1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. ナース服の変遷から見る未来

2016年06月11日

ナース服の変遷から見る未来

看護師の象徴とされるナース服。欧米の影響を受けて、近年では「スクラブ」を採用する日本の病院も増えています。

 

今回は、アメリカのサイトで紹介されたナース服の移り変わりを1900年代から見てみましょう。

 

 

1900年から第一次世界大戦まで

アメリカの看護の歴史は1700年代初期に始まったと言われています。1800年代にフローレンス・ナイチンゲールの功績により「看護」が確立し、世界中に広まりました。

 

そしてまず、動きやすいように看護師用の「ユニホーム」が考案され、医療の発達とともに少しずつ形が変化していきました。

 

初期は、ナイチンゲールが当時の写真の中で着用していたような白い長袖の上着にロングスカート、白のエプロンを組み合わせたナース服が多く、手首から足首まで肌を覆い隠すスタイルでした。

 

ナースキャップは大きく、ナースシューズは白のショートブーツでした。

 

写真引用元:The Library of Congress Follow

 

 

戦時中でも制服は大切

1920年以降も白を基調としたエプロンと帽子、長袖のシャツにロングスカートは健在。

 

しかし、くるぶしまで届く長さだったロングスカートは、ふくらはぎ丈まで短くなり、動きやすさも考慮されました。

 

1940年の海軍病院の看護師は、ネクタイにボタンの付いたジャケット、ひざ丈のタイトスカートを着用。帽子はナースキャップよりもパイロット帽に近い形で、足元はショートブーツではなく、ごく一般的な黒の革靴でした。

 

写真引用元:JWA Commons Follow

 

 

第二次世界大戦から現在まで

戦後になると、徐々に現在のナース服に近づきます。女性の権利や社会活動の回復とともに、さらに動きやすさが求められた結果、そでやスカートの丈が短くなりました。

 

白を基調とした半そでのワンピースとなり、大きかったナース帽は少しずつ小さくなりました。

 

写真引用元:John Atherton

 

自動洗濯機が開発された1960年代には、ナース服も洗いやすく、アイロンがけが簡単な素材に変化。1980年に入ると、スカート限定だったナース服にパンツスタイルが登場しました。

 

「スクラブ(=英語の意味は『ごしごしこすって洗う』)」と呼ばれる生地が丈夫でより動きやすく、主にVネックの上着とパンツを組み合わせたナース服が浸透し始めたのが1990年。

 

スクラブの普及とともに、カラーバリエーションは白や水色の基本色から、鮮やかな赤や青など豊富になりました。さまざまな柄のスクラブも発売されています。

 

 

医療現場でのニーズの多様化、医療の発達、社会生活の変化などの影響を受けて、変遷するナース服。

 

例えば、衛生面や安全性への懸念からナースキャップを廃止した病院も多く、今ではほとんど見かけなくなりました。

 

欧米ではより機能性を重視したスクラブの採用が増え、日本もその影響を受けています。

 

もしかしたら、ワンピース型のナース服がなくなってしまう日も遠くないかも?

 

 

(文)Rio, S.

(参考)How nursing uniforms have changed through the decades(This Blew My Mind )

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(6)

6匿名2016年06月12日 13時07分

わかりました!

5匿名2016年06月12日 11時58分

看護師に限らず女性の制服にいやらしい幻想を持つのは不愉快。コスプレじゃない、汚物まみれの作業服ですよ!

4匿名2016年06月11日 14時26分

>看護師の象徴のナースキャップが細菌の塊だったとは、なんたる皮肉。

科学的根拠はないらしいですが。

3匿名2016年06月11日 12時09分

時代が変われば白衣も変わる。
2.匿名さん、ナースキャップがバイ菌の塊。
何の為の戴帽式かも分かりませんね。

2匿名2016年06月11日 08時51分

看護師の象徴のナースキャップが細菌の塊だったとは、なんたる皮肉。

1匿名2016年06月11日 08時07分

しょせん作業服ですから当然の変化です。

関連記事

いちおし記事

新人ナースと超ドSドクターの胸キュンドラマ『恋つづ』|上白石萌音インタビュー

上白石萌音×佐藤健のラブコメディ♡ ナース役初挑戦への想いを聞きました! [ 記事を読む ]

呼吸管理で聞く「ETCO2」って、なに?

ETCO2とは何かから、カプノグラムの異常波形まで、知っとこう! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

あなたはおみくじを引きますか?

投票数:
1648
実施期間:
2019年12月31日 2020年01月21日

病院でお正月にちなんだ特別なことをした?

投票数:
1434
実施期間:
2020年01月03日 2020年01月24日

2020年の抱負教えて!

投票数:
1311
実施期間:
2020年01月07日 2020年01月28日

インフルエンザにかかったら、有休?欠勤?

投票数:
1237
実施期間:
2020年01月10日 2020年01月31日

あなたの病院で成功した画期的な「働き方改革」はある?

投票数:
1160
実施期間:
2020年01月12日 2020年02月02日

実録!? 私はこう太った!!!!

投票数:
1114
実施期間:
2020年01月14日 2020年02月04日

チェックしてる「勉強垢」ってある?

投票数:
412
実施期間:
2020年01月17日 2020年02月07日

あなたが作り出した「自分史上最低の料理」は?

投票数:
18
実施期間:
2020年01月21日 2020年02月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1346

◆泌尿器の問題◆以下のうち、オムツ・パッドの選択で正しい説明はどれでしょうか?

  • 1.夜間、尿量が多い患者さんなので、オムツ皮膚炎を予防するため、2~3時間ごとに尿取りパッドを交換した。
  • 2.介助があれば坐位が可能な患者さんなので、テープ式オムツを選択した。
  • 3.臥床状態の患者さんなので、テープ式オムツを選択した。
  • 4.尿漏れが多い患者さんなので、尿取りパッドを二重にして使用した。
今日のクイズに挑戦!