1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 看護師を辞めたくなるのはどんなとき?

2016年06月25日

看護師を辞めたくなるのはどんなとき?

看護職を愛する理由はたくさん挙げられる。それと同時に、看護を辞めたいと時々感じることも事実。

 

アメリカの看護師を対象としたコミュニティサイトに掲載された記事から12の離職したくなる理由のうち、いくつかご紹介します。

 

共感できることはありますか?

 

 

 

普通の生活がどんなものだったか思い出せなくなったとき

日勤と夜勤を繰り返す生活、時には3交代で深夜から出勤することや、急に電話で呼び出しがかかることもある看護師の勤務。

 

多くの社会人が週休2日制の生活を送っている一方で、看護師である自分は土日も昼夜も関係なく働いている。

 

普通の生活ってどんなものだったかしら、と忘れてしまった自分に気づくことはありませんか?

 

家庭では母親でもある看護師ならば、学校から家に帰ってくる子どもたちを「おかえり」と出迎えられたらどんなに素敵だろう、と思うときもあるでしょう。

 

 

ミスすることが怖くなったとき

医療事故は、患者さんが被害を受けるというだけでなく、警察沙汰になり、看護師も免許を剥奪され、職を失う可能性があります。

 

些細なミスが深刻な医療事故を引き起こすかもしれないと考えると、看護をするのが怖くなってしまうことも。

 

ミスは自分が意図せず、誰かを傷つけてしまう行為。仕事に責任を感じすぎて、自分が勤務している様子が夢に出てくることもあるでしょう。

 

 

ストレスで体重が増えているとき

不規則な生活に、ミスすることへの緊張感。看護師が体重増加はストレスフルな環境で常に働いていることが原因と考えても不思議ではありません。

 

ストレス解消のためにお酒やご褒美スイーツがやめられないのも、「看護師として働いているからだ!」と言い訳したくなる瞬間はありませんか?

 

 

素敵に年を重ねていないことに気づいたとき

夜勤によって生活が不規則になり、ひざや腰にも痛みを感じる。ふと自分の手を見ると、洗い過ぎて乾燥し10歳以上老けて見えるなんてことありませんか?

 

患者さんの介助により、若い時から腰痛や肩こりに悩まされる看護師も多くいることでしょう。

 

テレビで素敵に年を重ねた女優さんたちを見て憧れてはみるものの、夜勤や過酷な労働によって蓄積された疲労は、簡単には解消されません。

 

看護師という職業柄、自分のことよりも家族などほかの人のことを優先して考えてしまいがち。自分のために癒しの時間をとって、上手に年を重ねたいところです。

 

物事にはマイナスな面もあればプラスな面もあります。人命に関わる重大な責任を負う看護師だからこそ、耐えられるハードな勤務もありますから。

 

同僚とユーモアを交えた愚痴を言い合ったり、労わり合いながら、明日も患者さんに笑顔を見せましょう。

 

 

(文)Rio, S.

(参考)12reasons why I want to walk away from nursing(Mighty Nurse)

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(9)

9匿名2019年03月24日 20時04分

人間関係。そしてオムツ交換、陰部洗浄、シャワー浴介助全部もうやりたくない。

8お気楽ちゃん2018年10月21日 19時41分

辞めたい理由はいっぱいあるだろうけど、本当に辞めるきっかけを作るのは結局人間関係だし、引き止めるのもやっぱり人間関係なんだよな

7匿名2016年09月06日 06時45分

皆さんのコメントに同じ。

6えつこ2016年07月10日 10時49分

いつの時代も、看護師離職率第一位は人間関係ではないでしょうか?

5匿名2016年06月28日 19時55分

今、辞めたいです。

4匿名2016年06月26日 18時46分

日勤だと疲れマックスで食べてしまう

3匿名2016年06月26日 10時57分

人間関係が一番の理由!意地悪な看護師が多い

2タコの足2016年06月25日 23時20分

責任の重さかな。

1それはズバリ2016年06月25日 12時56分

人間関係でしょう。

関連記事

いちおし記事

モジャ先生との優しい時間|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌(104)

「相談したいことがある」とモジャ先生を食事に誘ったもも子は… [ 記事を読む ]

リフィーディング現象ってなんだっけ?

場合によっては不整脈や心不全を引き起こすことも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

思わずほっこりした「ナースコール」はある?

投票数:
1280
実施期間:
2019年09月27日 2019年10月18日

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1293
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1171
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1028
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
890
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
470
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2887

◆皮膚ケアの問題◆80歳代男性Aさん。右大腿骨頸部骨折のため入院となりました。観血的整復固定術が行われ、現在のADLは、体動はゆっくりではありますが、介助があれば車いすへの移動が可能です。ベッド上での自力での体位変換は不十分な状態です。Aさんの褥瘡予防ケアについて、適正なケアはどれでしょうか?

  • 1.手術後よりリスクアセスメント・スケールを用いて、褥瘡の評価を行った。
  • 2.現在もベッド上での自力での体位変換が不十分なため、体圧分散寝具の使用や体位変換介助を継続した。
  • 3.車いすに乗るときは、円座(ドーナッツ状クッション)を使用するよう伝えた。
  • 4.仙骨部などの骨突出部にマッサージを行った。
今日のクイズに挑戦!