1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 看護師絵日記>
  4. 「私はどこの手術をしたの?」|看護師絵日記

2016年04月14日

「私はどこの手術をしたの?」|看護師絵日記

看護師絵日記

「私はどこの手術をしたの?」

手術が終わった患者さん。

初めての歩行介助をすることになった。

 

点滴棒につかまってゆっくり歩く。

私は背中に手を添え並んで歩く。

 

初回歩行、ふらつきなし。

 

「手術がんばりましたね」と声をかけると

「そうだねぇ、がんばったみたいだね」

と他人ごと。

 

 

3歩くらい歩くと立ち止まって

「自分はどこの手術をしたの?傷の場所に何があったの?」

と傷をおさえながら振り返った。

 

私は何の手術をしたの?

 

手術をする前は主治医の先生をはじめスタッフと患者さん、患者さんの家族で集まって

病気の状態や手術の内容などについて話し合い(インフォームドコンセント)を行う。

 

その患者さんももちろん、手術前に家族と一緒にICを行っている。

 

聞くと

「説明はあった。けれど聞いたら怖くなっちゃうから頭に入れてない。

どこか悪いところがあって手術するのだけ分かる。

でも、くわしいことを知るのが怖い。

知ると手術をしたくなくなると思ったんだ。」

と言われた。

 

 

「確かに知ると怖くなりますよね。

けれども知らないと知らない漠然とした怖さがあるなと私は思うのです」

 

 

知らなくても了承を得ることができれば手術はできる。

患者さんはまだ、手術でできた傷口を見ていない。

 

 

治療を受ける患者さんが知りたいこと、

医療者が知らせるべきことはイコールではない。

 

知らない漠然とした怖さ

知ってしまった具体的な怖さ

 

人によって不安や恐怖を感じる事柄はちがう。

 

看護師として、何を伝えるべきなのだろうか。

 

 

【かげ】Twitter

総合病院で働き、絵を描く看護師です。医療の勉強に役立つ(てほしい)絵や仕事でのほっこり話などをTwitterでつぶやいています。

この連載

  • 患者さんの涙 [05/25up]

    看護師絵日記 患者さんの涙   よく泣く患者さんがいた。     はじめは「どうしてこんなことになったんだろう」と布団に包まって泣いていた。   「急なことで、驚いていて分から... [ 記事を読む ]

  • 悪くなるのは当たり前だから我慢する [05/04up]

    看護師絵日記 悪くなるのは当たり前だから我慢する   「もう抗がん剤の治療はしたくない」 と化学療法の治療を中止して外来で経過観察していた患者さん   再びこの病棟に入院した。 肺炎になって... [ 記事を読む ]

  • 「私はどこの手術をしたの?」 [04/14up]

    看護師絵日記 「私はどこの手術をしたの?」 手術が終わった患者さん。 初めての歩行介助をすることになった。   点滴棒につかまってゆっくり歩く。 私は背中に手を添え並んで歩く。   初...

  • 夜勤の廊下で [03/25up]

    看護師絵日記 夜勤の廊下で 昼は入院、退院、面会にくる患者さんの家族、友達職場の方々…検査に手術に車椅子のキュっという曲がる音、ストレッチャーのガタっというロック、 病棟内は色々な音につつまれている。   ... [ 記事を読む ]

  • 食欲がない患者さんの本当の理由 [03/02up]

    病棟での毎日は、看護師にとってはもはやドラマチックでも目新しくもないかもしれない。けれど、切り取ってみるとかならず発見があるものです。 現役看護師のかげが日々の病院で発見したことを、絵日記のようにつぶやいていきます。  ... [ 記事を読む ]

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(5)

5なし2017年07月16日 12時11分

なんで上から目線のコメントしかないんだろ。あなたたちはそうやって意見を言うイヤな指導者なのがみえますね。うちのスタッフてないことを祈ります。

4匿名2017年01月07日 18時24分

学生さんの記録の方がちゃんとしている。プロとしては恥ずかしい作文ですね。

3ちくわ2016年04月16日 23時19分

IC後の受け止め確認してないのか?ずさんな病院

2匿名2016年04月16日 10時23分

説明しても頭に入れてないんじゃ、もう仕方ない

1匿名2016年04月14日 23時10分

長い。結局何を言いたいの?

関連記事

いちおし記事

爪切りで傷害罪になる!?

場合によっては看護師が刑事責任を問われることも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

あなたの勤務先にはローカルルールってある?

投票数:
1239
実施期間:
2019年08月06日 2019年08月27日

病棟の申し送り、どれくらい時間をかけてる?

投票数:
1225
実施期間:
2019年08月09日 2019年08月30日

「あぁ、看護師でよかった」と思ったことはある?

投票数:
1116
実施期間:
2019年08月13日 2019年09月03日

あなたの職場はマタハラある?

投票数:
1052
実施期間:
2019年08月16日 2019年09月06日

あなたの推しスイーツがあるコンビニは?

投票数:
956
実施期間:
2019年08月20日 2019年09月10日

苦手な看護技術、克服したことある?

投票数:
390
実施期間:
2019年08月23日 2019年09月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者515

64歳の男性患者さん 。心不全が再発し、入院することになりました。内服薬の管理・食事の制限ができていないことが問題となっています。独居で支援者はいません。栄養士からの栄養指導を実施しましたが、「1人暮らしで食事なんて作っていられない。3食ちゃんと食べているのだからそれでいいだろう。病院の食事なんて味が薄くて食べられない」と話し、食事療法を取り入れるつもりはない様子です。この患者さんへの看護師の介入方法として、最も優先すべきものでしょうか?

  • 1.医師から食事制限の必要性を説明してもらう。
  • 2.食生活がきちんとできるよう、自炊を心がけるように指導する。
  • 3.今までの生活について話を聞く。
  • 4.減塩の宅配食を勧める。
今日のクイズに挑戦!