1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 日経メディカルAナーシング>
  4. 三方活栓を何回消毒すればカテ感染を防げる?|第31回日本環境感染学会総会・学術集会より

2016年02月29日

三方活栓を何回消毒すればカテ感染を防げる?|第31回日本環境感染学会総会・学術集会より

【日経メディカルAナーシング Pick up!】

 

閉鎖式三方活栓を無菌状態にするには、アルコール綿で5往復以上の消毒を行うことが有効かもしれない――。2月19日から20日まで京都市で開催された第31回日本環境感染学会総会・学術集会で、前橋赤十字病院(前橋市朝日町)看護部看護主任・感染管理認定看護師の町田浩美氏が報告した。

(満武里奈=日経メディカル)

 

前橋赤十字病院の町田浩美氏

発表する前橋赤十字病院の町田浩美氏。 

 

血管カテーテルに由来する血流感染を防ぐためには、接続部の消毒が欠かせない。だが、接続部を何回消毒すれば感染を防げるのかを検討した報告は少ない。

 

町田氏らの施設では、入院患者が敗血症性ショックを起こし、末梢静脈カテーテル関連血流感染が疑われたのを機に消毒法の見直しを実施。町田氏は、三方活栓を何回消毒すれば、無菌状態を得られるかを検討した。

 

対象とした菌種は、大腸菌、黄色ブドウ球菌、緑膿菌、セレウス菌――の4種類。これらの菌を用いてマックファーランド0.5菌液を調製。綿棒を用い、1菌種あたり5個の未使用滅菌済み閉鎖式三方活栓の接続表面に菌液を塗布。自然乾燥させた。

 

消毒回数としては0回(コントロール群)、1方向、2往復、5往復、10往復――を設定。個別包装のアルコール綿を用いて消毒を行った後、三方活栓接続表面を培地に押し付け、培地全体に塗り広げた上で、24時間培養した。菌の培養が確認された場合は、塗布した菌と同一であるかを確認した。同様の操作を3回繰り返した。

 

大腸菌、緑膿菌は1方向以上の消毒で、無菌状態を得ることができた。3回とも同様の結果だった。一方、黄色ブドウ球菌の場合は、2往復の消毒だと3回中1回で菌が発育。5往復以上の消毒を行うことで全例で菌の発育を抑制できた。セレウス菌は、1方向または2往復では全例で菌が認められたが、5往復または10往復の消毒を行うことで、菌が検出される頻度が3回中1回まで減少した。

 

 

これらの結果から町田氏は、「セレウス菌を除き、三方活栓を有効に消毒するには2往復では不十分で5往復消毒すれば有効である可能性が示された」とまとめた。

 

町田氏の施設では今回の結果を踏まえ、三方活栓の消毒方法を指導する際には5往復を1つの目安に指導を行っているという。「消毒する際の力の強さについては個人差があり、消毒回数はあくまで目安でしかない。消毒操作時の力の強さについては今後検討したい」と町田氏は話している。

 

<掲載元>

日経メディカルAナーシング

Aナーシングは、医学メディアとして40年の歴史を持つ「日経メディカル」がプロデュースする看護師向け情報サイト。会員登録(無料)すると、臨床からキャリアまで、多くのニュースやコラムをご覧いただけます。Aナーシングサイトはこちら

この連載

  • 日看協の研修で39人の「特定看護師」誕生|看護師特定行為研修 [03/14up]

    【日経メディカルAナーシング Pick up!】   3月7日、日本看護協会で2015年度「特定行為研修」の閉講式が行われ、研修を修了した39人が修了証を手にした(写真)。修了生は今後、それぞれの勤務先で医師の指示の下、... [ 記事を読む ]

  • 抗癌剤による嘔吐はほぼ制御可能に|残る課題は主観的な症状である悪心への対処 [03/07up]

    【日経メディカルAナーシングPick up!】   抗癌剤治療中の患者が洗面台に向かって嘔吐する――こんな光景は制吐療法の進歩で過去のものとなった。残るは主観的な部分が大きい悪心への対処。患者の訴えをいかに評価できるかが... [ 記事を読む ]

  • 三方活栓を何回消毒すればカテ感染を防げる?|第31回日本環境感染学会総会・学術集会より [02/29up]

    【日経メディカルAナーシング Pick up!】   閉鎖式三方活栓を無菌状態にするには、アルコール綿で5往復以上の消毒を行うことが有効かもしれない――。2月19日から20日まで京都市で開催された第31回日本環境感染学会...

  • なぜ取り違え事故は繰り返されるのか|千葉県がんセンター事故の背景 [02/22up]

    【日経メディカルAナーシング Pick up!】   2015年に発表された腹腔鏡下手術事故の検証結果を踏まえ、院内の改革に取り組んできた千葉県がんセンターで、また医療事故が発生した。今度は病理検体の取り違え事故で、必要... [ 記事を読む ]

  • 看護師がエコーを使いこなす時代がやって来る [02/15up]

    【日経メディカルAナーシング Pickup!】 昨年、日経メディカルでは、「目からウロコのエコー活用術」という特集企画を組んだ。超音波診断装置(エコー)の軽量・小型化が進み、携帯型エコーを聴診器のように持ち歩く医師が増えている... [ 記事を読む ]

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(2)

2匿名2016年06月11日 09時09分

あくまで実験上の話。何回拭けばいいという問題ではない。三活自体が細菌の入口だと意識しているナースがどれだけいるやら。暇な学者がこれを実績だと自慢する為のもの。

1匿名2016年03月01日 17時49分

1回しか消毒してなかった

いちおし記事

点滴の留置針交換でモヤモヤ|看護師かげと白石の今週のモヤッと(8)

タイミングの違いに関する3年目ナースのお悩み。あなたの職場ではどんなルールがある? [ 記事を読む ]

認知症の患者さん「攻撃性がある」と感じたら?

事例をもとに対応のポイントを解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1367
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1266
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1114
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
1089
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
954
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
771
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者7127

◆呼吸器の問題◆緊張性気胸には表れにくい身体所見はどれでしょうか?

  • 1.気管偏位
  • 2.奇異呼吸
  • 3.頸静脈怒張
  • 4.皮下気腫
今日のクイズに挑戦!