1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 日経メディカルAナーシング>
  4. N95マスク装着だけでは空気感染は防げない|院内感染対策の新常識

2016年04月11日

N95マスク装着だけでは空気感染は防げない|院内感染対策の新常識

【日経メディカルAナーシング Pick up!】

 

医療機関で使用されるマスクには、サージカルマスクとN95マスクがある。サージカルマスクは、飛沫の吸い込みや口腔内細菌の放出を予防するためのもの。一方のN95マスクは、結核や水痘、麻疹のように空気感染する疾患にかかった患者の病室に入室する際などに医療者が装着するマスク。

 

空気感染を防ぐには、N95マスクをフィットテストの上で使用する

 

ただし、N95マスクを単に装着するだけでは十分に感染を防げない。使用前に各自でフィットするマスクを探し当てる必要がある。具体的には、マスク装着状態でフードをかぶり、サッカリン入りのネブライザーをフード内に噴射して甘みを舌に感じるかを確認する「フィットテスト」や、空気を吐き出してマスク内圧力を上昇させ、マスクの周囲から空気が漏れていないかを調べる「使用者シールチェック」を行うことがCDCのガイドラインで推奨されており、必須だ。

(満武 里奈=日経メディカル)

 

浜松医療センターの矢野氏によると、結核や水痘、麻疹の患者にN95マスクを装着させている様子をしばしば見かけるという。だが、N95マスクは空気中に浮遊する病原体を吸い込まないように設計されているものであって、感染者が病原体を鼻や口から空気中に飛散させないようにする設計はされていない。患者からの飛沫核を防ぐためには、サージカルマスクを装着させるのが正解だ。

 

また、サージカルマスク、N95マスクともに、濡れてしまうとフィルターが水分で詰まり、その効果を発揮しなくなるので注意が必要だ。サージカルマスクを2重装着するのもNG。「空気抵抗が増し、マスク周囲から空気が漏れ込むという結果になる」(矢野氏)。

 

手荒れすると菌が繁殖する

マスクと同じく標準予防策の1つである手洗い。新常識は手荒れによる菌繁殖に注意することだ。「石鹸と流水で手洗いした後に手指をアルコール消毒している人がいる。これでは手荒れを起こして菌が繁殖し、かえって手指が不衛生になってしまう」と矢野氏は指摘する。

 

2002年にCDCの「医療機関における手指衛生のためのガイドライン」が公開されたのを機に、国内でもアルコールによる手指消毒が手指衛生の基本であると徐々に認知されるようになった。一方で、石鹸と流水による手洗いでは消毒効果が不十分で、アルコール消毒を追加する必要があるという誤解も生まれてしまったと矢野氏は指摘する。

 

アルコール手指消毒が推奨される理由は、

(1)石鹸と流水よりも消毒効果が高い

(2)保湿剤が入っているので手荒れを防げる

(3)短時間で手指衛生ができる

(4)水道設備がない場所でも実施できる

──など。

石鹸と流水による手洗いの効果が不十分というわけではなく、あくまで手荒れ防止と実行性の高さからアルコール消毒が勧められているのだ。実際、消毒ではなく、石鹸と流水による手洗いが必要なケースも存在する(表1)

 

表1 石鹸+流水で手洗いした方がよいケース(矢野氏による)

石鹸+流水で手洗いした方がよいケース

 

ただし、手術時1回目の手洗いだけは、石鹸と流水での手指洗浄後に残留活性の高いクロルヘキシジンやベンザルコニウムなどを含有したアルコール手指消毒薬を用いる。2回目以降は、残留活性の高いアルコール手指消毒薬のみで消毒すればよい。

 

<掲載元>

日経メディカルAナーシング

Aナーシングは、医学メディアとして40年の歴史を持つ「日経メディカル」がプロデュースする看護師向け情報サイト。会員登録(無料)すると、臨床からキャリアまで、多くのニュースやコラムをご覧いただけます。Aナーシングサイトはこちら

この連載

  • 要警戒! 消化管出血は震災10日後にピーク [04/25up]

    【日経メディカルAナーシング Pick up!】   3月下旬、東北大学病院卒後研修センターの菅野武氏を訪ねた。取材の主目的は、東日本大震災で大津波に襲われた公立志津川病院で奮闘し、直後にTIME誌「世界で最も影響力のあ... [ 記事を読む ]

  • 国内有数の循環器病院が植物工場を作ったワケ [04/18up]

    【日経メディカルAナーシング Pick up!】   循環器専門病院として国内有数の治療実績を持つ榊原記念病院(東京都府中市)。その正面玄関を入った外来受付ロビーの奥には24時間こうこうと明かりを灯した木枠で囲われたガラ... [ 記事を読む ]

  • N95マスク装着だけでは空気感染は防げない|院内感染対策の新常識 [04/11up]

    【日経メディカルAナーシング Pick up!】   医療機関で使用されるマスクには、サージカルマスクとN95マスクがある。サージカルマスクは、飛沫の吸い込みや口腔内細菌の放出を予防するためのもの。一方のN95マスクは、...

  • 診療報酬改定で4月から看護現場はこう変わる|インタビュー [04/04up]

    【日経メディカルAナーシング Pick up!】   2016年は2年に1度の診療報酬改定の年にあたり、この4月に様々な見直しが行われる。現場の看護師にとってどのような影響が出てくるのだろうか。改定の議論を行う厚生労働省... [ 記事を読む ]

  • 末梢静脈カテ、1週間以上の留置はNG|院内感染対策の新常識 [03/28up]

    【日経メディカルAナーシング Pick up!】   末梢静脈留置カテーテル(PVC)は留置期間が長いほど、カテーテル由来血流感染(CRBSI)や静脈炎の発生率が高まることが知られている。だが、病院の方針や患者の状態によ... [ 記事を読む ]

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(0)

いちおし記事

【マンガ】大切な人が死ぬとき~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~(1)

【水曜連載】父のがん発見をきっかけに、「死」について考えるエッセイマンガ。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

今期のドラマ、何が楽しみ?

投票数:
2445
実施期間:
2019年10月25日 2019年11月15日

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1246
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1154
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
999
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
931
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
614
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者7314

◆転倒・転落のアセスメントの問題◆誤嚥性肺炎で入院となった83歳男性。末梢の持続点滴と経鼻での酸素投与中で、ポータブルトイレでの排泄の安静制限があります。入院前のADLは自立していましたが、前立腺肥大のため頻尿で、日中は8回、夜間2回程度の排尿がみられます。この患者さんの転倒・転落のアセスメントの対応として適切なものはどれでしょうか?

  • 1.夜間に十分な睡眠ができるように長時間作用型の睡眠薬を投与する。
  • 2.ベッドから立ち上がる際は、オーバーテーブルにつかまって立ち上がるよう指導する。
  • 3.夜間は一人で動くと危ないので身体抑制を行ってもよいか、本人とご家族に尋ねる。
  • 4.患者さんの排泄パターンを観察し、トイレに誘導する。
今日のクイズに挑戦!