1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 看護師の燃え尽き症候群(バーンアウト)を防ぐために必要なこと

2016年03月29日

看護師の燃え尽き症候群(バーンアウト)を防ぐために必要なこと

過酷な労働条件で働く看護師の燃え尽き症候群(バーンアウト)は、どの病院でも大きな問題となっています。

 

アメリカで最近行われた看護師の退職希望調査の報告によると、対象者の3分の1の看護師が翌年中に現在の地位や役割から退く予定であると答えたそうです。

 

その理由としては、「精神的な疲労困憊と個人的な達成感の欠如」が挙げられており、看護師の燃え尽き症候群を防ぐためにはこの2点を解決することが大きなカギとなると、医師のコリン・ベアード氏は述べています。

 

今回は、看護師の燃え尽き症候群を防ぐために必要な対策について、ベアード氏の考えをご紹介します。

 

 

看護師が抱える燃え尽き症候群の問題に気づいたとき

看護師の抱える燃え尽き症候群の問題の大きさに気づいた経験について、ベアード氏はブログで次のように紹介しています。

 

その経験は、ベアード氏がイーストコーストにあるレベル1外傷センターで勤務していた10年以上前とのことですが、とても印象深く、今でもはっきりと思い出されるそうです。

 

ある休憩時間の時のこと。1人の看護師が休憩室に入ってきたので「今日の(仕事の)調子はどう?」とたずねると、彼女は椅子に泣き崩れてしまったそうです。

 

その反応に驚き、続けて「何かあったの?」と声をかけたところ、彼女は「たった今、今日で3人目の患者さんが亡くなったんです」と答えたそうです。

 

彼女の答えによって、医師であるベアード氏は、これまで想像したことのない看護師の置かれる過酷な状況に、初めて気づかされたそうです。

 

またこの看護師との忘れられない衝撃的な経験が看護師の燃え尽き症候群の問題に目を向けていくきっかけとなったそうです。

 

 

治療の進行を担う看護師のストレス

医師は患者さんの退院指示や死亡を診断することで治療の節目を迎えるが、その一方で看護師は、退院に必要な準備を整えて実際に患者さんを退院させたり、死後処置を行ったりしていることに、あらためて気づいたそうです。

 

まさに看護師は、空港の管制官のように、全てを把握して医師の治療が上手く進むようにコーディネートしてくれる大きな役割を担う存在である分、重大な責任であるがゆえに大きなストレスも負っているのです。

 

 

看護師の燃え尽き症候群を防ぐには

ヘルスケアにおける最大のリスクは、医師不足と看護師不足であることはアメリカでも同じです。それを避けるためにも看護師の燃え尽き症候群の予防は必須の対策です。

 

まず看護師の業務の3割を占めている看護技術の提供以外にあたる業務を是正し、看護師が看護に集中できるようにシステムを整えること。そして、「看護師にも患者さん同様に労りの心をもって関わる」という環境が必要になります。

 

このことは、経営者側が収益に執着しがちなために見落とされやすい点ですが、看護師が日々行う患者ケアの質の高さを考えれば当たり前のこととすべきでしょう。

 

看護師はケアを提供する立場ですが、毎日多忙で過酷なシフトに加えて、患者さんとの別れやトラブルなど精神的な負担が非常に大きいことを、職場のあらゆるスタッフがきちんと理解しておくこともまた大切なことです。

 

 

看護師不足の負の連鎖

日本においても同様に看護師が不足しており、個々の看護師が請け負わなければならない業務の負担が大幅に増しているのが現状です。

 

看護師が燃え尽き症候群で退職し、残った看護師はさらに労働環境が悪くなるといった負の連鎖を防ぐためにはどうしたらいいのでしょうか。

 

アメリカ同様に日本でも看護師の燃え尽き症候群、またそれに伴う負の連鎖を防ぐ早急な対応が必要な状況にあるようです。

 

 

(文)A.Brunner

(参考)

Reduce nurse burnout by treating nurses as well as we treat patients(KevinMD.com)

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(0)

関連記事

いちおし記事

プリセプターの皆さん!新人との距離感に悩んでいませんか?

6月も終盤、今後の研修を有効活用するためのコツを伝授します。今年プリをやっているナース必見! [ 記事を読む ]

舌下錠の与薬

飲み込んだり、かみ砕いたりしてはいけないのはなぜ? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

話題の「奨学金破産」、どう思う?

投票数:
923
実施期間:
2018年06月05日 2018年06月26日

人生で一番「無駄な買い物」選手権!

投票数:
620
実施期間:
2018年06月15日 2018年07月06日

男性との“出会いの場”どこが一番多い?

投票数:
536
実施期間:
2018年06月19日 2018年07月10日

新人ナース限定! 先輩に言われた「キツ~い一言」は?

投票数:
648
実施期間:
2018年06月12日 2018年07月12日

救急車の有料化、いくらくらいなら「妥当」だと思う?

投票数:
389
実施期間:
2018年06月22日 2018年07月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1729

以下の二次救命処置についての説明で、最も正しいものはどれでしょうか?

  • 1.末梢からの静脈路が確保できない場合は、医師に中心静脈路の確保を依頼する。
  • 2.アドレナリンは 1 回0.5mgを静脈内投与し、3~5分間隔で追加投与する。
  • 3.心肺蘇生中の気管チューブの位置確認には、呼気CO2モニターは必要がない。
  • 4.気管挿管後は、胸骨圧迫と人工呼吸は非同期とし、連続した胸骨圧迫を行う。
今日のクイズに挑戦!