1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 震災時に起こりやすい健康問題と予防法>
  4. 破傷風|震災時に起こりやすい健康問題と予防法[3]

2016年06月16日

破傷風|震災時に起こりやすい健康問題と予防法[3]

本人でさえ気付かないような小さな傷が原因で感染することもある破傷風。実は、子どものころにワクチンを受けたことがある人でも、20代以降は抗体が切れている可能性が高いのです。
災害にかかわる医療従事者ならぜひ知っておいてほしい破傷風について分かりやすくまとめました。

勝見 敦
(武蔵野赤十字病院救命救急センター部長・日本赤十字社災害医療コーディネーター)

 

震災時に起こりやすい健康問題と予防法[3]

破傷風

[目次]
破傷風とは
どういう症状が出現するか
どうやって治療・予防するか

 

破傷風とは

ほとんどの土壌に存在する常在菌である「破傷風菌」によって引き起こされる感染症です。
傷口から感染した破傷風菌が増殖し、強力な神経毒(破傷風毒素、テタノスバスミン)と溶血毒(テタノリジン)を産生することにより、3~21日の潜伏期間を経て症状が現れます。

 

東日本大震災(2011年)や関東・東北豪雨(2015年)では、倒壊した自宅などのガレキの撤去作業を行っていた被災者やボランティアの方々に破傷風の感染が確認されています。
震災後のガレキなどの片付け時に「古い釘を踏み抜いた」「ガラスで手を深く切った」という明らかな傷だけでなく本人でさえ気付かないような小さな傷が原因になることもあります。

 

破傷風は5類感染症(全数報告対象)のため、診断した医師は7日以内に最寄りの保健所に届け出なければなりません。
近年の報告によると、致命率は約30%で、患者の95%が30歳以上となっています。
なお、基本的に土壌から傷口への感染のため、破傷風の患者からの直接感染はありません

 

どういう症状が出現するか

破傷風は、通常3 ~21 日の潜伏期を経て症状が出現します。出現する症状は以下の4段階に分けられます。

 

(1)第一期

潜伏期の後、口を開けにくくなり、歯が噛み合わされた状態(開口障害)になるため、食事をするのが難しくなったり、食べ物が飲み込みにくくなります。また、首筋が張り、寝汗、歯ぎしりなどの症状も出てきます。

 

(2)第二期

次第に開口障害が強くなってきます。
さらに、顔面筋の緊張、硬直により前額に「しわ」を生じ、 口唇は横に広がって少し開き、その間に歯牙を露出し、あたかも苦笑するような「痙笑」(ひきつり笑い)といわれる表情が見られるようになります。このような顔貌を「破傷風顔貌」といいます。

 

(3)第三期

頚部筋肉の緊張によって頚部硬直を起こし、次第に背筋にも緊張や強直を起こして破傷風に特有の後弓反張(こうきゅうはんちょう)が見られます。また、腱反射の亢進、バビンスキーなどの病的反射、クローヌスなどがこの時期に出現します。

 

(4)第四期

全身性の痙攣は見られませんが、筋の強直、腱反射亢進は残っています。諸症状は次第に軽快していきます。

 

破傷風では初期症状(一般に第一期の開口障害)から、全身性痙攣(第三期)が始まるまでの時間を「オンセットタイム」といいます。これが48 時間以内である場合、予後は不良であることが多いです。

 

どうやって治療・予防するか

基本的に、けがをしたら傷口を水でよく洗い消毒するように指導します。
もし、顔や首の筋肉のこわばりや開口障害などを訴える方がいたら、早急に医療機関を受診するように勧めましょう。

 

破傷風は本人が気付かない小さな傷口からも感染します。そのため、本人に特にけがをしたという認識がない場合でも、上記のような症状が見られたら、破傷風を疑い、医師の診察を受けるように勧めてください。

 

破傷風の予防はワクチンの接種により可能です。
日本では1953年から破傷風ワクチンの任意接種が開始され、1968年からはジフテリア、破傷風、百日咳の三種混合ワクチン(DPTワクチン)として定期予防接種が義務付けられています(2012年11月からは四種混合ワクチン)。
1968年以降に生まれた方は子どものころに予防接種を受けた方がほとんどだと思われます。

 

しかし、個人差はあるものの、このワクチンの効果は約10年ほどです。そのため、20代以降に破傷風トキソイドワクチンを接種していなければ、抗体はすでにないものと考えられます。
もし被災地でけがをするような可能性のある活動する予定がある方には、医療機関にてワクチンの接種をするよう勧めましょう。

 

 

[参考
1)破傷風とは:国立感染症研究所 
2)厚生省保健医療局結核感染症課監修.改訂・感染症マニュアル.マイガイア、1999、751p.. 
3)国立感染症研究所 2012年第45号<速報>東日本大震災に関連した破傷風 (2)
4)厚生労働省:破傷風についてのお知らせ

 

 

【勝見 敦 (かつみあつし) 】

経歴
1985年3月  岩手医科大学医学部卒業
1999年4月  日本赤十字社東京都支部武蔵野赤十字病院救命救急センター 副部長
2011年10月 日本赤十字社東京都支部武蔵野赤十字病院第二救急部長

 

東京医科歯科大学医学部臨床教授
岩手医科大学非常勤講師
放送大学講師 科目「災害看護学・国際看護学」

 

災害医療に関する資格

日本赤十字社医療コーディネーター
日本DMATインストラクター、東京DMAT講師、日赤DMATスタッフ
MIMMSインストラクター など
 

この連載

  • 破傷風|震災時に起こりやすい健康問題と予防法[3] [06/16up]

    本人でさえ気付かないような小さな傷が原因で感染することもある破傷風。実は、子どものころにワクチンを受けたことがある人でも、20代以降は抗体が切れている可能性が高いのです。 災害にかかわる医療従事者ならぜひ知っておいてほしい破傷風に...

  • 生活不活発病|震災時に起こりやすい健康問題と予防法[2] [05/20up]

    地震などの震災時、特に起こりやすい病気や健康問題があります。平時であれば、それほど問題にならなかったり、すぐに医療機関を受診して軽症ですむものが、震災時にはさまざまな条件が加わり、悪化してしまうのです。 そのため、災害にかかわる医... [ 記事を読む ]

  • エコノミークラス症候群|震災時に起こりやすい健康問題と予防法[1] [04/29up]

    地震などの震災時、特に起こりやすい病気や健康問題があります。平時であれば、それほど問題にならなかったり、すぐに医療機関を受診して軽症ですむものが、震災時にはさまざまな条件が加わり、悪化してしまうのです。 そのため、災害にかかわる医... [ 記事を読む ]

  • 震災時に起こりやすい健康問題と予防法【全記事まとめ】 [12/16up]

    エコノミークラス症候群|震災時に起こりやすい健康問題と予防法[1] 生活不活発病|震災時に起こりやすい健康問題と予防法[2] 破傷風|震災時に起こりやすい健康問題と予防法[3] [ 記事を読む ]

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(0)

関連記事

  • 白血病に関するQ&A [11/02up]

    『看護のための病気のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は「白血病」に関するQ&Aです。 〈目次〉 1.白血病ってどんな病気? 2.白血病はどのように分類されているの? 3.白血病ってなにが原因なの?... [ 記事を読む ]

  • 気管支拡張症患者さんの聴診音 [06/07up]

    この【実践編】では、呼吸器内科専門医の筆者が、疾患の解説と、聴診音をもとに聴診のポイントを解説していきます。 ここで紹介する聴診音は、筆者が臨床現場で録音したものです。眼と耳で理解できる解説になっているので、必見・必聴です! よ... [ 記事を読む ]

  • 知っておきたい臨床で使う指標【総目次】 [05/25up]

      根本 学 (埼玉医科大学国際医療センター 救命救急科診療部長)   はじめに 臨床現場で使用することの多い指標は、ナースなら知っておきたい知識の一つです。 指標を上手く使いこなすことができると... [ 記事を読む ]

  • 低体温症【ケア編】|気をつけておきたい季節の疾患【2】 [01/27up]

    来院された患者さんの疾患を見て季節を感じる…なんて経験ありませんか? 本連載では、その時期・季節特有の疾患について、治療法や必要な検査、注意点などを解説します。また、ナースであれば知っておいてほしいポイントや、その疾患の患者さんに... [ 記事を読む ]

  • 咽頭結膜熱(プール熱)【疾患解説編】|気をつけておきたい季節の疾患【14】 [07/27up]

    来院された患者さんの疾患を見て季節を感じる…なんて経験ありませんか? 本連載では、その時期・季節特有の疾患について、治療法や必要な検査、注意点などを解説します。また、ナースであれば知っておいてほしいポイントや、その疾患の患者さんに... [ 記事を読む ]

いちおし記事

寄り添う看護

みなさんが思う「患者さんに寄り添う看護」はどんなもの? [ 記事を読む ]

ドレーンの種類と管理方法

ドレーン排液の異常や固定部のずれ、ゆるみの有無を観察しましょう! [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

看護や医療系の1日セミナー、いくらまでなら自腹で参加費を支払う?

投票数:
1180
実施期間:
2018年11月23日 2018年12月14日

看護師辞めようかと思うほどに怖かったインシデント、経験ある?

投票数:
1047
実施期間:
2018年11月27日 2018年12月18日

最初の患者さんのこと、覚えてる?

投票数:
1047
実施期間:
2018年11月29日 2018年12月20日

【クリスマス】サンタにお願いしたいプレゼントは?

投票数:
1101
実施期間:
2018年11月30日 2018年12月21日

人生で一番号泣した作品は?

投票数:
977
実施期間:
2018年12月04日 2018年12月25日

感情を一生出せないとしたらどれが一番つらい?

投票数:
927
実施期間:
2018年12月07日 2018年12月28日

安楽死に賛成?反対?

投票数:
670
実施期間:
2018年12月11日 2019年01月01日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3620

がん末期の79歳の女性患者さん。自分の人生は残り少ないので、どうしても家に帰りたいと希望しています。ご家族は女性患者さんの希望を受け入れてあげたいと思っていますが、自宅で介護する自信がなく、どうしたらいいのか悩んでいます。そこで、女性患者さんと家族の双方の思いを酌んだ在宅移行ができないか、退院調整のスタッフから相談を受けました。以下、退院調整スタッフへの回答として、最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.訪問看護を利用し、ご家族は女性患者さんの思いを受け入れて、介護指導を受けながら精一杯頑張るよう説得するべきだと提案した。
  • 2.ご家族の不安が大きいので、訪問看護を利用するか、ホスピスへの移行を提案した。
  • 3.介護負担が増大しないように、訪問看護と泊まりのサービスを定期的に利用することのできる看護小規模多機能型居宅介護の利用を提案した。
  • 4.介護負担が増大しないように、訪問看護と泊まりのサービスを定期的に利用することのできる居宅療養管理指導の利用を提案した。
今日のクイズに挑戦!