1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 看護師絵日記>
  4. 患者さんの涙|看護師絵日記

2016年05月25日

患者さんの涙|看護師絵日記

看護師絵日記

患者さんの涙

 

よく泣く患者さんがいた。

 

患者さんの涙1

 

はじめは「どうしてこんなことになったんだろう」と布団に包まって泣いていた。

 

「急なことで、驚いていて分からないことだらけですよね」

と声をかけながらしゃがむと、布団から手が出てきて

そっと手を添えると、もう片方の手が出てきて

両の手でわたしの手を握りながら泣いていた。

 

 

病気に対する受け入れや初めての入院や治療に対する不安がどっと押し寄せていたんだな。

彼女の頭の中がパンクしないように必要な話をしていく毎日。

彼女の涙は少しずつ減っていった。

 

 

ある日、彼女の状態が悪化した。

彼女は遠のく意識の中で泣いていた。

 

「辛いね!頑張っているね!」と何回も声をかけた。

 

あとでそのときのことを彼女は「ひとりになるかと思った」

と泣きそうな顔で言っていた。

「泣き虫でごめんね…」が口癖だ。

 

 

また幾日か経って彼女が駆け寄ってきた。

「こんな日がくるとは夢にも思っていませんでした。ありがとう」

いつもの病院のパジャマではなく、私服を着ていた。

退院の日だった。

 

患者さんの涙2

 

その人が笑顔で流す涙が好きだ。

患者さんが色々な涙を流すことができるくらい、思いを表出できる環境を作るには

一人ではないことを伝えること、寄り添うことが必要なのかもしれない。

 

 

【かげ】Twitter

総合病院で働き、絵を描く看護師です。医療の勉強に役立つ(てほしい)絵や仕事でのほっこり話などをTwitterでつぶやいています。

この連載

  • 呼んでくれてありがとう [07/20up]

    看護師絵日記 呼んでくれてありがとう   ナースコールが鳴った。   「どうなさいましたか?」と声をかけても、何も返事がなかった。 「うかがいますね」とナースコールを置き、どうしたのだろうと患者さ... [ 記事を読む ]

  • 患者さんの涙 [05/25up]

    看護師絵日記 患者さんの涙   よく泣く患者さんがいた。     はじめは「どうしてこんなことになったんだろう」と布団に包まって泣いていた。   「急なことで、驚いていて分から...

  • 悪くなるのは当たり前だから我慢する [05/04up]

    看護師絵日記 悪くなるのは当たり前だから我慢する   「もう抗がん剤の治療はしたくない」 と化学療法の治療を中止して外来で経過観察していた患者さん   再びこの病棟に入院した。 肺炎になって... [ 記事を読む ]

  • 「私はどこの手術をしたの?」 [04/14up]

    看護師絵日記 「私はどこの手術をしたの?」 手術が終わった患者さん。 初めての歩行介助をすることになった。   点滴棒につかまってゆっくり歩く。 私は背中に手を添え並んで歩く。   初... [ 記事を読む ]

  • 夜勤の廊下で [03/25up]

    看護師絵日記 夜勤の廊下で 昼は入院、退院、面会にくる患者さんの家族、友達職場の方々…検査に手術に車椅子のキュっという曲がる音、ストレッチャーのガタっというロック、 病棟内は色々な音につつまれている。   ... [ 記事を読む ]

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(1)

1匿名2016年05月26日 20時57分

いいですね!

関連記事

いちおし記事

患者さんから“深い話”を打ち明けられたとき…。あなたならどう受け止める?

【マンガ】大切な人が死ぬとき~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~(12) [ 記事を読む ]

点滴静脈内注射が血管外に漏れたら、どうなるの?

どんな症状が起こるか、どう対応すればよいか解説!観察ポイントがひと目でわかるイラストも紹介! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

病院でお正月にちなんだ特別なことをした?

投票数:
1457
実施期間:
2020年01月03日 2020年01月24日

2020年の抱負教えて!

投票数:
1343
実施期間:
2020年01月07日 2020年01月28日

インフルエンザにかかったら、有休?欠勤?

投票数:
1270
実施期間:
2020年01月10日 2020年01月31日

あなたの病院で成功した画期的な「働き方改革」はある?

投票数:
1195
実施期間:
2020年01月12日 2020年02月02日

実録!? 私はこう太った!!!!

投票数:
1160
実施期間:
2020年01月14日 2020年02月04日

チェックしてる「勉強垢」ってある?

投票数:
655
実施期間:
2020年01月17日 2020年02月07日

あなたが作り出した「自分史上最低の料理」は?

投票数:
504
実施期間:
2020年01月21日 2020年02月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1838

◆がん看護の問題◆Cさんは40歳代の営業職の仕事を行っている男性です。非小細胞肺がんと診断され、「今後も仕事を継続しながら治療を行いたい」と話しています。
Cさんの治療は、抗がん剤であるビノレルビン酒石酸塩+シスプラチン療法を行うことになりました。
今後、骨髄抑制の副作用が予測されるCさんに対してどのような説明が必要でしょうか?

  • 1.抗がん剤投与から1週間は特に貧血に注意して生活をしてもらう。
  • 2.治療期間中は感染を防ぐため、仕事を控えるように説明する。
  • 3.血小板の減少は抗がん剤投与後3週間程度で起こるが、その時期は、自分で気づきにくい内出血に注意するよう説明する。
  • 4.白血球は抗がん剤投与後7~14日程度で最低値となるため、特にこの期間は感染に注意が必要である。
今日のクイズに挑戦!