1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 看護師が「一緒に働きたい」医師4タイプ

2016年07月30日

看護師が「一緒に働きたい」医師4タイプ

「看護師を職業としている人」とひとまとめにしても、人柄やタイプは実にさまざま。医師においても同じです。

 

看護師から「できれば一緒に働くことは避けたい」と敬遠されてしまう医師がいれば、シフトが違うスタッフが自然に協力し合える雰囲気になれる医師もいるでしょう。

 

今回は、看護師から「一緒に働きたい」と熱望される医師の4タイプをご紹介します。

 

 

1.いつでも細やかな気配りができる医師

このタイプの医師は、スタッフに笑顔で挨拶されたり、親しみをもって接されたりする様子がよく見受けられます。

 

スタッフみんなへの差し入れや、過酷なシフトで疲れきったスタッフに対してはより心を寄せるなど、常に気遣いを忘れません。

 

患者さんの状態を細かに尋ねることと同じくらい、スタッフのコンディションを気にかけます。

 

看護師にとってうれしいことは、このタイプの医師は簡単に不機嫌にならないこと。こんな医師であれば、看護師はどんな小さなことでも確認しやすいですよね。

 

ベテラン看護師は気配りタイプの医師について「チームワークをより円滑にするようなジョークの飛ばし方も心得ているし、スタッフ一人ひとりを大切なチームの一員とみなして親しんでもらおうとしているのよ」と、そのユーモアも気遣いのひとつと理解しています。

 

 

2.患者さん最優先で行動する医師

患者さんは、医師が信頼できる治療をしてくれるかどうかということを直に感じ取ります。

 

「○○先生はいつ病棟に戻ってくるのですか?」「××先生の回診はいつですか?」と、患者さんの質問にたびたび名前が挙がるのがこのタイプの医師。

 

いつも患者さんの状況を最優先して動くため、信頼は絶大です。患者さん優先の医師は特別な事情がない限り、患者さんを待たせることを好みません。

 

このため、タイトなスケジュールの中でも患者さんの状況を最優先に考えて調整するよう努めます。

 

このタイプの医師は、遅い時間帯の患者さんのコールにも快く対応してくれるので、看護師からも同じチームで働くことを望まれます。

 

 

3.確かな技術と知識に裏打ちされた医師

勤続10年目のある看護師は、「睡眠不足なのか、お手上げ状態だったのかわかりませんが、急変時に頭が真っ白になった医師と勤務したことがあります。不幸中の幸いは、何とか患者さんを救命できたことです」と振り返ります。

 

患者さんの容態が急変した場合、看護師のあなたが最も避けたいと思う事態は、「医療機器を手探りで扱ったり、適切な指示を出せなかったりする医師とともに対応すること」ではないでしょうか。

 

こんな医師に同じシフトで当たってしまった時には、救命の流れを遅らせるだけでなく、担当する患者さんの生命の安全にまで関わってくることが容易に想像できます。

 

この技術と知識に裏打ちされたタイプの医師と一緒に働く看護師は、自分自身も勉強して努力していかなければ診療や治療通じて医師をサポートすることができません。

 

よって、自分を磨いて成長する機会にもつながります。

 

あえて欠点を挙げるとすれば、ベッドサイドでの患者さんとの関わり方。素っ気ない接し方で患者さんが戸惑ってしまうこともあるかもしれません。

 

そんなときは、患者さんと医師の間で看護師のあなたのサポートが重要になるのです。

 

 

4.チームワークを大切にする医師

スタッフと共働して患者さんの治療やケアを進めていくタイプの医師。このタイプの医師は、スタッフ全員に敬意をもって接します。

 

チームワークを重んじる医師は看護師、栄養士など立場の違いにかかわらず、まず先にスタッフの意見や判断に耳を傾けることを大切にします。

 

こうした医師の振る舞いが、スタッフ間の職種の格差や垣根を超えてより協力して働きやすい環境をつくることにつながり、ひいてはスタッフ一丸となって治療やケアに関わることを可能にさせます。

 

看護師は、どんなタイプの医師でも患者さんのために共働していかなくてはなりません。

 

とはいえ、やはり看護師からの視点では、気が利いて、お互いに学びを深め、成長していくことのできる医師が理想なのではないでしょうか。

 

あなたの周りにはどんなタイプの医師がいますか? 

 

 

(文)A.Brunner

(参考)4 Kinds Of Doctors Nurses Love Working With(Nurses labs)
 

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(5)

5匿名2016年08月02日 08時52分

看護師と仲のよい医師は気配りしてくれますね。偉ぶらないし謙虚な医師は働きやすいです。

4匿名2016年08月01日 14時09分

うなずけます。新人時代にそんな医師の多い病院で勤務させていただいたお陰で、自身の資格に責任をもって学ぶ姿勢や共働の姿勢が自然に身についたと思います。

3匿名2016年08月01日 00時25分

偉ぶらない人がいい

2匿名2016年07月30日 11時34分

色々文句を言ったり、難癖のある医師は嫌だ

1匿名2016年07月30日 08時30分

サバサバした女性医師が一番働きやすい。変な気を遣わなくていいし、産婦人科では看護師が立ち会わなくても診察出来るのは本当に助かる!

関連記事

いちおし記事

同期との関係~新人ナース~|マンガ・病院珍百景

友達?ライバル?仲間?…同期との距離感ってどのくらい? [ 記事を読む ]

SaO2低下でも酸素濃度を上げてはいけないのは、どんなとき?

振戦、痙攣など中枢神経障害が起こることも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

payサービス使ってる?

投票数:
1851
実施期間:
2019年08月30日 2019年09月20日

あなたのハマっている沼は何?

投票数:
1386
実施期間:
2019年09月03日 2019年09月24日

旅行のおすすめスポットある?

投票数:
1271
実施期間:
2019年09月06日 2019年09月27日

学生時代の実習、国試勉強との両立はうまくできた?

投票数:
1146
実施期間:
2019年09月10日 2019年10月01日

SNSで嫌な気分になったことある?

投票数:
1060
実施期間:
2019年09月13日 2019年10月04日

あなたの職場ならではの「隠語」ってある?

投票数:
103
実施期間:
2019年09月20日 2019年10月11日

ナースの現場、気が利くで賞!

投票数:
778
実施期間:
2019年09月17日 2019年10月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者6778

以下のうち、抗がん剤と放射線治療とを併用する化学放射線療法で期待される効果はどれでしょうか?

  • 1.放射線が当たらない部位にある病巣の制御
  • 2.制吐作用
  • 3.抗がん剤の血中濃度の上昇
  • 4.抗腫瘍性サイトカインの増加
今日のクイズに挑戦!