんの2~3分でもこの「今」という瞬間を感じる方法を見つけることが、心を解きほぐすために効果的なようです。

 

看護師も患者さんの家族も人間ですもの、介護のストレスを感じたりつらくなるのは当然です。

 

意識しなければ、リラックスする時間が取れないことも事実。

 

介護者が思い思いの方法でリラックスできるように、看護師だけではなく、ご家族も利用できる施設が病院にあるといいかもしれませんね。

 

 

(文)Rio, S.

(参考)

Advice from an oncology nurse on how caregivers can ease stress when time is short(Cancer Treatment Centers of America)

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(0)

関連記事

いちおし記事

根拠はないけど|マンガ・ぴんとこなーす【262】

看護記録に書いた根拠を激ヅメされた新人ナースのサエコちゃん。その記録内容は… [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1315
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1158
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
1142
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
1029
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
888
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日

救急救命士、病院内でも救命処置が可能に。あなたは反対?賛成?

投票数:
455
実施期間:
2019年11月19日 2019年12月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者5111

◆薬の問題◆80歳男性。過活動膀胱のため、夜間にも頻繁にトイレに行きたくなってしまい、不眠となっています。この患者さんに用いられる排尿障害治療薬は、以下のうちどれでしょうか?

  • 1.α1受容体遮断薬
  • 2.抗コリン薬
  • 3.抗ヒスタミン薬
  • 4.抗アンドロゲン薬
今日のクイズに挑戦!