1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 『糖質制限ダイエット』で第一人者が死亡 ナースはどう考える?

2016年04月02日

『糖質制限ダイエット』で第一人者が死亡 ナースはどう考える?

春らしい陽気が続き、重いコートを脱いだ途端に「ダイエットしなければ!」と、あせり始めたナースは多いのではないでしょうか?

そんな中、ダイエットにまつわるある報道が波紋を呼んでいます。

 

それは、2016年2月6日、「糖質制限ダイエット」の火付け役である、ノンフィクション作家の桐山秀樹(享年62歳)さんが、心筋梗塞で亡くられたというニュースです。

一部のメディアでは、「糖質制限ダイエット」との関連を疑った内容も報道されましたが、実際のところ、因果関係はわかっていません。

 

「糖質制限」は、効果的なダイエット法としてセンセーショナルに取り上げられたこともあり、実践者などの間に動揺が広がっています。

 

 

【目次】

 

 

糖質制限とは?

すでにご存知の方も多いかと思いますが、「糖質制限」は、食後の急激な高血糖の原因となる糖質の多い米・パン・麺類・麦製品・芋類・菓子類などの、炭水化物を制限して行うダイエット方法の一つです。

 

2008年頃から脚光を浴びはじめ、「糖質が含まれていない肉や魚などの脂質やタンパク質であれば、お腹いっぱい食べられる」という気安さや、「面倒なカロリー計算の手間がいらない」ことから、忙しいビジネスマンや女性たちの間で一大ブームとなりました。

 

亡くなった桐山さんも、糖質制限ダイエットの実践者でした。

自身の著書「おやじダイエット部の奇跡(マガジンハウス)」では、体重87キロ、BMI値28を超える肥満体型であったにもかかわらず、わずか3週間で20kgもの減量に成功したという体験談が綴られています。

それにともない、持病の糖尿病まで改善したと言います。

 

しかし、2013年には日本糖尿病学会が異例の「糖質制限への提言」を発表し、「炭水化物のみを制限するダイエット法」に警鐘を鳴らす場面も見られました。

提言では、「体重の適正化は、運動とともに食事療法を指導するべきであり、炭水化物のみを極端に制限する安全性は担保できない」としています。

 

ここでは、「糖質制限ダイエットは本当に安全と言えるのか?」について、この提言をもとに注意点をピックアップしてみました。

 

 

「糖質制限ダイエット」の注意点

【注意点1】「脂質過剰」で太る

提言では肥満、糖尿病の増加には脂質栄養の過剰摂取が大きく関与しているのではないかという立場から、「脂肪の過剰摂取」に懸念を示しています。

 

その根拠として示しているのが、以前と比べて現代の日本人の栄養摂取量は、炭水化物が減って、脂質が増えているというデータです。

 

先にも述べましたが、糖質制限は糖質以外なら「いくら食べても大丈夫」というのが基本で、脂質の摂取量には制限をもうけていません。

ですが、脂質の過剰摂取を続けていれば太りやすくなるし、動脈硬化など他の病気を誘発する可能性も出てきます。

 

脂質以外でも、「○◯だけを摂取する」とか「◯◯だけならいくらでも」というダイエットはよく見かけますが、冷静に考えると、栄養バランスが偏っていれば健康な身体を保つことができないのは明らかです。

 

【注意点2】短期的なダイエット効果はあるが長期的エビデンスがない

肥満の解消に「脂質制限」と「炭水化物(糖質)制限」のどちらが向いているかというのは、実は、長きにわたって議論が続けられている難問です。

 

提言には「炭水化物(糖質)を抑える方が、総カロリーの制限や脂質制限を行うよりも早く体重を減少させることができる」という研究結果が示されており、「糖質制限」による減量のスピードには有用性を認めています。

 

しかし、この研究には続きがあります。それは、「糖質を抑えると6ヶ月までは体重が減るものの、1年で他のダイエットとの差はなくなり、むしろ血中LDLコレステロールに増加がみられる」というものです。

 

つまり、「糖質制限」は短期的には効果があるものの、長期的にみると、カロリーを維持するために脂質やタンパク質の過剰摂取につながり、健康を害する危険性があるというわけです。

 

これにより、糖質制限を長期で行う場合の安全性を担保するエビデンスはないというのが、日本糖尿病学会による結論です。

 

 

糖質制限ダイエットをどう捉えるか

以上の理由から、提言では「糖尿病治療における食事療法は、従来の総カロリー計算を推奨する」という立場を表明しており、「ダイエット」においても、現段階では自己流や長期で実践することが安全であるとは言いきれません。

 

ただ、「良い・悪い」は時の流れとともに移り変わっていくのが世の常。

今後、臨床でのエビデンスがとれれば、またちがった結論が出てくることも考えられます。

あなたは医療者として、個人として、この問題をどう考えますか?

 

(参考)

日本人の糖尿病の食事療法に関する日本糖尿病学会の提言(日本糖尿病学会)

 

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(5)

5匿名2016年04月04日 18時42分

バランスが大事だね

4匿名2016年04月03日 13時57分

そういえば小松菜ジュースばかりのあの人も早死

3匿名2016年04月02日 21時25分

バランスいいのが一番ですね

2匿名2016年04月02日 15時18分

おっさんは短期の糖質制限でいいのに。いつまでも肉ばかり食うと脂質過多だし。

1匿名2016年04月02日 15時16分

どのレベルの糖質制限かわからないけど、3週間で20キロ減量でなく、20年前からゆるゆるに糖質脂質控えめのよい食生活なら寿命はもう少し先だったかね。

関連記事

いちおし記事

思い残し|マンガ・ぴんとこなーす【253】

看護師として働く中で、ナスさんが思うこと。 [ 記事を読む ]

「水泡音」ってどんな音?

肺炎患者さんの聴診音「水泡音」を実際に聞いて確認! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

思わずほっこりした「ナースコール」はある?

投票数:
1327
実施期間:
2019年09月27日 2019年10月18日

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1345
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1220
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1098
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
988
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
757
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日

「私、失敗しないので」って言える得意な看護技術ある?

投票数:
197
実施期間:
2019年10月18日 2019年11月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4826

◆周術期の問題◆手術中に摘出された検体の取り扱いについて、正しい説明はどれでしょうか?

  • 1.患者情報ラベルはふたに貼る。
  • 2.患者情報ラベルには患者氏名はフルネームで記載し、患者 ID など 2つ以上の情報を記入する。
  • 3.検体を容器に入れた後に患者情報ラベルを貼る。
  • 4.複数の患者検体を同時に扱う。
今日のクイズに挑戦!