1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 看護師の燃え尽き症候群(バーンアウト)を防ぐ8つの習慣!

2016年06月18日

看護師の燃え尽き症候群(バーンアウト)を防ぐ8つの習慣!

看護師は、やりがいのある仕事であると同時にストレスの高い仕事でもあります。知らず知らずのうちにストレスをため込んでしまうと、燃え尽き症候群(いわゆる『バーンアウト・シンドローム』)になるリスクを高めてしまいます。

 

今回は、燃え尽き症候群を予防するために今からでも自分で手軽に取り入れることのできる8つの習慣についてご紹介します。

 

 

燃え尽き症候群を防ぐために

「ケアを提供する立場(職種)にもケアが必要」と、これまで考えたことはありますか?

 

看護師は、人の命に関わる責任を負う仕事という性質上、体力的にだけでなく心もストレスにさらされる状況に置かれることも多いでしょう。

 

ただ、日常的に過度なストレスを受け続けると、看護師として安全に職務を果たすことが難しくなるのではないかという疑問さえ出てきます。

 

患者さんを守るためにも「自分自身を燃え尽き症候群から守る」といった意識を持つことがまず大切です。

 

1.ストレス源を確認する

もしあなたのストレスの原因が、同僚との関係性や考え方に違いがある場合は、上司に相談すれば何らかの助言やサポートが得られるかもしれません。

 

また、看護技術の未熟さに不安を感じたり、自信のなさが原因でストレスを感じたりする場合なら、同僚やベテラン看護師に話したり、技術の手ほどきを受けることが助けになるでしょう。

 

 

2.現実を踏まえたうえでポジティブな考え方をする

看護の仕事に対して積極的に取り組む姿勢は良いことですが、現実に置かれた状況を冷静に見極めることを忘れないようにしましょう。

 

設備や人員などの面で厳しい環境の中、自分1人で職場の看護の責任をすべて担うことは、非現実的でありストレスを高める原因となってしまいます。

 

 

3.感じているストレスを周囲に伝える

職場で感じているストレスをためらわずに表現することが大切です。もしかすると同僚もストレスを受けているかもしれません。

 

「悩んでいるのは自分だけ」と抑え込まずに、チームの問題としてとらえ、話し合いにつなげられる絶好の機会と思って、自分の感じることを遠慮せずに表現してみましょう。

 

 

4.リラックスするために運動を習慣にする

ナースステーションで10分間休憩するだけでも脳にもよい影響を与えます。さらに呼吸法の実践は、緊張を解き心の平穏を取り戻すのに役立ちます。

 

同僚を水泳やヨガなどのエクササイズに誘ってみるのもよいでしょう。運動やリラクゼーションは、仲間と一緒に行なえば効果抜群です。

 

 

5.不健康な習慣を正す

タバコ、お酒、薬やカフェインなどの服用は、一時的にストレスを軽減したりリラックスさせたりする効果があっても、長期的に見ると体の負担になることがあります。

 

コーヒーや栄養ドリンクに頼りがちな人は、カフェインの摂取量を見直してみましょう。

 

 

6.家族に電話する

家族の声を聴くことは、休憩時間の5分だけでも安心感を得られることができるのです。

 

愛する家族へ、声を聴きたいと思う人に電話してみましょう!

 

 

7.健康的な食生活を維持する

バランスのとれた食生活は、健康増進につながります。体が健康な状態であれば、心理的なストレスの悪影響も受けにくくなるのです。

 

8.趣味を楽しむ時間をもつ

自分自身を愛すること、かわいがることを忘れないようにしましょう!

 

時間に余裕のあるときには、未体験のスポーツやイベントなどに挑戦したり、新しい習慣をライフスタイルに組み込んでみてください。

 

趣味や習慣を通して自分探しをし、新しい趣味を見つけることは非常に大切です。

 

仕事を離れて打ち込んめる趣味を持てば、リフレッシュした楽しい気分で出勤することができるはず。

 

また、新しい趣味やこれまでと違う習慣は、気持ちを分かちあえる誰かと出会うチャンスを呼び込んでくれるかもしれません!

 

ストレスと上手に付き合う方法を見つけたら、看護師は「やりがい」を感じて楽しんで働くこともできる仕事です。

 

「ケアを提供する立場」の看護師ですが、「自分のケア」を忘れないことが大切です。

 

 

(文)A.Brunner

(参考)Nurse Burnout: 8 Ways to Manage Work Stress(Nurseslabs)

 

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(2)

2Magda2016年11月18日 00時28分

It's always a pleasure to hear from someone with extripese.

1なるほど2016年06月18日 09時23分

気をつけていきます。

関連記事

いちおし記事

看護roo!サロンで同年代ナースとおしゃべり♪

「他の病院はどうなんだろ?」そんな疑問もお互い話せるチャンス♡ [ 記事を読む ]

【音声あり】気管支喘息の聴診音って?

気管支喘息の特徴「笛音」を実際に聞いて確かめてみてね! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

自分が描いていた理想の看護師になれている?

投票数:
1182
実施期間:
2019年05月10日 2019年05月31日

【新人限定】「配属先、いつ決まった?」

投票数:
831
実施期間:
2019年05月14日 2019年06月04日

ケアの優先順位(多重課題)で困った経験はある?

投票数:
1076
実施期間:
2019年05月14日 2019年06月05日

看護書や医学書で見かける表現で「これどういう意味?」なものある?

投票数:
1056
実施期間:
2019年05月17日 2019年06月07日

伸び悩んでる新人、どうやって褒めてる?

投票数:
882
実施期間:
2019年05月21日 2019年06月11日

あなたの施設で退職時期、決められてますか?

投票数:
686
実施期間:
2019年05月24日 2019年06月14日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3787

現在行われている出生前診断で、確定的検査は以下のうちどれでしょうか?

  • 1.超音波マーカー検査
  • 2.新型出生前診断(NIPT)
  • 3.羊水検査
  • 4.母体血清マーカー検査
今日のクイズに挑戦!